ふるさと納税の「ふるなび」が凄い!革新的な返礼品でファン急増中

ふるさと納税は、個人の節税対策として定着した印象がありますね。

寄付をするとお礼の品が貰えることに加えて、金額の2000円を超える部分は住民税などから控除されるのですから当然です(実質負担は2000円!)。

そして、人気が拡大し続ける理由は返礼品の進化。各自治体とも趣向を凝らした魅力的な新しいラインナップを提供し続けています。

この進化という点については、ふるさと納税のポータルサイトも同様。
独自サービスやサイト限定の返礼品を扱うことによる差別化が広がっています。

今回の記事で紹介するのは、圧倒的な個性でファンが急増しているふるさと納税サイト「ふるなび」です。

※ふるさと納税の控除額は、各自の収入等により上限があります。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

「ふるなび」のお得サービスと返礼品に注目せよ!

ふるさと納税サイト「ふるなび」が急速に伸びている理由としては、他社には付加価値サービスと返礼品の独自性です。

その中でも利用者から評判が良い3点をクローズアップして紹介していきます。

魅力① Amazonギフト券 コードをプレゼント

ふるさと納税は節税対策になりますが、「ふるなび」を経由して寄付すると更に嬉しい特典があります。

それが、ふるさと納税を行った方を対象にした、寄附金額に対し1%のAmazonギフト券 コードをプレゼントするサービスです。

他サイトでも“抽選”や“限定”では似たようなサービスがあるのですが、「ふるなび」は2017年11月からズーット継続しています。

プレゼント条件は、以下の条件を満たすだけでOK!

★Amazonギフト券 コードプレゼント 利用条件
1.ふるなび会員(登録無料)にご登録済みでログインされた状態で行われた寄附
2.ふるなび関連サービスのサイト上から行われた寄附
3.クレジットカード(Yahoo!公金支払いを含む)での決済による寄附

条件を見て分かると思いますが、普通の通りに申込めばいいだけです。

強いて言うなら「3のクレジットカード決済」かな?もっとも、クレカ支払いを望んでいる人の方が多いと思うのでメリットに近いイメージ。

ちなみに、「ふるなび」は返礼品の99.9%がクレジットカード払いに対応しています。(2万千以上:2018年6月27日現在)

Amazonギフト券を貰ってチョット得したい人や、カード払いでふるさと納税をしたい人にとっては有力な選択肢と言ってよいでしょう。

ふるさと納税サイト「ふるなび」の公式ページを見てみる

魅力② 電化製品の取扱いが多い貴重なサイト

ふるさと納税で取扱われる返礼品としては地域の特産品がメインとなっており、一般的には肉や魚、果物、お米などのイメージが強いですね。

「ふるなび」でも同様のお礼いの品は扱っていますが、他サイトと比較して目立つのは電化製品の取扱いが多い点。

電化製品だけで返礼品が500を超えておりボリューム感は圧倒的です(2018年6月27日現在)

ちなみに、過去1ヶ月程度を集計した電化製品の人気ランキングを記載しておきますので、参考にしてみてください。

【ふるなび】電化製品 人気ランキング
基準日:2018年6月27日時点の掲載品

順位 寄付金 返礼品
1位 500,000円 K000-7 VAIO S15(ブラック)【パソコン】
2位 20,000円 衣類用スチーマー IRS-01-KN
3位 150,000円 Dyson Supersonic 【ドライヤー】
4位 25,000円 象印 マイコンオーブントースター「こんがり倶楽部」
5位 45,000円 H-1 炊飯器

ふるさと納税で電化製品が欲しい人にとっては「ふるなび」は最有力候補になると思います。

一般的な返礼品のカテゴリー毎の人気商品も以下に記載しましたので興味がある人は覗いてみてください。

【ふるなび】カテゴリー別の人気NO.1
基準日:2018年6月27日時点の掲載品

分野 寄付金 内容・分野1位
果物 10,000円 [数量限定] 30年産ひまわりメロン予約 2~3玉
お肉 10,000円 佐賀県産黒毛和牛1100g【A4ランク】<100g増量!>
お米 10,000円 ななつぼし(精米) 15kg
お魚 10,000円 さけ醤油いくら
野菜 10,000円 上峰・九州の「採れたて野菜セット」 9~11品

魅力①で紹介したように、アマゾンギフト券 コードプレゼントのサービスがあるので、お得感がありますね。

ふるさと納税サイト「ふるなび」の公式ページを見てみる

魅力③ ふるなびグルメポイント 食事で利用できる新発想

ふるさと納税のお礼の品といえば食料品や商品が頭に浮かびますが、「ふるなび」は体験型という新しいタイプの返礼品を扱っています。

特に注目度が高いのが「ふるなびグルメポイント」です。

ふるさと納税で行った寄附金額に応じたグルメポイントが付与されます。
取得したグルメポイントは提携店舗でご利用いただけます。

例えばですが、地方の食材に関して言うと、地元だけでなく東京都内のレストランでも利用されているケースがあります。

「ふるなび」との提携レストランでは、ふるさと納税で貰った「グルメポイント」を食事代として利用する事が可能です(原則として1ポイント1円)。

※以下は高知県四万十町の食材を使った都内レストランの一例(変更あり)

一般的な返礼品である地域特産品などで欲しい物が無い場合は、グルメポイントと交換して食事代として利用するのも良いと思います。

地域の魅力的な食材を、レストランで味わえるのは面白いですね。
これも立派な地域応援だと思います。

ふるさと納税サイト「ふるなび」の公式ページを見てみる

最後にちょっとお得な情報!


(出典:Tサイト[Tポイント/Tカード])

今回は【ふるさと納税の「ふるなび」が凄い!革新的な返礼品でファン急増中】について紹介しました。

最後に“ふるなび」利用時の裏ワザ”をひとつ紹介しておきます。

ふるなびはクレジットカード払いに対応している返礼品がほとんどですので、Tポイントでも支払ができるケースが目立ちます。

(以下は、私がふるさと納税をTポイントだけで支払った時のものです。)

Tポイントで支払って税金の控除を受けられる!しかも返礼品が貰えちゃうのですから凄いですね。

最近はTポイントが貯まりやすいYahoo! JAPANカードをメインにして、ふるさと納税でポイント貯めたり、ポイントで支払う人が増えてきているそうです。

Yahoo! JAPANカードの詳しい説明を見てみる

Yahoo! JAPANカードの公式ページを確認する

また、Tポイントでの支払いは全額である必要はありませんので、一部をTポイントで残りをクレジットカードという事も可能です。

ふるさと納税サイトの競争も年々激しくなっていますが、オリジナル性という点では「ふるなび」は際立っています。

Amazonギフト券 コードプレゼントやクレジットカードが使える利便性も注目だと思います。選択肢の一つとして頭に入れておくと良いでしょう。

尚、ふるさと納税は年末ギリギリに行う人が多いのですが、人気返礼品が無くなってしまうケース目立ちます。

気になる返礼品は今の段階から確保して、年末は上限枠の余りだけを利用する方が良いと思います。

ふるさと納税サイト「ふるなび」の公式ページを見てみる

その他:ふるさと納税サイト

今回紹介したサイト以外にも、キャンペーンが凄い「さとふる」や掲載自治体数がトップ水準の「ふるさとチョイス」が人気です。

「さとふる」
ふるさと納税は「さとふる」 スピード配送と3つの魅力で利用者が急増!

「ふるさとチョイス」
ふるさと納税の選択肢10倍?“ふるさとチョイス”の利用をすすめる理由

全てのサイトに共通していえる事ですが、人気の返礼品は早い段階で品切れをする傾向があります。

気になる返礼品がある場合は先に寄付を行い、年末で残りの枠を使い切るのが上手な利用方法だと思います。