『宮川町 水簾』のランチが凄い!女子はこんなお店が好きなのです

★Photo by kaoru:『宮川町 水簾』東京ミッドタウン店

“一度は行ってみたい高級料亭・割烹”に突撃するシリーズです。
予想に反して好評となっています。

自粛が続いて遠出が難しいので、近場の食事などを検討している人が多いのかもしれませんね。

さて、今回は六本木にある京料理が人気の『宮川町 水簾』さんです。

総料理長を務める島谷宗宏氏は、テレビ東京TVチャンピオン「世界包丁細工王決定戦」で優勝という実績があります。

本店は京都ですが、大阪の北新地や東京ミッドタウンにも店舗を構える人気店。
おせち料理やテクアウトのお弁当も好評です。

私は青山方面で仕事があった時に、余裕がある時は六本木の東京ミッドタウン店で食事をしています。

ランチタイムに行くといつも女子でいっぱい!

割烹・懐石料理店ですが、女子会やデートにお勧めできる貴重なお店です。
もちろん、奥様を連れて行けば喜ばれる事は間違いなしです。

店内は木を基調としていて美しい!女子から人気なのがテラス席。

『宮川町 水簾』の東京ミッドタウン店は、とにかく清潔感が抜群です。

パンフレットやホームページの写真を見て出かけるとお店の印象が違うケースが多いのですが、こちらは実店舗の方が良いケースです。

店内は木を基調とした美しいデザイン。
京都っぽさもあり、旅行気分も味わえます。


出典:宮川町 水簾のHPより

お昼に行った時の印象は、もっと明るくて温かみを感じる雰囲気でした。
写真よりも実物の方がズット好印象です。

カウンター席は、板前さんの仕事や技が目の前で展開されるのでライブ感を楽しみたい人にオススメ。

3人以上だと個室も利用できるので会食や接待でも利用OKです。
※感染対策の為、原則としてドアは開放したままです。

そして、女子から圧倒的に人気なのが開放的な気分で食事ができるテラス席

雰囲気がガラリと変わって、和食なのに洋食レストランのような感じになります。
お店は3階なので景色も抜群です。


★Photo by kaoru:『水簾』東京ミッドタウン店、テラス席

日本料理の懐石・割烹店では、このタイプはとても珍しいです。
少し前に訪問した時も女子が次々とテラス席に流れてきました。

コロナ感染についても、屋内の席よりも換気のよいテラス席のほうがリスク低いと言われています。

各テーブルの距離も植物を挟んで大きくとられていました。

椅子も顔が向き合わないように配慮されています。
感染対策に関しては積極的な姿勢が見えますね。

ただし、テラス席はホームページ等でも大々的には紹介されていません。

予約時は個室かカウンターの選択のみとなっています。
WEB予約では、ご要望・コメント欄に『テラス席を希望』と記載しておけば対応してくれると思います。
※席が限られているのでテラスは予約不可(早い者勝ち)の可能性もあります。

お昼のコースはリーズナブル!京料理が初めてでも大丈夫。

私は気が小さいので、割烹や懐石料理に行くとお店の雰囲気に圧倒されて緊張することがあります。

最初の頃は、料理も一品づつ運ばれてくるのでペース配分も分からず前半でお腹いっぱいになってしまいました。

その点、『宮川町 水簾』東京ミッドタウン店のランチは、小箱のお膳タイプが中心なので気楽です。

お値段も税込みで4000円~6000円が中心なので、背伸びすれば充分に届く範囲。

ちなみに、以下は私が注文した【京おせち重】です。


★Photo by kaoru:【京おせち重】お造り、小鉢など全7品

小さな小箱にいろいろな料理が入っていますね。
どれも上品な味で美味しいです。

しかも、これは2段になっているので、下の小箱にも料理がギッシリです。

女子はいろいろな物を食べたいタイプが多いので、人気があるのも納得ですね。

また、写真に入りきりませんが、お造りや天ぷら・ご飯もあるので料理の種類が凄い状態になります。

ちなみに主人は【焼き魚膳】を注文。
(記事トップの写真が【焼き魚膳】)

尚、お料理の最後に付くデザートは、タケノコを使ったケーキでした。

パウンドケーキの中に若筍がアーモンドチップのように散らされています。
これはテンション上がりまくりです。
ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ

こういった変わったデザートがさりげなく出されるのも、水簾が女子から人気が高い理由です。

ランチで4000円は高く感じますが、これだけ多くの種類が出てくることを考えると非常にリーズブルです。

主人は初めて利用ですが、「この種類と味、価格・・居酒屋でお金を払うのが馬鹿らしくなる・・」と言っていました。

実は水簾のような本格的な日本食は、一般大衆店よりも原価率が高いケースがほとんど。高品質で多品種ですからお得感が凄いですね。

女子の食いしん坊レーダーは、こういったお店は絶対に見逃しません。
(`・ω・´)キリッ

余談ですが、私達夫婦が訪問したのは桜の時期です。
テラスからは桜並木が見渡せることもあり、隣の席にいた女子2人組は次々とワインを開けていました(お花見状態)

支店が本店に引けをとらない高評価!総料理長が走り回っている?


★Photo by kaoru:『宮川町 水簾』京都本店

京料理のように高い技術が必要なお店は、味のバラつきが出やすいです。
本店は美味しいのに支店は・・というケースは少なくありません。

私も過去に何度もこのパターンを経験しています。
メニューも各店で違う内容なので、看板は同じでも違う店という感じですね。

『宮川町 水簾』さんも各店で特色があります。
しかし、支店が本店に負けないくらい評判が良いというのが特徴。

総料理長を務める島谷宗宏氏が各店を飛び回っているという記事を雑誌で読んだことがあるので、支店ごとの意識が高いのだと思います。

今回の記事で紹介した東京ミッドタウン店については、口コミを見ても満足度が高いコメントが多いですね。

どの店舗も高評価ですので興味がある人は、利用してみてください。
私も次は京都本店に立ち寄りたいと思っています。

宮川町 水簾 京都本店

宮川町 水簾 北新地店

宮川町 水簾 東京ミッドタウン店
※(Yahoo!ロコ)店舗によりメニューが違います。

【余談】テレビで美味しいという店は、半分がハズレでした。

私は仕事で外出も多いので、テレビで紹介されていたお店の近くに行った時は立ち寄ることもあります。

ただし、実際に行ってみると・・・
(゚-゚?)(。_。?) アレ?アレレレレ???というケースも多いです。

少し前にもテレビで紹介している高級和食店に行ったのですが、名店・老舗と呼ばれるところと比べると素材・技術などが大きく劣る印象でした。

冷静に考えれば“美味しくて繁盛しているならば、テレビに出るのはマイナスも大きい”ですね。

新しいお客様で行列ができたら、常連客が離れてしまうかもしれません

そもそも良い食材を使う店は、仕入れ量に限界があるので多くのお客様に提供するのは難しいという問題もあります。

現在はコロナ禍で有名店も苦戦しているのでテレビ等で宣伝しているケースもありますが、全てが美味しいお店とは限らないのが実情です。

今回は【『宮川町 水簾』で食事をした感想!女子はこんなお店が好きなのです】について書きました。

カジュアル使いから接待まで様々なシーンで利用できるお店なので、憶えておくと便利だと思います。

気楽に訪問できるお店ですが、2万円程度のコースも提供する実力派でもあります。

興味がある人は、メニューの内容などを確認してみてください。

メニュー宮川町 水簾 東京ミッドタウン店(Yahoo!ロコ)

尚、WEB予約では2人とも同じメニューとなりますが、ご要望・コメント欄に『ひとつは【○○膳】に変更してください』と書いたら折り返しのメールでOKの返事がありました。
※もちろん差額は負担になります。

予約の場合、同一メニューとなるケースが多いのですが、コメント欄に書いておくと対応してくれるケースが多いです。
φ(゚ω゚ )フムフム…

“一度は行ってみたい高級料亭・割烹”に突撃するシリーズでは【銀座吉兆】【たん熊北店】などの本格派を紹介しています。

読者から「もう少し気軽に行ける店があったら教えて欲しい」という要望があったので、今回は『宮川町 水簾』東京ミッドタウン店を紹介させていただきました。

感染対策がシッカリしているので、食事会などの候補に加えてみてください。

kaoruでした。

★絶品!京都の名店「いづう」の鯖姿寿司が取り寄せ可能です。