3月の株主優待は驚愕の800銘柄!チャンス拡大のビッグニュースもあるぞ。


ついに、株主優待の大祭典がやってきました。
3月は株主優待の銘柄数は約800!完全な別格月です。

800という数字が優待の中でどれくらい凄いかは、以下の表を確認してもらえば分かると思います。

各月の大まかな優待数(2019年)
1月 30 4月 25 7月 30 10月 30
2月 140 5月 35 8月 100 11月 35
3月 800 6月 105 9月 420 12月 170

1年のうち約半分の月は50未満ですから、800という数字は別次元ですね!
ちょっと乱暴に言えば、優待取りは3月だけ参加すればOKかもしれまえん?

ちなみに、私は3月の目標は20銘柄と設定しました。

これくらいの獲得を目指すと、一時的とはいえ大きな資金が必要になります。

私は債券を毎月購入しているのですが、3月だけはお休み!
理由は言うまでもなく『優待取り』があるためです。

株主優待のクロス取引(手数料だけで優待を貰う裏ワザ)は、利益こそ小さいのですが損するリスクがほぼありません。※一般信用を利用の場合

資産が増えていく人は、普段は凄く慎重なのですが“リスクが小さい時は大きく仕掛ける”という傾向があります。

私もそれを見習って、3月の株主優待は全力で臨む予定です!

株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》
(私が優待取りで行う鉄板手法)

【ビッグニュース】SMBC日興証券が一般信用売建サービスを開始

株主優待取りは一般信用売建が必要!現状としては取扱い銘柄数でカブドットコム証券が他社を圧倒てしています。

この絶対ランキングが変動する可能性があるビッグニュースが飛び込んできました。

SMBC日興証券が2019年3月18日(月)より、 ダイレクトコース(ネット口座)で一般信用取引売りを開始!取扱い銘柄数は約2000銘柄の予定
※プレスリリースで正式発表されました。

日程をみると3月の優待取りに間に合います!しかも業界最多水準の取扱い数。

しかも、信用取引の売買手数料は無料という圧倒的な好条件です。

これは、3月の優待祭りで本命証券になるかも?

優待取りを考えている人は、早めに口座開設をして準備しておくと良いと思います(獲得数が大幅に増やせる可能性が高い)。

SMBC日興証券の公式ページを見てみる
(日興証券は信用取引が手数料無料で業界最安値)

日興証券は先日、株式の買い手数料が無料になるサービス(フロッギー)を発表して話題になりましたが、またまた凄いニュースを発表してきました。

SMBC日興証券のネット取引(ダイレクトコース)の改革は目を見張るものがあります!大手証券が本気になるとやはり凄いですね。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

kaoruが注目する3月の株主優待は?

毎月、注目の銘柄を書いていますが・・800銘柄もあると選出が不可能。
各社とも、優待を競い合うような状態で目移りするばかりです。

クオカードのような金券から優待券、地方特産品・・とにかく凄い数があります。
人気が高い銘柄を一部だけですが、リストアップしておきます。

オリエンタルランド(コード4661)

ディズニーランドでお馴染みですから、説明は不要ですね。
3月は「1デーパスポート」が100株保有で貰えます。

9月も優待があるのですが400株以上でハードルが高いので優待狙いなら3月ですね。
ただし、株単価が高いので100万以上の資金が必要・・

私は食事券や特産品が好きなので、こちらは残念ながらスルーですね。

日本航空・JAL(コード9201)

3月は100株で「国内線の50%割引」が1枚貰えます。
9月の優待だと200株が必要なのでこれも3月の方が有利!

資金的は50万くらいが必要ですが、人気が高いですね。

この株主優待割引は、ゴールデンウィークやお盆でもお得に利用できるので、旅行好きにはたまりません。

チムニー(コード3178)

居酒屋「はなの舞」「さかなや道場」などを展開しています。こちらは100株で5000円相当の優待食事券が貰えます。

近くにお店が無い人は、オリジナル商品セットと交換が可能!
実はこれが『野菜セット』や『干物セット』があってオススメです。

資金的には30万程度が必要ですね。

日本商業開発(コード3252)

不動産のデベロッパー。
こちらは300株で3000円分のジェフグルメカードが貰えます。

優待内容が良いので激戦になるかと思いきや?けっこう穴場になります。
300株というのが敬遠される理由かもしれませんね。

資金的には300株だと50万程度が必要です。

優待数が多いので、早めに調べておこう!

3月に関してはとにかく優待が多いので、探すだけでも時間がかかります。
早めに銘柄だけは、絞っておくと良いでしょう。

銘柄の選定に関しては言うと、SBI証券とカブドットコム証券の2社は優待検索が見やすいのでオススメ。

上記以外で個人的に気になった銘柄は、以下にまとめています。興味がある人は覗いてみてください。

【3月銘柄の権利日・詳細】
⇒ 3月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

優待クロス取引の比較 現在のNO.1証券は?

私の場合は基本的に全て短期のクロス取引で獲得しています。
やっぱり、日本株の長期保有に関してはチョット自信が持てません・・

株主優待をガッチリと取ろうと思えば、優待クロス取引の活用が必須です。

※優待クロス取引は、株価の値動きを気にせずに優待だけが貰える裏ワザです。

カブドットコム証券の優待専用ページに、クロス取引の方法が詳しく書いてあるので興味ある人は覗いてみてください。(注目優待の紹介もあります)

カブドットコム証券の優待ページを見てみる

注意:口座開設はコチラから申込めば1000円プレゼントのキャンペー対象。
(優待専用ページからだと対象外)

さて、優待のクロス取引については、一般信用売りの取扱い数が多い証券会社ほど有利になります。2019年2月22日時点で人気のネット4証券の取扱い数は以下の通りです。

証券会社名 カブコム証券 松井証券 SBI証券 楽天証券
取扱い数 約2200銘柄 約900銘柄 約700銘柄 約900銘柄

1位のカブドットコム証券の強さは圧倒的ですね。

ただ、3月からはSMBC日興証券が同水準で参入してきます。コストも考えると日興さんの方が有利かもしれません?

SMBC日興証券の公式ページを見てみる
(日興証券は信用取引が手数料無料で業界最安値)

今後の優待取りに関してはカブドットコム証券とSMBC日興証券の2社を中心に実施していく予定。

三菱のカブコムと大手証券の日興は、株調達の優位性で他証券より一歩先を行っている印象。こういった力勝負になるとやはり大手ですね!

優待のカブドットコム証券 タイアップキャンペーン実施中!

カブドットコム証券のご好意により、kaoruのサイトで口座開設者をした人を対象に1000円をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

口座開設をして、キャンペーン期間中に投資信託を5万円以上購入した方全員がプレゼントの対象となります。

投資信託は私が購入している低コストのeMAXIS Slimシリーズは勿論ですが、外貨建てMMFも対象となっているので条件ハードルは非常に低くなっています。

もしも、カブドットコム証券の口座開設を検討している人がいれば、この機会を利用してみてください。

関連:カブドットコム証券はガチ使える! 知らないと損する3つのメリット

キャンペーンはこのページから申込んだ場合が対象ですので、興味がある人は以下のバナーをご利用ください。

↓コチラからどうぞ↓

注意:キャンペーンは期間限定です。予告なしで終了となる事があるので早めにご利用ください。