高校卒業までの教育資金はいくら?大学は奨学金の利用も検討

教育資金についての記事要望が多いので、今回はその点について書いていこうと思います。

先ずは幼稚園から高校卒業の必要費用を確認して、その後に大学での費用や奨学金に関する注意点をまとめていきます。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

教育資金は何とかなる!

文部科学省「平成28年度 子供の学習費調査」で幼稚園から高校3年までの15年間の学習費総額(学校教育費、学校給食費、学校外活動費)が発表されています。※平成26年度平均額

●3歳~高校卒業までの15年間

公立 私立
幼稚園 68万 145万
小学校 193万 916万
中学校 143万 398万
高等学校 135万 311万
合計 540万 1770万

全て公立に通った場合と全てを私立で通った場合では3倍以上も金額の差がある状態です。

幼稚園~中学校は公立で高等学校だけ私立の場合は716万円【68193143311

上記の表を公立と私立の平均値ですから、組合せで概算値が出せますので利用してみてください。

塾代や習い事の負担が大きい

上記の合計金額を見ると、大きな負担に見えますが15年の合計です。凄く大雑把にいうと公立なら1年約40万、私立なら約100万。

ただし、この中には塾代等で年間に15万~30万くらいの金額が含まれています。

学習外活動費(塾代等)は削りたくない気持ちも分かりますが、無理をしすぎて次のステップ(大学進学など)に支障が出れば本末転倒です。

最近はPCやスマホで有名予備校や大手塾の先生の授業が聞ける状況にあるので、そういったものを活用するのも良いでしょう。

人気が高いのはスタディサプリですね。

リクルート運営しており、小学・中学・高校、そして大学受験に必要な5教科18科目・1万本以上の授業動画が月額980円で見放題。

利用してみて、満足できる状態であれば、教育費の合計は100万単位で減らせると思います。

また、こういった費用も捻出が難しい家庭の場合は、無料の学習教室などもありますので検討してみてください(例:NPO法人キッズドア)。

さらに、世帯収入が低くて高校に通う事も厳しいような場合は、「高校生等奨学給付金」なども選択肢になります。

大学は初年度の資金でトラブルが多い

大学は学部によって金額が大きく変わるのですが、私大文系なら授業料等で年間100万程度は必要になります。

これは前期・後期で半分づつ払うのが一般的ですが、入学初年度は注意してください。

それは、合格から1~2週間で入学金+前期分を払わなくてはいけない点です。お金は入学前に70万~80万の支出が必要になる事は頭に入れておきましょう。

入学後だと勘違いして、お金が用意できずに諦めた人もいますから厳重注意です。

ちなみに推薦入試なら、合格発表も11月くらいですし、AO入試なら更に早まる可能性があります。

大学で奨学金の利用を考えている人も多いと思いますが、それは入学後の話です。先にまとまった費用が発生する点を知らない人が多い現状があります。

奨学金の注意

現在は奨学金を利用して大学に通うのは普通になっていますが、卒業後にトラブルも多いです。

第二種奨学金(多くの人が利用可能)は、卒業後から返済していくのですが、3ヶ月以上の滞納でブラックリスト入りでカード等が作れなくなります。

また、9ヶ月滞納なら一括返済を求められるので、払えなければ破産という状況になってしまいます。

このようにならないように、厳しい時は必ず返済猶予などを先に申し出てください。

親が保証人になっていて、一括返還を求められてW破産になってしまうケースもあります。

ちなみに保証人に関しては人的保証ではなく機関保証もあります。

機関保証を選択した場合は、毎月の貸与額から若干金額が差し引かれてしまうのですが、保護者には波及しません。

経済状況が厳しい場合には、万一を考えて機関保証を選択した方が無難です。

専門学校も国の奨学金やローンの対象

専門学校については、奨学金が利用できないと思っている人がいるのですが、大学と同じで利用できます。

また、専門学校で2年以上の専門学校の終了者は専門士の称号が与えれるので大学への編入も可能。

注意したいのは、無認可校の場合は奨学金や編入といった制度は無い点です。

【豆知識】
代々木アニメーション学院などは無認可になりますが、東京アニメーター学院専門学校は認可校です。

認可を受けている専門学校はネットで検索すれば分かるので興味がある人は調べてみてください。(都道府県でカタログを無料配布している事も多い)

教育資金は人それぞれです

「高校卒業までの教育資金と大学資金の注意点」について書きました。

教育資金については記事に対する要望が多いのですが、個人で差が大きいので一般論が書けない点が悩ましいですね。

ただ、知っていれば悩まずに済むこともあるので、そういった事は今後も書いていければと考えています。