ロボアドバイザー投資ってどうなの?評判と実力は必ずしも一致しない

ロボアドバイザーは、コンピューターによる分析によって資産運用のアドバイスを行うサービスです。

「投資の知識が無いけど・・興味はある」という人には、積極的に活用した方が良いと思います。

ただし現実的には、物珍しさから興味本位でチャレンジしている人が大半で、いずれは解約ラッシュになるのでは?と心配しています。

今後のロボアドへの期待を込めて、現状の不満点を書いていきます。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

利用者の多くが、ただの興味本位?

ロボ・アドバイザーの利用者数と預かり資産で現在トップなのは、WealthNavi(ウェルスナビ)です。

ただし、顧客の状況を確認すると、一気に流出(解約者が増加)がおきても不思議ではありません。

・・と言うのも「利用者の9割が投資経験者」という状況で、ターゲットとしている「投資の知識が無いけど・・興味はある」という層は取り込めていないのです。

つまり、興味本位で「取りあえず買ってみよう!」という人が大半を占めていると予想されます。

このような人達は、昨年までのような上昇相場であれば様子見を継続してくれます。

しかし、株価急落の後にはデメリットを冷静に判断してくるので、解約する人が増えていくような気がしています。

投資経験者には別の選択肢がある

日本のロボアドバイザーには米国のそれと比較して大きなデメリットがあります。
それが、手数料が割高であること!

例えば、WealthNavi(ウェルスナビ)は預かり資産の1%+信託報酬ですので年率で1.1~1.2%ぐらいのコストになります。

そして、投資先は海外ETFですのでインデックス投資ですね。

私は投資の経験がある人にとって、インデックス投資で1%を超えるコストは我慢できない水準だと考えています。

バランスファンドで人気のセゾン投信世界経済インデックスファンドを選択すればコストは約半分、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)であれば5分の1で収まります。

今回は、ロボアドバイザーがダメという話ではありません。投資経験が無い人にとっては預り資産の1%でお任せできるなら満足と感じる人もいるでしょう。

ただし、ある程度の判断が可能な投資経験者にとっては・・・という事です。

ロボアドバイザーは2017年以降に利用者が急増しましたが、現状の顧客層を見ているとちょっとしたキッカケで解約者が殺到する可能性があります。

投資経験者用のロボアドバイザーだってある

現在のロボアドバイザーは、内容よりも知名度だけで判断されている傾向があります。ある意味では宣伝力ある会社に顧客が集まる状態。

しかし、実際には知名度が低くても、魅力的なロボアドを展開している会社もあります。

マネックス証券のマネックスアドバイザーはそういったロボアドの一つ。

投資経験が少しでもある人にとっては、WealthNavi(ウェルスナビ)よりも相性が良いロボアドですので注目です。

マネックスアドバイザー

マネックスアドバイザーは、ブラックロック・ジャパンが提供するETF「iシェアーズETF東証上場シリーズ」を活用したロボアドバイザーサービス。

預かり資産の0.3%+信託報酬で、実質コストは0.5%程度と非常に割安。

そして、好印象なのが診断時の質問内容!以下に書きだしたので確認してみてください。(回答方法は3択で簡単)

1.日本国内や海外の株価はどうなると思いますか?
2.日本円は他の通貨と比べて円高になると思いますか?円安になると思いますか?
3.日本に積極的に投資をしたいと思いますか?
4.海外でどのエリアに投資したいですか?
5.日本や米国の不動産価格はどうなると思いますか?

従来のロボアドと違って非常に実践的です。

自分の方針に近い形で最適な資産割合が提示されるので、従来のものよりも継続性が期待できます。

さらに面白いのが資産配分(ポートフォリオ)の見直し方法です。以下の3通りから選択できます。

見通しを自分で設定する場合は、円高予想を円安に変えたり、今後の株価や債券の見通しを変更することで、新しい資産配分が作れます。

そして、マネックスの見通しを指定すると最新の金融工学理論で配分が提示。

さらに、ブロックロックの見通しという選択肢があって、マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木氏とブラックロック社の戦略にもとずいた配分があります。

自分の判断、金融工学、プロの戦略という選択肢ができるのは面白いですね。
ネット上で簡単に変更できるので熱中してしまいました(笑)
※資産配分の変更は申込み後から可能。

私自身は、投資経験が多少でもある人にとっては、こういったロボアドの方が遥かに相性が良いと思っています(楽しく続けられる)。

ロボアドバイザーのコストは下がる?

ロボアドバイザーに関しては、0.5%程度のコストでサービス提供を行っている会社を除けば、いずれは淘汰されるかもしれません?

現状は、日本のロボアドバイザーは米国と比較して手数料が、あまりにも高い!

マネックスアドバイザーについても、低コストと言うよりは、米国で行われている適正な水準に合わせたというのが正しい表現(マネックス証券の姿勢は評価できます)。

この流れに追随する会社が出てくる事を期待したいと思います。

補足ですが、マネックスアドバイザーは貸株に対応する唯一のロボアドです。それも合わせて利用すれば、更なる実質コストダウンが可能になります。

マネックス証券は面白いサービスが多いのですが宣伝不足の印象。ロボアドもそうですが、以前に書いた貸株のメリットについてもほとんど知られていません。

Blog: 貸株のデメリットって知ってる?金利だけを見ていると失敗します

もう少しガツガツしてもいい気はしますが、この柔らかい感じが投資初心者から人気が高い理由でもあります。

今後も資産運用を重視する優しい姿勢を期待したいと思います。

マネックス証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

マネックス証券の公式ページを確認する