コツコツ節約はNG?家計支出は短期集中でドカンと減らそう。

使えるお金を増やすには大きく2つあります。

一つは収入を増やす方法。
お給料のUPや投資のリターンが当てはまります。効果は大きいのですが外的要因が大きいのが難点です。

もう一つは支出を減らす方法。
これは節約ですね。自分の意志で即実行できる事ですが、収入が増えるわけではないので限界もあります。

毎月のお給料が増えれば支出の削減は考える必要はありませんが、これが簡単では無いのも現実。

そこで、今回は節約の考え方について書いていきます。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

頑張る人ほど、節約は失敗する?

節約は簡単に開始できるので多くの人が家計改善の方法として取組んでいます。

例えば、外食でランチを食べる時も「630円と580円・・・う~ん、580円で我慢しよう」なんて事はよくある話。

日本人は節約に対して高い意識を持っている人が多い気がします。

ただし、節約で家計が改善する人もいれば、あまり変化が見られない人もいるのも事実。

この差は努力の違いというよりも、節約の方法が間違っている(気が付いていない)ケースがほとんどです。

むしろ、効果が出でいない人ほど頑張っている傾向もあるので、考え方をチョット変えれば大きな改善も期待できます。

ライフスタイルが変化しない節約が理想!

頑張っているのに効果が出ない場合は、生活スタイルを変化させる節約を実施しているパターンが目立ちます。

例えば、私が以前に相談を受けたパターンで「電気代の節約を考えて小まめに消す事を家族に提案したのに・・」といった話がありました。

奥様が家計の事を考えて一生懸命なのに、ご主人やお子様が協力してくれないという感じですね。

しかし、ご主人やお子様からすると、生活スタイルの変化を強要されるているのでヤル気がでないというのが本音です。

習慣を変えたり、強要する節約は長続きしないパターンが目立ちます。

例えば、単純に電気代を減らすという事が目的ならば、LED電球に変えるという選択肢もあります。

LED電球を利用すれば購入費用は掛かりますが、寿命の長さと電気代の安さを考えると長期的にはメリットが大きいと思います。

この方法ならば、ライフスタイルが変わらないので理想的です。
あるいは、電気代の基本部分である電気料金プランを見直すというのも方法ですね。

成功確率が高い節約とは、最初の一回だけ頑張る!その後はホッタラカシというのが大半です。

★ネット通販でもLED電球や蛍光灯は多数の品揃えがありますので、参考にしてみてください。

楽しみや息抜きを奪う節約はNG!

節約にはお小遣いを減らしたり外食の頻度を減らす方法もありますが、これは最終手段と考えた方が良いでしょう。

家計は改善されるかもしれませんが、楽しみを奪われることでストレスが増える可能性が高いからです。

無理な節約で一時的にお金が増えても、笑顔が減っていくのでは意味がありません。

節約は固定費の削減(保険の見直し、ローン借換え、通信費の見直し)が有効と言われるのは、楽しみや息抜きが奪われないからです。

ただし、固定費の見直しは最初の一回だけは頑張る必要があります。逆に言うと最初だけ頑張れば、あとはホッタラカシです。

1日のガンバリで、給料1ヶ月分の効果?

固定費の削減が節約に効果があるのは誰でも知っている話です。
最初の1回だけ頑張れば良いのですが、行動に移せる人は少数派!

1回だけというのは分かっていても、面倒で先延ばしにする人がほとんどです。

この重い腰を上げる方法としては、現在の支出を5年~10年くらい継続した金額を考えてみる事です。

例えば、スマートフォンに月額1万円の料金が掛かっているとすると、1年だと12万円、5年で60万、10年で120万・・・何だかヤバイとう実感が沸いてきませんか?

仮に月2000円削減すれば10年で24万も費用が浮きます。

料金プランの見直しなどは面倒ですが、1日頑張るだけで数十万円分の節約効果があると思えば頑張れる人もいるはずです。

保険の見直しは重要だが、やめる選択肢もあります

固定費の見直しという点で話題になる事が多いのは保険の見直しです。

これを実践することで、年間で10万単位を節約する事も可能ですからFPも積極的に薦める人が多いですね。

ただし、日本は健康保険や遺族年金・障害年金、雇用保険など公的制度が充実しています。

他の国から見れば『民間の保険って必要なの?』というくらい凄いレベルです。

つまり、保険を見直すという以前に『やめてしまう』という選択肢もあるわけです。

参考までに私は貯蓄で賄えるという理由から基本的に保険は入っていません。(自動車保険だけ加入)

また、保障プランは同じままでも、支払方法を月払いから年払いにすることで費用削減するのも見直しになります。こういった簡単に行える事から踏み出してみるのも良いでしょう。

保険に関しては誰にでも共通で絶対必要というものは一つもありません。

貯蓄と公的制度を確認して、それでも足りないものを補てんするという考え方が基本です。

関連:その保険は本当に必要ですか?

余談:地震保険は今後値上がり予定

日本は地震列島と呼ばれるほど地震リスクが高い国です。
こういった震災リスクに備えて地震保険の加入を検討している人もいると思います(建物・家財が対象)

地震保険に関しては平成31年・平成35年に値上がりが予定されています。5年先払いなどで値上がり前に支払っておくのも保険料の支出削減につながると思います。

生活スタイルを変える節約で成功するパターン

今回は「コツコツ節約はNG?家計支出は短期集中でドカンと減らそう。」について書きました。

基本的に生活スタイルが変化しづらい固定費の削減を行うのが成功パターンになります。

ついつい先延ばしにしてしまうのですが、1回のガンバリで効果は絶大ですので積極的にチャレンジしてみてください。

最後に生活スタイルが変化する日々の節約について補足しておくと、スーパーの特売品を買うなんて節約もあります。

数十円の為に遠くのスーパーまで行くというのは、時間の浪費でNGなんて意見もありますね。

ただし、ダイエット(ウォーキング)も兼ねて遠くのスパーまで行くという事になれば、自分磨きへの投資になりますのでOKだと思います。

日々の細かい節約に関しては、プラスαを考える事が成功の秘訣になります。

ちなみに、節約が中心の人は投資に対して消極的になりがち・・

ただし、現状の銀行預金では消費税の増税分をカバーしきれません。また、節約で支出を減らし続けるというのも限界があります。

株式や投資信託だけでなく、債券投資という選択肢がある点は頭に入れておいてください(定期預金に近い感覚で行う事が可能。)

投資信託にダメだしって本当?安定運用がしたければ債券に注目せよ