5月の株主優待は金券割合が高い!株価急落の警戒は継続中です。

5月は4月に引き続き30銘柄程度しかない優待の閑散月です。
目玉企業も無いので、思い切ってスルーするのも有りだと思います。

各月の大まかな優待数(2021年)
1月 30 4月 30 7月 30 10月 30
2月 140 5月 30 8月 110 11月 40
3月 800 6月 110 9月 410 12月 180

やや魅力に欠ける月ですが、ちょっと面白い点があります。

実は5月の優待は金券系の割合が高く、QUOカードなどを扱う企業が約4割もあります。

QUOカードは大手コンビニチェーンなどでは支払いで使えるので、事実上の現金と考えていいですね?

5月は銘柄数こそ30強ですが、実用性が高い優待が多い

一方で、5月は株価変動の警戒すべき月でもあります?
その点は次に説明します。

5月の優待買いは慎重に?株価の急落には注意

5月は『セルインメイ(Sell in May)』という有名な格言があります。

●ザックリとした意味
米国市場やNYダウの株価が5月をピークに夏場に向かって停滞することが多いので、保有株は全て売却して9~10月くらいまでは休んだ方がいいよ

あくまでも格言で、過去データを見る限り近年は曖昧な雰囲気?

ただし、多くの投資家が頭の片隅に留めている言葉なので、『Sell in Mayだ・・』という心理が株価を引っ張ってしまう可能性があります。

下がりだすと売りが売りを呼ぶ可能性は否定できません。

また、株価は政策や経済の回復期待から持ち直してきましたが、ここから 実体経済の厳しさが表面化 してきます。

株価が再びストンと下がる可能性があるので、気を引き締めて臨みたいですね。

さて、私の基本戦略は、手数料だけで優待が獲得できるクロス取引。
株価変動が心配される5月などはピッタリですね!

関連株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》
(私の優待取りのメイン手法!株価の変動リスクが抑えられる)

人気優待はドルコスト平均法で獲得?不安定相場で注目

私は一部の人気優待に関しては、クロス取引での獲得が厳しいので通常買付で確保するようにしています。

その時に利用しているのがSMBC日興証券の【キンカブ】

投資信託のように金額で個別株を買付できます。
(例:イオン株を3000円分だけ購入)

さらに、100万円以下は買付手数料が無料。
積立もできるので、買付タイミングを考える必要もありません。

また、オリエンタルランドのように100万円以上の資金が必要な銘柄も、積立方式で買い進める時も利用価値が高いです。

優待銘柄を長期保有をする株式の買付に相性が良いので、こちらも選択肢の一つとしてオススメです。

関連 株主優待の新常識! 買付タイミングを悩まない『キンカブ』に注目せよ

公式 SMBC日興証券の公式ページはコチラ

5月の【QUOカード優待】を選抜してみた。

5月は優待数は少ないのですが、金券系が多い月です。
QUOカードが貰える銘柄を抜き出してみました。

※必要額は2021年4月23日を基準に算出
※継続保有を優待獲得の条件としてしている銘柄は除外
※2021年4月23日現在の優待(内容が変更する可能性あり)

銘柄(コード) 対象株数 必要額 QUOカード(対象月)
タマホーム(1419) 100株 248,100円 500円(5月・11月)
ラクトジャパン(3139) 100株 294,000円 1000円(5月)
大光(3160) 100株 70,900円 500円(5月・11月)
ニッケ(3201) 100株 102,800円 500円(5月・11月)
メディカルネット(3645) 100株 112,600円 500円(5月)
岡山製紙(3892) 100株 98,900円 500円(5月)
三機サービス(6044) 100株 106,500円 1000円(5月)
小津産業(7478) 100株 218,600円 1000円(5月)
ヤマシタヘルスケア(9265) 100株 219,900円 500円(5月)
オオバ(9765) 500株 413,500円 500円(5月・11月)

QUOカードは事実上の現金ですので非常に人気があります。
クロス取引だと競争率が高くて獲得が難しいかもしれません。

★補足:キャンドゥ(コード2698)

100円ショップのキャン★ドゥを全国に展開する会社です。

こちらは優待券ですが、店舗で利用できるので純金券と言って良いでしょう。

100株保有で2000円相当の優待券が貰えます。

20枚つづりで1枚が【100円+税】となっており、1枚から使用できるのが特徴。
利便性が良いので人気があります!

300株なら4000円相当(40枚)、500株なら6000円相当(60枚)など保有株が多いと優待が増えるのも良いですね。

証券会社の検索機能を利用しよう!

5月に関しては銘柄数が少ないので、全てに目を通しても30分もかからないと思います。事前にチェックしておくことをオススメします。

ちなみに銘柄の選定に関しては、SBI証券は優待検索が見やすいので注目。

上記以外で個人的に気になった銘柄は、以下にまとめています。興味がある人は覗いてみてください。

【5月銘柄の権利日・詳細】
5月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

優待クロス取引の比較 現在のNO.1証券は?

優待は非常に魅力的ですが、株価変動でそれ以上の損失を出しては意味がありません。この値動きリスクを避けて株主優待を取れることで人気なのが『優待クロス取引』です。

優待クロス取引は、株価の値動きを気にせずに優待だけが貰える裏ワザです。

クロス取引の方法については別ページで詳しく説明していますので、興味がある人は覗いてみてください。

株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

さて、優待のクロス取引については、一般信用売りの取扱い数が多い証券会社ほど有利になります。

2021年10月23日時点で人気のネット5証券の取扱い数は以下の通りです。

SMBC日興証券 auカブコム証券 楽天証券
約2100銘柄 約1700銘柄 約1700銘柄
松井証券 SBI証券
約1000銘柄 約200銘柄

auカブコム証券のSMBC日興証券の強いですね

私自身も優待取りに関してはSMBC日興証券auカブコム証券の2社を中心に実施していく予定。(この2社は優待の必須証券)

公式 SMBC日興証券

公式 auカブコム証券

大手証券の日興と三菱系のカブコムは、株調達の優位性で他証券より一歩先を行っている印象。

余談ですが、私は 日興証券の『キンカブ』がお気に入り です。
個別株やETFを投資信託みたいに金額買付(A株を1000円だけ買いたい)ができるのが魅力!

個別リートで積立買付ができる貴重な会社としても注目です。