2019年4月の株主優待をチェック!穴場月となる可能性あり?

3月は株主優待の祭典!銘柄数が約800という凄い月でした。

たくさん獲得できた人、狙った銘柄がうまく獲得できなかった人・・様々だと思います。
優待ファンの皆様、お疲れ様でした。

さて、4月の優待は30銘柄弱(3月15日現在)で先月から大幅減少となります。
1年間の中でも優待に対する関心度が低い月です。

各月の大まかな優待数(2019年)
1月 30 4月 30 7月 30 10月 30
2月 140 5月 35 8月 100 11月 35
3月 800 6月 105 9月 420 12月 170

優待祭りで頑張ったので休み決定・・・と言いたいところですが、こういった月にこそチャンスが転がっている可能性があります。

3月と比較すると話題性に乏しく参加者は大幅に減少すると予想?
更に今年は10連休が控えているので、例年以上に閑散となる可能性があります。

投資の格言で「人の行く 裏に道あり 花の山」という言葉があります。

これは「人と同じ手法で行っている限り利益は得にくい。人と違う行動を素早くとることが大事」という意味です。

株主優待も同じかもしれません?
こういった時に優待を調べると隠れた魅力銘柄が見つかることは多々あります。

4月に関しては優待が少ないのでお休みでもいいと思いますが、穴場となる可能性がある点は頭に入れておくと良いでしょう。

4月は優待クロス取引が基本?連休前なのでホールドは注意!

今回は4月末~5月初の10連休があるのでホールドする人は慎重に検討してください。

連休中にNYダウが暴落したり海外で大きな事件があった場合は、休み明けの日経平均株価は悲惨な状況になる可能性もあります?

私の基本戦略は手数料だけで優待が獲得できるクロス取引。
つまり、短期で実施して来月には持ち越さない方法です。

株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》
(私の優待取りのメイン手法です)

また、クロス取引に関しては3月にSMBC日興証券マネックス証券が加わったので選択肢が以前よりも増えています。

この2社に関しては、現段階なら口座を持っていない優待ファンも多いと思うので、チャンスかもしれません?

特にSMBC日興証券はクロス取引で必須の一般信用取引が手数料0円で銘柄数もトップ水準なので注目です。

今、もっとも勢いに乗っている証券会社だと思います。


耳より情報!投資のヒント

kaoruが注目する4月の株主優待は?

4月は優待数は少ないのですが、質が高い銘柄が揃っています。
私が注目している銘柄をピックアップしましたで参考にしてみてください。

●東和フードサービス(コード3329)

「椿屋珈琲店」や「スパゲティ食堂ドナ」といった外食店を展開しています。
4月は100株保有で1500円相当の優待食事券が貰えます。

実は10月も優待権利月なのですが、そちらだと1000円相当にダウン。
狙うならば4月ですね!

私は都内で仕事をするときに「椿屋珈琲店」を打ち合わせで利用することが多いので注目しています。

関連コーヒー1杯980円!『椿屋珈琲店 有楽町茶寮』で得する裏技とは?

100株だと20万くらいの資金が必要です。

●テンポスホールディングス(コード2751)

中古厨房機器のリサイクル販売の分野では独壇場の会社。外食産業も展開していて「ステーキのあさくま」などで利用できる食事券が100株で8000円分が貰えます。

以前は優待取りを必ず行っていましたが、引っ越しで「ステーキのあさくま」が近所になくなり中断していました。

しかし、内容を確認すると利用できる飲食店がたくさんあることが判明!注目度が高い優待です。
利用可能な店舗を調べる

100株だと25万くらいの資金が必要です。

●番外編:ヤーマン(コード6630)

美顔器や健康機器などを手掛ける会社です。
今年から優待が大幅改悪になり、利回りが大幅低下になりました

100株以上 100株以上(2年保有)
変更前 13000円相当の商品 13000円相当の商品
変更後 5000円相当(カタログ選択) 10000円相当(カタログ)

『以前は100株で利回り10%だったのに、4%程度に暴落』
゚o。o゚マヂデスカ゚o。o゚Σ(゚∀゚ノ)ノ

ただし、冷静にみると4%でも凄い利回りです。

さらに今までは優待商品が限定されていましたが、今後はカタログ(自社製品)から選択できるようになりました。

優待改悪で株価が大幅下落しましたが、業績は堅調ですので狙い目になるかも?

100株だと12~13万円程度の資金が必要です。

証券会社の検索機能を利用しよう!

4月に関しては銘柄数が少ないので、全てに目を通しても30分もかからないと思います。事前にチェックしておくことをオススメします。

ちなみに銘柄の選定に関しては、SBI証券とカブドットコム証券の2社は優待検索が見やすいので注目。

上記以外で個人的に気になった銘柄は、以下にまとめています。興味がある人は覗いてみてください。

【4月銘柄の権利日・詳細】
4月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

優待クロス取引の比較 現在のNO.1証券は?

損失リスクを避けて株主優待を取ろうと思えば、優待クロス取引の活用が必須です。

※優待クロス取引は、株価の値動きを気にせずに優待だけが貰える裏ワザです。

カブドットコム証券の優待専用ページに、クロス取引の方法が詳しく書いてあるので興味ある人は覗いてみてください。(注目優待の紹介もあります)

カブドットコム証券の優待ページを見てみる

さて、優待のクロス取引については、一般信用売りの取扱い数が多い証券会社ほど有利になります。2019年8月18日時点で人気のネット6証券の取扱い数は以下の通りです。

SMBC日興証券 カブドットコム証券 楽天証券
約2050銘柄 約2300銘柄 約1250銘柄
松井証券 SBI証券 マネックス証券
約900銘柄 約800銘柄 約350銘柄

カブドットコム証券のSMBC日興証券の強いですね

私自身も優待取りに関してはSMBC日興証券カブドットコム証券の2社を中心に実施していく予定。

大手証券の日興と三菱系のカブコムは、株調達の優位性で他証券より一歩先を行っている印象。一般信用売りの品揃えみたいな力勝負では大手が強いですね!

優待のカブドットコム証券 タイアップキャンペーン実施中!

カブドットコム証券のご好意により、kaoruのサイトで口座開設者をした人を対象に4000円をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

口座開設をして、キャンペーン期間中に投資信託を10万円以上購入した方全員がプレゼントの対象となります。

参考カブドットコム証券で投資信託を買うなら何がいい?

積立投資は100円からできますし、手数料無料のフリーETFは大人気!

もしも、カブドットコム証券の口座開設を検討している人がいれば、この機会を利用してみてください。

関連:カブドットコム証券はガチ使える! 知らないと損する3つのメリット

キャンペーンはこのページから申込んだ場合が対象ですので、興味がある人は以下のバナーをご利用ください。

↓コチラからどうぞ↓

注意:キャンペーンは期間限定です。予告なしで終了となる事があるので早めにご利用ください。