「西陣魚新」ランチの西陣弁当に感激!京都を凝縮したようなお店


★Photo by kaoru:西陣魚新

私の楽しみである“一度は行ってみたい高級料亭”に突撃するシリーズです。

関連過去に紹介した『料亭・高級ランチ』

今回は京都の【西陣魚新】さん。

こちらは、安政二年創業で明治維新まで宮中のお料理司として仕えた由緒ある料亭です。

大正天皇や昭和天皇の大礼のお料理を担当した天皇家ゆかりのお店。

堅い雰囲気をイメージすると思いますが、実際に行くと拍子抜けするほど敷居が低いのでビックリしました。

料理が美味しいのは勿論ですが、女将さん、若女将さん、仲居さんなどスタッフ方々が皆さんとても気さくなんです。

京都では観光客を意識したお店が増えてきましたが、西陣魚新さんは地元の人から愛されているのが魅力。

私が訪問した時も大半が地元の人でした。

【西陣魚新】さんは、京都旅行に出かける人には必ずお勧めしています。
ここならば、絶対に満足してもらえる自信があるからです。

天皇家ゆかりの有識料理!お店のノリは関西系です。

私は京料理に対して以前は“京野菜”や“おばんざい”などのイメージしか持っていませんでした。

しかし、実際に訪問してみるとお店ごとに味や雰囲気に個性があります。

何でこんなに違うの?と思ったら、京料理は大きく3つの流れがあるようです。

お寺などで修業の一つとして作られる精進料理、茶道の茶事として出される懐石料理、そして御所の貴族の食事に由来される有識(ゆうそく)料理です。

これら3つが混ざり合って現在の京料理があるのですが、どこに重きを置いているかによって特色が出てきます。

今回の【西陣魚新】さんは、有識(ゆうそく)料理がルーツとなっているお店。
そして、場所は高級絹織物の西陣織発祥の地にあります。

訪問した時は老舗の店構えと着物を来た女性のお出迎えに大緊張!
※西陣の地だけあって、スタッフの着物がとても艶やかです。

『完全に場違いだ・・』と不安になりました。

しかし、お店の方々は関西系のノリで堅苦しさはありません

料理の説明をしてる時も、『さて、ここでクイズです!』みたいな話があって和みました。

たぶん、緊張している様子を察して配慮してくれたのだと思います。

老舗料亭ですが、かしこまった雰囲気はありません。
地元の人から愛されている理由がすぐに理解できました。

やっぱり料理は一級品!この値段で大丈夫ですか?

夫婦二人で訪問したのですが、私達が予約したのはランチでもっとも安い【西陣弁当】です。

所費税・サービス料込みで4680円。

もちろん、一般的な食堂のランチから考えれば高いのですが、超有名な老舗料亭ということを考えればリーズナブル。

案内されたのは、10畳くらいあるユッタリとした個室でした。
大広間で食事だと思っていたのでビックリ・・。

部屋の窓からは庭が見えてとても贅沢ですね。
ウイルス対策も徹底されているので安心して食事ができます。


★Photo by kaoru:西陣魚新

ちなみに中庭には、藤原定家がお茶に使ったという井戸があり、室内には冨岡鉄斎や与謝野晶子等の書も飾られています。

また、2階には天皇の大礼のお料理を再現したコーナーなどもあって、小さな美術館に来たようなお得感もあります。

こららは、食後にジックリ見学させてもらいました。

さて、いよいよ本番のお料理についてです。

【西陣弁当】については、こじんまりした物をイメージしていたのですが・・、
かなり凄い量で驚きました。

最初に出てくる尽き出しから、とても上品です。

さすがの逸品です。
テンションが上がりまくりです。

そして、吸い物も来ます。
これも美味しい。

凄く手の込んだ料理ばかりで、注文を間違ってしまったかと思いました。

そして、いよいよ主役の【西陣弁当】です。

西陣弁当は上品な味で、量もてんこ盛り!

西陣弁当は一般的な松花堂弁当のような正方形をイメージしていましたが、少し違いました。

大きなお重の箱なのですが、ひし形ですね。
※お盆からはみ出すくらい大きい

仲居さんが蓋を開けると、ドーンとお料理が並んでいて迫力満点。

これは、現物をみると相当大きいです。
深さもあるので、凄い量になります。

一角だけアップで写真を撮ってみました。

メチャクチャいっぱい入っています。
しかも、一つ一つが丁寧な仕事で何を食べても美味しい。

イメージしていたお弁当より数倍すごいのが出てきました。

女性だと完食するのは難しいかも・・
私はご飯が食べきれませんでした。

美味しいだけに、残すことに対して申し訳ない気持ちに・・。
お膳を下げにきた仲居さんにも『残しちゃってゴメンナサイ』と謝りました。

それに対して返答は『女の子はその方が可愛くていいのよ、キャシャで羨ましいわ~。私なんて〇×▲・・』と明かるい雰囲気で対応してくれます。

ちなみに、マスクしながらの仕事については『これ(マスク)は年齢が誤魔化せて、なかなかいいのよ♪』と言ってました。

さすが、頭の回転が速いですね!
老舗料亭の仲居さんは、会話一つをとっても機転が利く人が多いです。

運が良ければ、抹茶のサービスがあるかも?

この後には最後の締めで水物(デザート)が出てきます。
新鮮な果物を使ったゼリー。

別腹が発動して、ペロリと食べてしまいました(笑)

本来は、これで終了なのですが・・。

今回は特別にお店からサービスがありました。

それが、抹茶と和菓子

春と秋に限りサービスしているという事です。
(メニューには載ってません)

甘い和菓子と抹茶の苦みが最高です。

このあとに店内も見学させてもらって、建物や歴史を堪能。
(小さな美術館みたいな雰囲気)

最後も丁寧にお見送りをしていただき、大満足のランチとなりました。

食事中は和やかな雰囲気を演出していますが、最後はシッカリとした挨拶。
締めるところは締めて. 緩めるところは緩めてという感じですね。

『伝統や歴史、京都の人柄や雰囲気、そして美味しい料理』

これらが、食事をする中で全て感じられるのが【西陣魚新】さんの魅力。
お値段がとても安く感じたことは言うまでもありません。

ぐるなび 西陣魚新のページ(詳細・予約)

尚、京都市のふるさと納税でも食事券の取扱いがあります。
寄付金額は4万円で、京都の老舗料理店で使えます。

京都旅行を計画している人には、利用価値が高いと思います。

ふるなび京料理ペアランチ食事券(約30店から選択可能)

西陣魚新の『おせち』はいつも売り切れ!今年こそゲットしたい

【西陣魚新】さんは、お正月の『おせち』も人気があります。

都内の百貨店でも取扱いがあるので、おせち女子としては注目しています。

でも、毎年、早々に売り切れてしまうんです。

『西陣魚新さんなら間違いない』
と考える人が多いのだと思います。
一度でも店舗に訪れた人は、人気があるのは当然と感じるはず!

11月だと完売している事も多いので、今年は早めに注文して確保するつもりです。
(発売が始まったら、告知しますね)

今回は「西陣魚新」ランチの西陣弁当に感激!京都を凝縮したようなお店 について書きました。

京都に出かける予定がありましたら、ぜひ足を運んでみてください。

二条城と北野天満宮を観光する時に立ち寄ると、ちょうど良いと思います。

【決定版】2022年 美味しいおせち
本当に満足できる“おせち”を教えます!
10種類以上(約30万円)を毎年購入!“おせち女子”の私が徹底レポート。
【自信】自分で食べているから言える、本音の評価。
【本気】お客様用なので、おせち選びに妥協なし。

食べ比べて実感!本当に美味しい「おせち」ランキング【2022年版】