今すぐ米国株を買うなら何を選ぶ?私はVISAに注目しています

米国株は今年も堅調に推移しており、S&P500・ナスダックは最高値を更新しています。

代表的な指数に投資をしている人は利益がグングン伸びている状態。
敢えて無理に個別株を選択しなくても良い状況ですね。

私自身もETFや投資信託が中心で、米個別株の保有は数銘柄に限定。
成長株で購入している銘柄はアルファベット(GOOGL)のみです。

この銘柄は数年前から継続的に買付しているのですが、購入候補として最後まで悩んだのがVISA(V)でした。

どちらにするかで凄く悩んだことを憶えています。

最終的には私の保有資産が堅いものばかりという理由から、敢えてヤンチャな方を選択することにしました。

しかし、「今すぐに米国株に投資するなら?」と考えた場合はVISA(V)を選択すると思います。

今回はカードの国際ブランドであるVISAに注目している理由について書いていきます。

※個人的な投資についての記事で推奨ではありません。
※投資判断はご自身で行ってください。

VISAが勝ち組だったのは昔の話?直近はボロボロの負け組です。

VISA(V)については米国株の中でも優良銘柄と言われています。

個別銘柄を探すときは安定性重視か成長性重視のとちらかを選択する必要がありますが、この企業に関しては両方を兼ね備えている貴重な存在です。

過去5年の株価を見るとS&P500を圧倒しています。

ただし、これを見て「VISAは素晴らしい」「VISAは絶好調」なんて言葉を信じてはいけません。

これは長期視点で見た時の話です。
直近1年の成績をS&P500と比較したチャートが以下です。

完全に市場平均を下回っています。

年初来、過去1年・・・もっと言えば過去2年のデータでもS&P500よりも見劣りする成績です。

VISAをの成長性に期待して保有していた人にとっては、ガッカリする状況が続いています。

しかし、私はVISAを今から購入するのは面白いと考えています。
その理由について書いていきます。

VISAはコロナ直撃!出遅れ銘柄のリバウンドを期待する

米国株はコロナショックで急落しましたが、その後は金融緩和や財政出動の影響で大幅上昇となっています。

その中で、グズグズと伸び悩んでんいるのがVISA(V)ですね。

足元の株価は市場平均より大きく見劣りしています。

この理由の一つが海外旅行の低迷です。

世界各国での新型コロナ感染再拡大や抑制措置により旅行需要が急降下(国境を越えた決済が減少)。

決算は悪くないのですが、コロナ再拡大というニュースが流れるたびに失望感が漂い株価が抑えられている印象。

ただし、私はワクチン接種の加速により旅行需要はV字回復を予想しています。

ワクチン接種を証明する仕組(ワクチン・パスポート)の導入も急速に広まっていることから今後の見通しは明るいと考えています。

ちなみに、マスターカード(MA)も選択肢ですが、PERをみるとVISAよりも割高感があります。

リバウンド期待という点ではVISAの方が面白いと考えています。

米国株 この銘柄は買っていいの?
kaoruの<米国株 分析サイト>の活用方法を紹介
【銘柄スカウター】米国株に役立つサイト! 長期投資で確認したい3項目

VISAで大失敗するイメージが湧かない!

私がVISAに注目するのは成長だけでなく安定感もあります。

電子商取引という視点で言えばぺイパル(PYPL)も注目です。
単純に値上がり期待だけなら、電子決済では最有力だと考えています。

ただし、こちらはPERが高いので株価は下がる時のインパクトも大きくなります。

私は保有率が小さかったとしても値動きが大きい銘柄があると毎日のように相場を確認したくなります

将来的な期待が高くても、ストレスを抱えながらの運用にメリットは感じません。

VISAについてはリバウンド期待があることに加えて、大きく下がるイメージが無いのも魅力。

変異ウイルスの影響が広がればVISAの低迷は続く可能性もありますが、大幅下落になる事は想像していません。

最悪でもS&P500をやや下回る程度だと考えています。

過去1年の成績はボロボロと記載しましたが、それでも株価は上昇しています。

逆風の時でも株価がゆるやかに上昇するのがこの企業の強さです。

世界経済の先行きは不透明感こそありますが、景気が回復に向かっているのは間違いありません。

将来的に旅行需要が回復した時には、VISAはS&P500を大きく上回ると想像しています。

米国市場が高値圏にある時は海外ETFを中心にすべきだと思いますが、私にとってVISAはそういった時でも買付ができる貴重な個別株です。

今回は「今すぐ米国株を買うなら何を選ぶ?私はVISAに注目しています」について書きました。

記事の中で参考になる点があれば、運用のヒントにしてみてください。

関連米国株は簡単!「売却タイミング」の悩みを1秒で解決する方法
(私が個別株で実施する鉄板手法です)

米国増配株式(VIG)を毎月20万円を積立しています

私の米国株で注力しているのは【VIG】バンガード・米国増配株式ETFです。

マネックス証券で、米国株定期買付サービス(配当金再投資・毎月買付)がスタートしたので、毎月2000ドル(約20万円)の定期買付を設定しました。

関連米国増配株式(VIG)の投資を強化!毎月20万円を定期買付。

このETFには財務体質が良い企業が多く含まれており、安定性と成長性が期待できると判断しました。

以下はマネックス証券で定期買付の設定が多いETFのTOP5です。
配当タイプのETFに人気が集まっています。

定期買付、人気上位ETFのTOP5
●ランキング調査期間(2021年6月6日~2021年6月29日)

順位 ティッカー ETF名 配当型
1位 SPYD SPDR ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF
2位 VYM バンガード 米国高配当株式 ETF
3位 QQQ インベスコQQQトラスト・シリーズ1
4位 VIG バンガード・米国増配株式ETF
5位 HDV iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

また、この証券は 米国株で時間外取引ができる貴重な証券会社 

銘柄分析についても【銘柄スカウター】の利用価値が高いです。
※『本当に無料でいいの?』と感じるほど凄いツール。

米国株・ETF取引のメインとして、オススメできる証券会社です。

公式 マネックス証券(米国株)の公式ページを見てみる