FPは独立に向いているって本当?成功者から学ぶ5つのヒント

『FPで食べていくことは可能でしょうか?』
こんな質問を読者から多くいただきます。

食べていける人もいれば収入が無い人もいますので一概には言えません。

ただし、これはFPに限った話ではなく税理士や弁護士、あるいは飲食店やカフェを開業しても同じ話です。

個人的には『チャンスは大きい分野(稼げる仕事)』だと考えています。

また、独立開業に関する初期費用でいうとFPくらい低予算でチャレンジできるもは少ないと思います。

今回はFPで独立することの魅力と新規顧客を獲得する為の基礎について書いていきたいと思います。

※個人的な経験と知り合いの経験をもとに書いていますので考え方が偏っている可能性はあります。私とは全く違う考え方で成功しているFPも多いです。

【pickup】投資情報の集め方
投資の情報について『調べる方法が分からない・・』という相談が多いです。
私が実践する【短時間・簡単】の方法を、記事で紹介しています。
興味がある人は覗いてみてください。

投資情報はどうやって集めるの?私が実践するのは週20分の簡単術

独立には好条件!FPは開業時の資金が非常に小さい

私がFP業務が独立や副業に向いているなと感じるのは、開業資金が少なくて済むからです。

例えばカフェを開業するとなれば、店舗を借りなきゃいけませんし内装費もかかります。調理器具・店内の備品などザックリ1000万程度は必要かもしれません?

これで成功が約束されていれば問題ありませんが、実力勝負ですので失敗すれば大きな借金を抱える可能性もあります。

それに対してFPは、自宅の一部に机やパソコン、プリンター、名刺などを用意すればスタートできるので初期費用は信じられないほど安いです。

関連名刺でFP資格をどんどんアピールせよ!ただし、表記方法は注意

私自身もフリーになった当初は4000円程度の机と数万円の中古パソコンだけでしたので、資金面は生活の延長で賄えました。

これだけハードルが低いと週末の副業からスタートして見通しが立ってから独立ということも可能ですね。

FP業務に関しては集客で悩んでいる人が多いので、私の経験や成功しているFPが実践していることで独立時にヒントになりそうな点を書いていきます。

興味がある人は読んでみてください。

スポンサーリンク

①ホームページは妥協なし?超~重要ポイント

FPは初期費用がかからないと書きましたが、現在は一点だけお金をしっかりかけた方が良いと思う点があります。

それがFP事務所のホームページです。

★FP相談をする人の入り口は?
相談者の立場になって考えれば、 FPに関する情報を入手する方法はインターネット検索を利用するのが普通だと思います。

一度も会ったことが無いFPの能力なんて、相談者には分かるわけがありません。
※紹介の場合は事前に情報あり

つまり、ホームページを確認した時の印象だけで“相談する・しない”を判断される可能性が高いということです。

仮に私がゼロから開業するということであれば、ホームページ作成費用が20~30万円が必要だとしても迷わずプロに制作を依頼します。

仕事をする上では節約していい部分と使わなくてはいけない部分があり、相談者の窓口となるホームページはお金をかけるべき箇所だと考えています。

素晴らしい知識を持っているのに、相談者が安心するサイトを公開できていない為に仕事に恵まれない人をみると凄く勿体ないと思います。

スポンサーリンク

②相談者への費用は、目立つところに書くべし

相談費用に関しては初回無料とする人や“60分で1万円”などFPによって様々です。

時々ですが費用に関してホームページで遠慮がちに小さく書いたりする人もいるのですが、私はトップページにハッキリ明示したほうが良いと考えています

これは相談者の心理を考えると、その方が親切だからです。

★庶民の私は『時価』を見ると冷や汗(笑)
例えばですが、お寿司屋さんに入る時に『価格がはっきり提示されているお店』と『時価』とだけ表示されているお店ではどっちが入りやすいでしょうか?

私は小心者なんで『時価』と書いてあっただけで逃げだしてしまいます。
「いくらですか?」なんて質問も恥ずかしくできません。

FP相談も全く同じで、価格提示があった方が相談者は安心して連絡ができるのです。

また、相談料に関しても個人的には初回だからと言って無料にする必要性はないと思います。

・・・と言うのも最近の傾向として『タダほど怖いものはない』『無料で誘っておいて高い契約をさせられるのでしょう?』 と言った警戒心を持つ人が増えてきています。

むしろ、価格提示をしてもらった方が、気兼ねなく相談できる人が増えてきている気がします。

この点に関しては地域性やFPのビジネス方法もあるんので明言はできませんが、私は最初からお金をいただくようにしています。

③地の利を活かせ!FP相談は地域密着型が強い

FPに関して言うと人口が多い都心が必ずしも有利というわけではありません。むしろチャンスは地方かな?

相談者の行動としては、自分の住まいから近いFPを探す傾向が強いです。つまり、地元周辺にFP事務所がなければライバルがいないので有利?!

先ほど相談費用の提示をした方が良いと書きましたが、場所(対応できる地区も含む)に関してもハッキリ表示した方が良いでしょう。

相談者との会話にも地元の話を盛り込むと親近感を抱いてもらえてスムーズに進む事もあります。

また、無料セミナーを開催する時など、地元で開業している点を強調すると新しい顧客獲得に繋がる事もあります。

もしも近くに他のFP事務所がある場合は、アピール(得意)分野を被らないようにするもの方法です。

スポンサーリンク

④新規顧客を獲得する早道は既存顧客のフォロー

FP相談で成功している人のパターンでは、相談者から新しい顧客を紹介してもらっているケースが目立ちます。

既存顧客のフォローを徹底することは、新規顧客の獲得する上でも非常に重要。

相談が終了した後も関係を保つとリピートしてくれることもありますので、フォローはシッカリと行いましょう。

例えば数か月ごとにサービスの一つとして、お金に関する内容を書いたDMやメールを送ってみるのもいいと思います。

直近であれば消費税などの軽減税率の範囲をまとめたレポートを作成してみたりするのも面白いかもしれません?(家計に与える影響など)

商売を抜きにして役立つことを提供していくと、一部の人がリピーターとして再びに相談に訪れてくれるケースは思った以上に多いです。

あるいは過去に相談に来てくれた人達だけに対して、無料のセミナーを実施するなども面白いと思います。

こういった相談者だけにプラスになることを積み重ねていくと信用となり、新しい相談者を連れてきてくれるのです。

これは地域密着型のFPを目指す人には特に有効です。

スポンサーリンク

⑤国の政策や税制が変わった時はチャンスです!

新規顧客の獲得ができなくて悩んでいるFPが多いのですが、 相談者を短期間で急増させる方法は私には簡単には思いつきません。

ただし外部環境の変化を味方につければ、チャンスはあります。

例えば国の政策や税制が変わった時は、多くの人がそのことに関心を持つので大きなチャンスとなります。

FP業務で成功している人は、つみたてNISAやiDeCo、介護保険や相続税の改正などがあった時に新規顧客などをしっかりと獲得しています。

こういった変化があった時に『専門分野じゃないから・・』なんて消極的にならない事です。

テレビや新聞で話題になっていることについては、セミナーなども参加者が集まりやすくなります。

新しい得意分野を作るチャンスだと考えてチャレンジして欲しいと思います。

スポンサーリンク

FPへのニーズは大きい!成功は本人の努力次第

日本人の多くが老後の不安だったりお金に関する心配を抱えていることから、 FP業務というのは大きな可能性を秘めています。

ただし、確固たるビジネススタイルが確立できていないので、職業として成り立っている人をみても仕事の方法はバラバラです。

これが『FPでは食べていけない』と言われる理由の一つですね。

もっとも、私からすると潜在的な市場が大きいのに、業界としてビジネスが固まっていないのはチャンスだと思います。

関連ファイナンシャルプランナーで年収1千万は可能か?独立で成功する為の秘訣

しかも、最初に書いたように独立する時にも初期費用が小さいので失敗した場合の資金リスクがほとんどないのです。

現在では年収1千万円以上を収益を得ているFPも増えてきました。
また、 FP業だけで10年、20年としっかり生計を立てている人もいます。

『FP資格を持っているけど全く役に立たない』という声も聞きますが、正確には『FP資格を活かそうとしていない』ということだと思います。

基本的には資格というのは自分が主導で使うものであって、仕事を与えてもらうものではない点は頭に入れておいてください。

今回は『FPは独立に向いているって本当?成功者が実践している5つのヒント』ついて書きました。

参考になる点があればヒントにしてみてください。

補足:FPで独立するならAFP/2級FP技能士は取得しよう!

FPとして独立を目指すならば、資格は最低でもAFP・2級FP技能士は持っておくとよいでしょう。

資格がなくても業務はできますが、実際の話として信用度が全然違います。
(FPで独立している人の大半は資格保有者です。)

AFP・2級FP技能士に関しては暗記だけで大部分の点が取れると思うので、ヤル気がある人にとっては合格は比較的簡単です?

令和という新しい時代になりましたので、興味がある人はこの機会に積極的にチャレンジしてみてください。

ちなみに、『通信講座のフォーサイト』の専任講師は注目!
このFP講座を担当する伊藤 亮太 先生はFP業界でも成功者として有名です。

私自身は面識はありませんが、いろんな方面から“彼は優秀だ”という噂は耳にしています(富裕層に強いFPとして有名)

金融機関やFP有資格者を対象としたセミナーも数多く実施しているので、知識もシッカリしている点も魅力。

相談業務とセミナー、執筆の全てで実績がある実力派ですからFPを目指す人には良い刺激になると思います。

フォーサイト『FP通信講座』のページを見てみる
(フォーサイトは日本FP協会の認定教育機関です)


FP記事についは今後も継続的に書いていきます。
ちなみに、資産運用の相談や顧問契約の依頼についてはお断りさせていただいています。また、FP資格や業務についての質問なども回答できませんのでご了承ください。
★関連サイト:FP資格の活かし方!独立可能な有望ライセンス