日本株は簡単?逆張りなんてありえない、トレンドに乗っていく手法でガッチリ

ネガティブな話をしますが、私自身は基本的に日本株で勝つ自信はありません。

長期成長に不安がある点と海外動向に振り回される事が多いので、私程度の知識では全く歯が立たないからです。

そんな事情から、日本株についてはひふみ投信の積立てが中心になっています。

しかし、2018年に限っては上げ下げのトレンドが大きくなると予想しており、知識が少なくても利益が取りやすい年になると考えています。

1年間という限定期間ではありますが、大きなチャンスがあると予想しています。
今回はスポット投資のタイミングについて考えていきたいと思います。


2018年:積立を実施する投資信託

日本市場に大きなトレンドが来る?

日本市場の特徴として海外の影響を受けやすい事があります。

海外投資家の比率が非常に高い事に加えて、海外で懸念事項や紛争があれば円高になりやすく、市場の反応は当事国よりも大きくなることもあります。

逆に言えば、海外で大きな懸念事項があって、そのイベントが確実にあるとすれば、日本市場は狙い目です。

この点を頭に入れて考えると、2018年は決定済みのイベントがあるので上昇トレンドや下降トレンドがハッキリ出やすいと考えています。

米国の中間選挙。年後半に大きな下落トレンド?

米国の中間選挙は、上院議員の3 分の1、下院議員の全員を改選する選挙で11月初めに行われます。

トランプ大統領の支持率が上がらないので、共和党が民主党に議会で過半数を握られてしまう可能性があります。つまり、政治が進まなくなる状態です。

あくまでも個人的な予想ですが、年後半の8月~10月末は共和党不利というニュースが流れるたびに、日経平均株価がズルズル下がるような気がしています。

つまり下落トレンドですね。こういった時は下がった時にリターンが出るETFを活用すればいいので簡単ですね。

以下は、日経平均株価が下がると2倍上昇するETFで下落トレンドでは注目です。(反対の値動きをする)

コード 銘柄名 売買手数料
1357 (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信 株式手数料と同じ
1459 楽天 ETF-日経ダブルインバース指数連動型 楽天証券なら無料

一般的にはコード1357が有名ですが、実はコード1459は楽天証券であれば売買手数料が0円です(値動きは同じ)。

信託報酬もコード1357が0.8%(税抜)に対してコード1459は0.35%(税抜)と半分以下です。

楽天証券の口座を持っているならば、コード1459の楽天 ETF-日経ダブルインバース指数連動型を選択した方が有利になります。

楽天証券 口座開設キャンペーン実施中

米中間選挙後は反転?上昇トレンドを期待

米中間選挙前は下落すると考えていますが、結果で出てしまえば反転して上昇トレンドだと予想しています。

実は米中間選挙が終わった後といのは株価の上昇確率が非常に高い事で有名!過去を振り替えても85%くらいの勝率です。

この点に関しては、「選挙でどっちが勝てば良いの?」というのは愚問です。

そもそも、選挙前にどうして株価が下がるかと言えば、不透明感が強すぎて買い銘柄の物色が難しいからです。

結果さえ出てしまえば市場関係者も戦略がたてられるので株価は上昇しやすくなります。

つまり、年末に向けては上昇トレンドに変化すると予想しています。

以下は、日経平均株価が上がると2倍上昇する銘柄で上昇トレンドでは注目です。

コード 銘柄名 売買手数料
1570 (NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信 株式手数料と同じ
1458 楽天 ETF-日経レバレッジ指数連動型 楽天証券なら無料

一般的にはコード1570が有名ですが、実はコード1458は楽天証券であれば売買手数料が0円です(値動きは同じ)。

信託報酬もコード1570が0.8%(税抜)に対してコード1458は0.35%(税抜)と半分以下です。

楽天証券の口座を持っているならば、コード1459の楽天 ETF-日経ダブルインバース指数連動型を選択した方が有利になります。

楽天証券 口座開設キャンペーン実施中

トレンドに乗るのであれば、レバレッジETFが簡単

今回は「日本株は簡単?逆張りなんてありえない、トレンドに乗っていく手法でガッチリ」について書きました。

個人投資家は株価が下がった時に購入する「逆張り派」が主流。

ただし、こういった大きなトレンドが出やすい年は、その流れに沿った投資の方が利益が出しやすいと言うのが私の考えです。

下がったら上昇するインバースタイプは利用を敬遠する人も多いのですが、下落基調の時に仕掛ければリターンは勿論ですが、保有資産の目減りを緩和する事にも繋がります。

特に日本市場は下落する時は、円高も重なってしまい当時国よりも下がり幅が大きくなる現象が大きく見られます。

この選択肢がある事を頭に入れておくと気分的にも楽ですので憶えておくと良いでしょう。

楽天証券はレバレッジETFや投資信託に強い

楽天レバレッジETFは類似ETFに比べてコスト(信託報酬)が半額程度!また、楽天証券に限り売買手数料が無料になるので口座を持っている人は大注目です。

それ以外でも楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるサービスがあり、“身銭を切らない投資”として大評判。

また、専売ファンドの「楽天資産形成ファンド」は隠れた優良ファンドと言われています。

【関連】楽天資産形成ファンド(楽天525) 必読!実力投信の魅力に迫る

個人的にも、「つみたてNISA」で利用しており投資信託の購入でもメインにしています。保有額の残高に応じて楽天スパーポイントが付与されるので、そのポイントで投信を購入できる点がお気に入りです。

楽天証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

楽天証券の公式ページはコチラ↓↓

ランキングに参加中!(っ′∀`)っ【ヨロシクお願いします】
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ 


今だけ!口座開設で現金が貰えるキャンペーンを実施中
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク