「人生の3大支出」は、iDeCoとつみたてNISAでサクッと対応!

「人生の3大支出」って聞いた事があるでしょうか?
これは、子供の教育資金・住宅費・老後の生活費としてで掛かるお金の事です。

人生の節目で掛かる大きな出費ですね!

この出費に対する必要額として億単位の数字が必要という情報もありますが、気にしなくていいです(笑)

一般的には、教育費で1000万円、住宅費で4000万円、老後資金で2000万円ぐらいが平均的な数字です。

それでも約7000万円にもなるので、大きな金額であることは間違いありません。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

実際には、普通の生活をしていれば問題ない金額

3大支出に7000万が必要だと言えば、不安に駆られる人もいるかもしれません?

しかし、実際には普通に生活していれば問題ないので大丈夫です。金額こそ大きいのですが支出は分散ですので、予想以上に負担は軽くなります。

例えば、一番大きい住宅費の4000万ですが、一括で払うわけではありません。

マイホームを購入する時は、今までの賃貸費用や現在の収入を勘案してローンを組むのが普通ですから、毎月の支出が急激に増えるようなパターンは通常ではありえまえん。

教育資金も1000万と書きましたが、小学校から大学卒業までの費用です。

大学が高校までと比べて2倍以上の出費になるので、その時に向けてジックリ準備をすればいいだけ。

また、現在は大学生の半分以上が奨学金を利用していますので、足りない場合でも選択肢はあります。

つまり、事前準備と言っても住宅であれば頭金ですし、教育費であれば大学生になった時のプラス費用だけです。

ジュニアNISAよりもつみたてNISAの方がいいかも?

教育資金や住宅資金については事前準備が重要です。
毎月、預金などをシッカリと積立ていくのが理想!

現在は金利が低いので投資も選択肢になりますが、注意点もあります。それは、なるべくリスクが低い商品を選ぶ事です。

特に教育資金は使う時期が決まっているので、資金が目減りする可能性が高い商品は避けなくてはいけません。

海外の株式は上昇期待は大きいのですが、新興国のような不安定なところはオススメできません。「先進国」で「為替ヘッジあり」を選択するくらいの慎重さが必要です。

また、10年くらいの運用期間があるならば、株式と債券が半々になっているような商品はプラスになる可能性が高いので選択肢になってきます。

【関連】世界経済インデックスファンドの積立を実践中!即決した3つの魅力

教育資金を投資で運用する場合は「ジュニアNISA」という制度が有名ですが、私は敢えて「つみたてNISA」の方をすすめています。

「ジュニアNISA」は良い制度ですが子供が18歳になるまで原則として引出ができないデメリットがあります。

例えばですが、公立高校に行く予定だったけど私立高校に進路を変更する場合などには、その資金を引き出す事ができません。

その点で言うと「つみたてNISA」は途中解約が可能ですから、子供の進路に合わせた利用が可能です。

老後資金はiDeCoをフル活用すべし

老後資金については、繰り返し書いていますがiDeCoが最有力候補。
60歳までは引き出しができませんが、抜群の税制優遇で長期の資産運用には最適な制度です。

運用期間が20年以上ある人は、リスクが多少高い運用でも良いと考えています。ちなみに、私は株式75%で債券25%とくらいで運用しています。

【関連】なるほど!セゾン投信の株式と債券比率を75:25にする超簡単な方法

私自身はiDeCoは楽天証券iDeCoに加入していますが、本音ではマネックス証券iDeCoの方が内容に魅力を感じています。

マネックス証券iDeCoの中に「eMAXIS Slim」 という投資信託のシリーズがあるのですが、これは類似商品の中で常にコストが最安値水準になるような設計になっています。

【詳細】eMAXIS Slime(イーマクシス スリム)のメリットをFPが解説

先月も先進国株式で超低コストの投信がSBIアセットマネジメントから発売の発表があったのですが、数日後には「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」がそれ以下の水準にコストを引き下げました。

総合的に楽天証券やSBI証券のiDeCoは素晴らしいのですが、やはりマネックス証券に目を奪われてしまいますね。

【関連】マネックス証券のiDeCoが凄すぎ!他の金融機関を圧倒したその内容とは?

ハッキリと使い分けをする事が大切

今回は【「人生の3大支出」は、iDeCoとつみたてNISAでサクッと対応!】について書きました。

支出額の合計は大きいのですが、一時的に支出される金額は限られているので早めに準備をしていけば普段の生活が大きく変わるような心配はありません。

ただし、漠然と貯めてしまうと曖昧になるので、目的に合わせて分けておいた方が良いと思います。

(例 老後資金はiDeCo、教育資金はつみたてNISA、など)

「人生の3大支出」の資産については一部で危機感を煽るような話も見かけますが、実際には大した話ではありません。

周囲を見渡しても、マイホームを購入してお子さんを大学に行かせている人は多いと思います。

ただし、早めに準備をしていく方が、イザという時に慌てなくてすみます。少しづつで良いので行動していくことが大切です。

今回の記事で参考になる点があれば、利用してみてください。

注目!iDeCoの金融機関

運営管理手数料0円で品揃えに定評がある3証券

マネックス証券
公式サイトを見る
楽天証券
公式サイトを見る
SBI証券
公式サイトを見る
※投資信託の品揃えは金融機関で違いがあるので気になるところは一通り資料請求して、しっかりチェックしましょう。(勧誘等はありません)