松井証券 iDeCoはガチで凄い!商品が選りすぐりでハズレなし?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、国からのバックアップ(税制優遇)があるので「自分で作る年金としては最有力候補」と言っても良いと思います。

《iDeCo》個人型確定拠出年金のメリット・デメリットをFPが解説

このiDeCoは、自分自身で金融機関を選択しなくてはいけないのですが、金融機関によって手数料や取扱い商品といった条件面に違いがあります。

そんな中で、2018年3月末から松井証券がiDeCoに参入!商品ラインナップはiDeCoの人気金融機関が震え上がるような凄い内容です。

今回は松井証券iDeCoの魅力について、マネックス証券・楽天証券・SBI証券の人気3社と比較しながら紹介していきます。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

運営管理手数料は完全無料

松井証券のiDeCoは、口座開設時の手数料や毎月の運営管理手数料が0円
これ以上の引き下げは不可能ですので事実上の最安金融機関となります。

ちなみに、マネックス証券・楽天証券とSBI証券も同様に完全無料ですので、この点については3社とも最高条件となっています。

完全無料といっても国民年金基金連合会や事務委託先金融機関(信託銀行)が設定する手数料等が別途かかります。
※どこの金融機関で加入しても例外なく必ず必要。

参考までに、加入時は国民年金基金連合会の手数料が2,777円

また、運用期間中は国民年金基金連合会と信託銀行に毎月積立の費用として合計167円(年間で2,004円)が発生します。

管理上の費用面ではネット証券4社に優劣はありません。

関連:iDeCoの手数料が半分になる裏ワザ!預金なら年単位の選択がお得です。

ただし、これだけで金融機関を選定してはいけません。最重要は取扱い商品!

今回は松井証券iDeCoで驚いたのは、商品内容と本数の少なさです。

ファンド数が僅か11本!松井証券の本気を見逃すな

iDeCoは金融機関によって商品に違いがあります。

以下に松井証券、マネックス証券、楽天証券、SBI証券のiDeCoで取扱っている投資信託の本数を記載しましたので確認してください。(2018年3月末現在)

松井証券 11本
マネックス証券 21本
楽天証券 30本
SBI証券 63本

これを見てどう思いますか?SBI証券が選択肢が多くて良いと感じる人もいるかもしれません。

ただし、同業者の多くは松井証券の11本という数字を聞いた時に震え上がったと思います。

なぜならば、数が少なければ金融機関が有利の商品を混ぜる事は難しくなります。つまりゴマカシが効かないのです。

iDeCoは通常の投資と違い利用者の大半は初心者です。
本来は優良商品だけに限定して本数を極限まで減らすのが正解だと思います。

しかし、前述したとおりで、それを本当にやってしまうと金融機関の儲ける場所が無くなります。商品を一定数に限定する場合は、増やすよりも減らす事の方が遥かに難しい作業なのです。

つまり、松井証券の11本という数字は『儲けを無視して、最高レベルの商品しか取扱わない』という宣言のようなもの。

そして、その事は以下で紹介する投資信託のコスト(信託報酬)を見れば納得できると思います。

主要4資産のコスト(信託報酬)を見てみよう。

一般的に世界分散投資をする時には、日本株、先進国株、新興国株、先進国債券が利用される事が多いです。

この主要4資産について、松井証券、マネックス証券、楽天証券、SBI証券でもっともコスト(信託報酬)が低い投資信託を比較してみました。基準:2018年3月末日

日本株の比較(TOPIX)
金融機関 投資信託 信託報酬
松井証券 DIAM DC国内株式インデックスファンド 0.167%
マネックス証券 DIAM DC国内株式インデックスファンド 0.167%
楽天証券 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.173%
SBI証券 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.173%

松井証券マネックス証券が2大ネット証券を抑えて最安水準となりました。

先進国株式の比較
金融機関 投資信託 信託報酬
松井証券 eMAXIS Slim先進国株式インデックス 0.118%
マネックス証券 eMAXIS Slim先進国株式インデックス 0.118%
楽天証券 たわらノーロード 先進国株式 0.216%
SBI証券 DCニッセイ外国株式インデックス 0.204%

松井証券マネックス証券が2大ネット証券を抑えて最安水準となりました。

新興国株式の比較
金融機関 投資信託 信託報酬
松井証券 eMAXIS Slim新興国株式インデックス 0.205%
マネックス証券 eMAXIS Slim新興国株式インデックス 0.205%
楽天証券 インデックスファンド海外新興国株式 0.594%
SBI証券 EXE-i 新興国株式ファンド 0.379%

松井証券マネックス証券が2大ネット証券を抑えて最安水準となりました。

先進国債券の比較
金融機関 投資信託 コスト
松井証券 eMAXIS Slim先進国債券インデックス 0.184%
マネックス証券 eMAXIS Slim先進国債券インデックス 0.184%
楽天証券 たわらノーロード 先進国債券 0.184%
SBI証券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 0.227%

松井証券マネックス証券楽天証券が最安水準となりました。

結果は全て松井証券とマネックス証券の優位性がある状況です。

この2社は『eMAXIS Slimシリーズ』をメインにしているので、今後とも楽天証券やSBI証券が状況をヒックリ返すのは難しいと思われます。

念の為に断っておきますが、楽天証券とSBI証券も一般の金融機関と比較すれば大推薦の素晴らしい内容。

iDeCoに関しては松井証券とマネックス証券が強烈すぎるだけです。

松井証券iDeCo 公式ページを見てみる

eMAXIS Slimって何者?

eMAXIS Slimシリーズは単純に低コストファンドというだけではありません。

現在が最安水準という事は魅力ですが、それ以上に注目すべきは、今後も最安値水準が続く可能性が高い点です!

eMAXIS Slimは、コストに対して「業界最低水準を目指し続ける」という方針になっています。

類似ファンドがコストを引き下げて最低水準を更新すれば、それに追随してコストを引き下げていくという事です。(100%ではありません)

つまり、eMAXIS Slim シリーズを選択している投資家は、「最低コストのファンドは何?」なんて考える必要は無いのです。

ちなみにに、松井証券とマネックス証券のiDeCoでは、1つの商品で8資産に分散できる『eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)』も取扱っています。

関連eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 代名詞は“業界最低水準コスト”!?

アクティブファンドは“ひふみ年金”だけ!

松井証券のiDeCoに対する本気度はアクティブファンドにも表れています。

何と!“ひふみ年金”の一本だけです。

日本株に関しては、インデックよりも“ひふみ投信”のような好成績を残しているファンドを活用したいという意見があります。

そういった人に対してもシッカリと配慮しています。

ちなみに、『ひふみ年金』はひふみ投信のDC専用(確定拠出年金専用)商品として販売されているので、商品内容や値動きは基本的に同じです。

DC用ということで、コスト(信託報酬)は、通常よりも低くなっているので、ひふみ投信を運用してたい人にとっては注目の商品です。

関連:ひふみ投信の強さは別格?アンチ日本株の投資家も認める実力ファンド

iDeCoを検討中の人、金融機関の変更を検討している人は注目

iDeCoは金融機関によって内容が違うので、自分が運用したい商品を扱っている会社を選択するのが最も良いと思います。

ただし、「何を運用するか決まっていない」「これから決める」といった人も多いと思います。

その場合には、低コスト商品のラインアップが充実していて、管理手数料量が安い金融機関を選択するのが基本です。

松井証券は、その条件をクリアしており有力候補の一つと言えます。

特に11本に投資信託が絞られている点は初心者にとって大きなプラス。

ほぼ全てのカテゴリー分野が1つの投信しかない事に加えて、最安コストの商品です。粗悪な商品を掴まされるような事は考えられません。

今からはiDeCoを行おうと考えている人や、現在の金融機関に不満がある人にとっては、有力な選択肢の一つになると思います。

※金融機関を松井証券に変更したい人は、申込ページから「運営管理機関の変更をしたい」を選択して、手続きをするだけです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の金融機関を変更

iDeCoは長期運用で大切な年金を育てる制度ですから、ご自身の老後生活にも影響を及ぼす可能性があるので妥協は禁物。

自分自身が納得できる金融機関を選択する事をオススメします。(以下は有力4社の公式ページ)

松井証券特徴
商品厳選で低コスト。大注目です
公式ページはコチラ

マネックス証券特徴
最高レベル?NO.1に推す声が多い
公式ページはコチラ

SBI証券特徴
品揃えが豊富!10年以上の実績
公式ページはコチラ

楽天証券特徴
人気商品が揃う!抜群の使いやすさ
公式ページはコチラ

【ワンポイント】(2018年3月末)
投資信託はマネックス証券松井証券が取扱うのeMAXIS Slimシリーズが最安水準です。
★資料請求しても電話などは掛かってきませんので安心してください。

ランキングに参加中!(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ 


今だけ!口座開設で現金が貰えるキャンペーンを実施中
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク