返礼品の交換を来年に先延ばし!“ふるなび”の画期的なサービスに注目

【速報】VOO、VTなどが買付手数料が無料へ
マネックス証券が2020年1月より海外ETFの一部で買付手数料が実質無料へ!
VOO、VT、VTIなども対象となっており注目です。
【USA プログラム】VOOやVTなどの買付手数料が実質無料!

ふるさと納税の寄付(返礼品申込)は原則として年単位です。

余裕をもって申し込めば良いのですが、年末ギリギリになって慌ててというパターンが多いですね。

このパターンは私も経験していますが、バタバタで大混乱になります。

人気返礼品は品切れ・・、寄付金を限界まで強引に納税・・、テキトウに選んだ特産品が大量に届く・・・、こんなの頼んだっけ?・・

さて、私のようなズボラ人間にピッタリのサービスがあるので紹介します。

ふるさと納税サイトの“ふるなび”の新サービス 【ふるなびカタログ】 です。

このサービスでは『寄付だけしておいて、返礼品は来年以降に持ち越す』ということが可能!

簡単に言うと、寄付と返礼品の申込みを一緒に行う必要がありません。
自分の好きなタイミングで特産品の申込ができるという事ですね。

今回は、ふるなびの新サービス【ふるなびカタログ】について紹介します。

【pickup】投資情報の集め方
投資の情報について『調べる方法が分からない・・』という相談が多いです。
私が実践する【短時間・簡単】の方法を、記事で紹介しています。
興味がある人は覗いてみてください。

投資情報はどうやって集めるの?私が実践するのは週20分の簡単術

【ふるなびカタログ】はポイント制のふるさと納税!

『ふるなびカタログ』が一般的なふるさと納税と違う点は、寄付の対象がポイントとなっている事です。

例えば 【1万円を寄付したら、3000ptが発行される】 ような形式です。

そして、特産品等との交換は自分の好きなタイミングで行えるので、年末の申込などでも慌てる必要はありません。

また、ポイントについては有効期限がないので、積立ていくことも可能です。
※一部は期限あり

今年の15000ptと来年の15000ptを合わせて30000ptの特産品と交換するなんてこともできるんです。

従来のサービスよりも柔軟性があって良いですね。

さて、今後は「ふるなびカタログだけで行こう!」と言いたいところですが・・、やはりデメリットもありました。

この点を確認した上で利用をきめてください。

選択肢が少ない・・。ポイントが使えるのは寄付した自治体のみ!

最初にこのサービスを見た時に、『ポイントを貯めて、好きな自治体に自由に使えるのかな?』と期待したのですが・・違いました。

結論としては、ポイントが使えるの寄付した自治体のみです。

例えば、千葉県南房総市に1万円寄付して3000ポイントを貰うとします。
そのポイントを、佐賀県上峰町で利用するのはNGという事です。
(利用できるのは寄付先である南房総市のみ)

冷静に考えれば、当たり前の話ですね。

ふるさと納税は自治体が分かれているのですから、寄付し先と返礼品の先が別れていたらメチャクになってしまいます。

今年と来年のポイントを合算する場合も同じ自治体ということになります。

また、利用できるのは全自治体だと思ったら、現状では6自治体に限定されています。

2019年の10月後半から開始した新しいサービスなのでしょうがないですね。

「残念なサービスだなぁ・・」と思た人もいるかな?
でも、ちょっと待ってくださいね。

自治体をシッカリ見ると検討の価値が十分にあると思いました。

「ふるなびカタログ」に参加している自治体が魅力的でした。

ふるなびカタログに参加している自治体は以下の6つです。
基準日:2019年11月15日

自治体 品目数 ポイント範囲(pt)
青森県鰺ヶ沢町 102種類 3,000~105,000
岐阜県池田町 145種類 2,100~316,800
群馬県中之条町 8種類 3,000~1,00,000
三重県明和町 68種類 3,000~36,000
佐賀県上峰町 277種類 3,200~960,000
千葉県南房総市 75種類 3,000~48,000

★公式ページ:ふるなびカタログの参加自治体

ちないみに、ポイントは寄付金額の30%となっています。

目安金額を知りたい場合は、ポイントを0.3で割れば金額が分かります。
例:3000pt÷0.3=10,000円

さて、治体を見て最初に目に飛び込んでて来たのが「佐賀県上峰町」ですね。
ふるさと納税の自治体ではトップ10の常連です。

特にお肉ランキングでは、上峰町の佐賀牛はお馴染みですね。

次に「群馬県中之条町」。
こちらは返礼品の種類が8種類しかありませんが、実は「四万温泉」のホテルや旅館、街での買い物・飲食で使える“感謝券”が返礼品です。

現地へ行けば、いろいろな用途で使えるので旅行好きな人には最適です。
数年ポイントを積立して、旅行を満喫というのも面白そうです。

最後に「千葉県南房総市」ですね。
今年は台風15号で街全体が大きな被害を受けました。
復興を応援したいという人は、ふるさと納税を活用するのも良いと思います。

伊勢えびが有名ですが、クジラの肉といった面白い返礼品もあります。
完全復興には産業の復活が不可欠ですので、長期的に応援するのも良いでしょう。

今回はたまたま私が知っている自治体を紹介しましたが、青森ならリンゴ、岐阜なら飛騨牛、三重なら松坂牛とその土地ならではの美食が揃います。

「ふるなびカタログ」を利用することで、返礼品をユックリ決められる点や年単位でポイントを積立られる点は非常に魅力的ですね。

★公式ページ:ふるなびカタログ

【ふるなび】は電化製品の返礼品が揃う貴重なサイト

ここまで「ふるなびカタログ」について紹介しましたが、ふるなびの魅力はこれだけではありません。

他のふるさと納税サイトでは取扱いが少ない、 電化製品がメチャクチャ充実 していることで人気があります。

例えば、パソコン関連だけでも30以上の返礼品があります。
電化製品全般ならば約500種類という強烈な数になります。

ふるなび 電化製品は約500種類

もちろん、一般的な肉・魚・果物・お米なども充実しています。
直近のカテゴリー別ランキングを記載しておくので参考にしてみてください。

【ふるなび】カテゴリー別の人気NO.1
基準日:2019年12月10日時点の掲載品

分野 寄付金 内容・分野1位
果物 7,000円 蔵出し熟成みかん『極』
お肉 10,000円 佐賀産和牛切り落とし 1000g>
お米 10,000円 令和元年産 新米さがびより(5㎏x2袋)
お魚 10,000円 天然ほたて貝柱1.1kg 根室海鮮市場[直送]
野菜 6,000円 白石産泥付きれんこん(4kg)
また、ふるなびからクレジットカード払いで寄付するとamazonギフトが貰える点が好評です。

ちょっとでも得したいという人には嬉しいサービスですね。

今回は「返礼品の交換を来年に先延ばし!“ふるなび”の画期的なサービスに注目」について書きました。

ふるさと納税をする際のヒントになる点があれば、参考にしてみてください。