9月の株主優待はガチ勝負!金券から特産品まで勢揃いのビックイベント

※優待記事は月末にアップしていますが、9月は有力月ですので早めのアップになります。

株主優待では、3月と9月は【お祭り月】と言われています。
決算(半期決算)が集中するので、株主優待が選び放題!

9月がどれくらい多いかと言えば、4月~8月の5ヶ月間の優待合計数が約300銘柄に対して、9月は単月だけで400銘柄を超えます。

各月の大まかな優待数(2021年)
1月 30 4月 30 7月 30 10月 30
2月 140 5月 30 8月 110 11月 40
3月 800 6月 110 9月 410 12月 180

9月は圧倒的に選択肢が多いので、全力勝負ですね!

とにかく金券、特産品、優待品・・・何でも揃う月ですので誰が参加しても希望の優待が見つかると思います。

ちなみに、私の9月優待の目標は【10銘柄】

ほぼ全てを、値動きリスクが無い“優待クロス取引”が中心なので、大きな資金が必要になります。

資金を優待取りに集中するので他の投資に影響が出る可能性もありますが、9月はそれだけの価値が充分にあると考えています。

関連 株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》
(私の優待取りのメイン手法です)

優待取り(一般信用・クロス取引)の良いところは、手数料だけで優待が貰える点ですね。

大儲けができる投資ではありませんが、正しい手順で行えば堅く利益が出るのが魅力です。

近年、この手法を利用する投資家は多いので、年々競争率が高まっています。
1ヶ月くらい前から仕掛けないと獲得が難しくなってきました。

ただし、9月のように銘柄が多いと適度に分散するので獲得しやすいと予想しています。

優待取りに興味がある人は、9月や3月といった銘柄数が多い時にチャレンジするのが良いでしょう。

<低リスク>少額を毎月積立して優待銘柄を獲得する方法

私のメイン手法である株主優待のクロス取引は、利用する人が増えてきました。

クロス取引での獲得が難しくなってきたので、平行して実施しているのが積立買付でジックリと優待を狙う方法です。

継続保有で優待内容がランクアップする企業も増えているので、長期ホールド銘柄ならばジックリ仕掛けるのも良いと思います。

長期保有の仕込みで注目なのが、SMBC日興証券の【キンカブ】。

これは「〇銘柄を毎月2万円づつ購入」といった感じで、個別銘柄でもドルコスト平均法ができる魅力的なサービス。

※【キンカブ】は、100万円以下は買付手数料が無料です。

コロナ禍の株式投資にも相性が良いですね。

関連 株主優待の新常識! 買付タイミングを悩まない『キンカブ』に注目せよ

公式 SMBC日興証券の公式ページはコチラ

kaoruが注目する9月の株主優待は?

9月は400銘柄以上もあるので迷ってしまいますね。

注意点としては、コロナ自粛でダメージを受けた企業が優待内容を改悪しているケースがある点。

例えば電化製品のヤマダHD(9831)は、昨年までは100株で年間3000円分の優待でしたが現在は年間1500円分に減少。
※優待が改悪しても約3%の利回りで根強い人気。

また、優待還元率が高いことで人気のワタミは、100株で4000円(500円×8枚)の食事券。
以前は3000円だったので見掛け上は昨年よりもアップとなっています

ただし、ランチタイムの使用は不可、使用は1回につき1枚といった制限が加わったので使い勝手は格段に悪くなりました。

最近は変更が多いので注意が必要です。
(購入前に必ずチェックです)

さて、一般的に人気が集中するのは、クオカードなどの金券や食事券です。
優待クロス取引では激戦になることが予想されますので早めの仕掛けが大切になります。

個人的に気になる銘柄を一部ですが紹介します。

●キャンディル(コード1446)

建設業者向けの内装補修サービスを展開する会社です。

200株保有で3000円のQUOカードが貰えます。
2000株、6000株で優待はアップしますが、効率性が良いのは200株です。

株数 優待内容
200株 クオカード3000円相当
2000株 クオカード4000円相当
6000株 クオカード5000円相当

コロナの影響で株価が低迷しているので金額のハードルも高くありません。
※8月13日終値:581円 200株:116,200円

QUOカードは事実上の現金ですので、使い勝手がいいのが魅力です。

●トリドールHD(コード3397)

セルフ式うどん「丸亀製麺」を運営しています。
全国で1000店舗もあるので使い勝手が良い優待ですね。

100株以上の保有で3000円相当の食事割引券が年2回(合計6000円)という内容になっています。

長期保有の場合は、200株だと1年以上の保有でランクアップするので注目です。

200株保有の比較(基本内容、1年継続)

保有期間 3月末 9月末 年間合計
基本(1年未満) 4,000円 4,000円 8,000円
1年以上継続 7,000円 7,000円 14,000円

100株ならば約20万円、200株ならば約40万円ぐらいの資金が必要です。
※2021年8月13日現在

★9月は選び放題
記事では長期継続でお得になる銘柄を紹介していますが、『日本航空(JAL)』、『日本ハム』、『モスフードサービス』、『三越伊勢丹HD』など有名企業がズラリと揃います。

選択肢が多い月ですので、証券会社などの優待検索などを利用した方が効率的に探せると思います。

銘柄の選定に関しては言うと、SBI証券の優待検索が見やすいのでオススメ。

上記以外で個人的に気になった銘柄は、以下にまとめています。興味がある人は覗いてみてください。

【9月銘柄の権利日・詳細】
9月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

優待クロス取引の比較 現在のNO.1証券は?

優待は非常に魅力的ですが、株価変動でそれ以上の損失を出しては意味がありません。この値動きリスクを避けて株主優待を取れることで人気なのが『優待クロス取引』です。

優待クロス取引は、株価の値動きを気にせずに優待だけが貰える裏ワザです。

クロス取引の方法については別ページで詳しく説明していますので、興味がある人は覗いてみてください。

株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

さて、優待のクロス取引については、一般信用売りの取扱い数が多い証券会社ほど有利になります。

2021年9月26日時点で人気のネット5証券の取扱い数は以下の通りです。

SMBC日興証券 auカブコム証券 楽天証券
約2100銘柄 約1700銘柄 約1600銘柄
松井証券 SBI証券
約1000銘柄 約00銘柄

auカブコム証券のSMBC日興証券の強いですね

私自身も優待取りに関してはSMBC日興証券auカブコム証券の2社を中心に実施していく予定。(この2社は優待の必須証券)

公式 SMBC日興証券

公式 auカブコム証券

大手証券の日興と三菱系のカブコムは、株調達の優位性で他証券より一歩先を行っている印象。

余談ですが、私は 日興証券の『キンカブ』がお気に入り です。
個別株やETFを投資信託みたいに金額買付(A株を1000円だけ買いたい)ができるのが魅力!

個別リートで積立買付ができる貴重な会社としても注目です。