9月の株主優待はガチ勝負!金券から特産品まで勢揃いのビックイベント

株主優待と言えば、3月と9月の年2回です。
決算(半期決算)が集中するので、株主優待が選び放題となります。

9月がどれくらい多いかと言えば、4月~8月の5ヶ月間の優待合計数が約300銘柄に対して、9月は単月だけで400銘柄を超えます。

各月の大まかな優待数(2018年)
4月 25 7月 30 10月 25 1月 30
5月 35 8月 100 11月 35 2月 140
6月 110 9月 410 12月 170 3月 800

9月は圧倒的に選択肢が多いので、全力勝負で確定です。

とにかく金券、特産品、優待品・・・何でも揃う月ですので誰が参加しても希望の優待が見つかる月だと思います。

ちなみに、私の9月優待の目標は【20銘柄】です。

ほぼ全てを、値動きリスクが無い“優待クロス取引”で獲得を目指すので、大きな資金が必要になります。

資金を優待取りに集中するので他の投資に影響が出る可能性がありますが、9月は無理する価値が充分にあると考えています。

優待取り(一般信用・クロス取引)の良いところは、手数料だけで確実に優待が貰える点ですね。

大儲けができる投資ではありませんが、正しい手順で行えば堅く益が出るのが魅力です。

ほとんど損するリスクが無いのですから、そこにガツンと資金を投じるのは当然ですね!

補足:9月の優待は取りやすい?

優待取りのクロス取引は堅く利益がとれる手法ということもあり、最近は参加者が増えてきました。

この方法では、一般信用売り銘柄(数量限定)を利用するのですが、多くの投資家が希望する為に人気銘柄はすぐに在庫切れになるのが最近の状況。

ただし、個人的な経験から言うと9月は他の月よりも確保しやすいと予想。

3月も同様だったのですが、やはり銘柄数が多い月は投資家の狙いも分散するので、比較的スムーズに優待取りができる傾向にあります。

一般信用売り在庫が無い場合は制度信用を使えば可能ですが、この方法はリスクがあるので最終手段ですね。

優待取りの経験が浅い人は、一般信用売りの在庫が無い銘柄は諦める方が無難だと思います。(在庫がある銘柄だけに集中)

ちなみに、私は制度信用で優待取りをする時は手数料が安いライブスター証券を利用しています。

この証券会社は当サイトで2000円が貰える限定タイアップキャンペーンを実施しており、口座開設後の2ヶ月間は手数料が0円になるので、興味がある人は利用してみてください。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

kaoruが注目する9月の株主優待は?

9月は400銘柄以上もあるので迷ってしまいますね。

一般的に人気が集中するのは、クオカードなどの金券や食事券です。
ただし、優待クロス取引では激戦になることが予想されます。

今回はちょっと穴場的な優待をピックアップしてみたいと思います。

●ティア(コード2485)

名古屋を中心に葬祭業を行っている会社です。
100株の保有で『お米3キロ』が貰えます。

株価は1000円前後ですので、資金的にもハードルが低めです。
優待取りの場合は15万程度を準備しておくと良いでしょう。

●デリカフーズ(コード3392)

野菜の専門商社です。
100株の保有で『こだわり野菜の詰め合わせ』もしくは『ジェフグルメカード1500円分』との選択。

『野菜の詰め合わせ』はお米や果物も入っている事もありお得です。
株価は1500円前後ですので、20万程度の資金が必要ですね。

●魚力(コード7596)

駅ビルや百貨店にあるお魚屋さんとして有名。
100株の保有で『海産物2000円分』が貰えます。

3年以上の継続保有者は『3000円分』にグレードアップ。
株価は1500円前後ですので、20万程度の資金が必要ですね。

●JFLAホールディングス(コード3069)

『とり鉄』や『牛角』などの外食店を運営している会社です。
5000の保有で『優待カタログ(3000円分)』から好きなものを選択。

カタログは、お店の利用券、ソーセージセット、餃子セットなど多数。
株価は500円前後ですが、500株からが対象ですので30万程度の資金が必要。

記事を書いていて気が付きましたが、選んでいる優待が『普段の買い物商品』ばかりになってました(米、魚、野菜、肉・・)。アチャー(ノo`;)

選択肢が多い月ですので、証券会社などの優待検索などを利用した方が、良い商品に巡り合えるかもしれません?

証券会社の検索機能を利用しよう!

9月に関しては銘柄数が多いので、全てに目を通すと1日でも足りません。
事前にチェックしておくと、更に良い銘柄に出会える可能性があります。

銘柄の選定に関しては言うと、SBI証券とカブドットコム証券の2社は優待検索が見やすいのでオススメ。

上記以外で個人的に気になった銘柄は、以下にまとめています。興味がある人は覗いてみてください。

【9月銘柄の権利日・詳細】
9月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

優待クロス取引の比較 現在のNO.1証券は?

株主優待をガッチリと取ろうと思えば、優待クロス取引の活用が必須です。

※優待クロス取引は、株価の値動きを気にせずに優待だけが貰える裏ワザです。

カブドットコム証券の優待専用ページに、クロス取引の方法が詳しく書いてあるので興味ある人は覗いてみてください。(注目優待の紹介もあります)

カブドットコム証券の優待ページを見てみる

注意:口座開設はコチラから申込めば1000円プレゼントのキャンペー対象。
(優待専用ページからだと対象外)

さて、優待のクロス取引については、一般信用売りの取扱い数が多い証券会社ほど有利になります。2018年8月25日時点で人気のネット4証券の取扱い数は以下の通りです。

証券会社名 カブコム証券 松井証券 SBI証券 楽天証券
取扱い数 約2200銘柄 約900銘柄 約650銘柄 約700銘柄

1位のカブドットコム証券の強さは圧倒的ですね。

以前に調査会社と協力して各証券の利用者調査をしたのですが、株主優待に関する意見はカブドットコム証券の独壇場といった感じでした。

やはり‘株主優待で得したい’と考えた場合は、カブドットコム証券をメインにするのが王道だと思います。

優待のカブドットコム証券 タイアップキャンペーン実施中!

カブドットコム証券のご好意により、kaoruのサイトで口座開設者をした人を対象に1000円をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

口座開設をして、キャンペーン期間中に投資信託を5万円以上購入した方全員がプレゼントの対象となります。

投資信託は私が購入している低コストのeMAXIS Slimシリーズは勿論ですが、外貨建てMMFも対象となっているので条件ハードルは非常に低くなっています。

もしも、カブドットコム証券の口座開設を検討している人がいれば、この機会を利用してみてください。

関連:カブドットコム証券はガチ使える! 知らないと損する3つのメリット

キャンペーンはこのページから申込んだ場合が対象ですので、興味がある人は以下のバナーをご利用ください。

↓コチラからどうぞ↓

注意:キャンペーンは期間限定です。予告なしで終了となる事があるので早めにご利用ください。