FPとして独立する為の最初の一歩は?資格や現状より先に考えるべきこと

今回は、FP(ファイナンシャル・プランナー)についてです。

ブログの読者にはFPにとして独立したいと考えている人も多いようなので、その人達に向けての記事になります。

仕事の情報が少ない分野なので、時々ですがFP関連の記事を書いていきたいと考えています。今回はその1回目です。


耳より情報!投資のヒント

FPで独立するにあたっての準備

「金融関係で仕事をしていないとFPになれませんか?」「どういった仕事につけばFPになれるでしょうか?」といった質問を多くいただきます。

私が独立に至った経緯は、チョット特殊なので経験談は語れません。ただし周囲の人たちを見る限り、異業種系からFPとして独立した人はとても多いです。

結論から言えば、何の仕事でも問題ありません。

重要なのは、どういった人を対象にしてFP業務をしたいか?という点です。

例えばですが、家計簿のつけ方をなどを中心に考えるならば、主婦経験は最大の武器。証券会社で20年働くよりも遥かに有利です。

FPで独立して収入を得たければ、現在の仕事内容よりも相談者の対象を明確にする方が大事。

このイメージが無い状況でFPになると、過去にどれだけ凄い経歴があっても成功は難しいと思います。

【関連】FPは金融関係以外からの独立も多い。未経験?経験は生活の中にある!

相談者のターゲットを絞り込んだ方が成功する

FPの知名度は数年前と比べて格段に上がっています。
しかし、実際にFPに相談するかと言えば、そういった人は少ないと思います。

この理由は簡単で、1つは「そんな事にお金を掛けたくない」という単純な損得勘定。もう一つは「FPに何を相談したらいいか分からない?」という問題です。

でも、ここに成功の大きなヒントがあります。

つまり、費用対効果がプラスで相談したい事と合致すれば、FPに活用する人もいるという話です。

そして、これは相談者のターゲットを絞る事で想像よりも簡単にクリアできます。

例えばですが、セミナーを参加する事をイメージした場合、「将来の資産運用」よりも「老後の資産運用」の方が分かりやすいですね。

当然ですが、後者の方が老後について関心を持っている人が来場してくれます。

さらに、「介護状態になっても安心の資産設計」にすると具体性がでます。

介護に関して不安がある人ならば、お金を出しても聞きたいという人が出てくる可能性がありますね?

失敗するケースは、相談者を増やしたくて「何でも屋」になってしまうパターンです。相談者の心理になれば、お金を払う以上は専門家に相談したいのが当然。

つまり、相談者のターゲットは絞り込んだ方が、関心を持つ人が増えるという事。

サラリーマンを対象とした場合も、「10年後にセミリタアする方法」なんて感じでターゲットを絞れば、リタイア希望者が殺到するかもしれません(笑)

セミナーを例にしましたが、これは個別相談でも同じです。顧客ターゲットを明確にして、その事をアピールしていくのが基本だと思います。

今回は「FPとして独立する為の最初の一歩は?資格や現状より先に考えるべきこと」について書きました。

記事の中でヒントになる点があれば参考にしてみてください。

補足:FPで独立するならAFP/2級FP技能士は取得しよう!

FPとして独立を目指すならば、資格は最低でもAFP・2級FP技能士は持っておくとよいでしょう。

資格がなくても業務はできますが、実際の話として信用度が全然違います。
(FPで独立している人の大半は資格保有者です。)

AFP・2級FP技能士に関しては暗記だけで大部分の点が取れると思うので、ヤル気がある人にとっては合格は比較的簡単です?

令和という新しい時代になりましたので、興味がある人はこの機会に積極的にチャレンジしてみてください。

ちなみに、『通信講座のフォーサイト』の専任講師は注目!
このFP講座を担当する伊藤 亮太 先生はFP業界でも成功者として有名です。

私自身は面識はありませんが、いろんな方面から“彼は優秀だ”という噂は耳にしています(富裕層に強いFPとして有名)

金融機関やFP有資格者を対象としたセミナーも数多く実施しているので、知識もシッカリしている点も魅力。

相談業務とセミナー、執筆の全てで実績がある実力派ですからFPを目指す人には良い刺激になると思います。

フォーサイト『FP通信講座』のページを見てみる
(フォーサイトは日本FP協会の認定教育機関です)


FP記事についは今後も継続的に書いていきます。
ちなみに、資産運用の相談や顧問契約の依頼についてはお断りさせていただいています。また、FP資格や業務についての質問なども回答できませんのでご了承ください。
★関連サイト:FP資格の活かし方!独立可能な有望ライセンス