投資戦略の独り言!コロナ第2波が与える株式相場の影響を考える

新型コロナウイルスの影響により、2020年の世界経済がマイナス成長になるのは確実な状況です 。

主要国は概ね感染者数が減少傾向ということもあり、経済活動の再開に舵を切りました。

しかし、個人投資家の多くは気持ちを緩めてはいません。
この理由は、“秋~冬にかけてコロナ第2波がくることを警戒”しているからです。

米国では「第2波が来れば、インフルエンザと季節が重なるため影響がより大きくなる」といった声もあります。

3月のコロナショックみたいな状況を予想する声も消えていません。

今回は「コロナ第2波が来た場合は?」の私が想像するシナリオについて書いていきます。

最初に結論を述べると、第2波が来た場合でも“株式市場への影響は非常に小さい”と思います。

※個人的な投資についての記事で推奨ではありません。
※投資判断はご自身で行ってください。

大きな下落があるとすれば、第2波が来る前だと考えている

新型コロナウイルスに関しては落ち着いついてきたように見えますが、世界的な流行は加速しています。

欧米・日本・中国など主要国においても、経済活動を再開するとジワリと増えてくる・・。

第2波への警戒が高まっており、この不安心理が加速していけば株式市場の再下落もあるかもしれません。

市場が乱高下してもおかしくない状況なので、私は一括投資については完全ストップ状態

しかし、時間分散の投資(積立など)については強化しており、毎月の買付額は100万円を大きく超えています。

世界分散での積立や優良企業に限定した投資ばかりですが、トータルの金額については例年よりも多いくらい!

この理由としては、第2波によって経済がストップする可能性は低いと考えている点があります。

私が心配しているのは投資家の警戒・不安心理による下落であって“経済的打撃では無い”ということです。

この考えに至った理由について説明していきます。

株式相場が暴落するのは、想定外のことが起きた時です。

コロナ第2波に対して私が株式市場への影響が小さいと考えている理由は、投資家の多くが“第2波があるかも?”と考えているからです。

これから起きることが悪いことであっても“想定されることであれば市場の反応は限定的”となる事がほとんどです。

過去のリーマンショックやコロナショックが株価暴落となったのは、“まさか・・”が起きたからです。

事前予測できていれば、早い段階でリスク資産を引き上げたり、堅い投資に絞りこんだりするので暴落が起きる可能性はグッと下がります・・。

“第2波で暴落”という不安を投資家が抱えている間は、第1波のような下落は無いと考えています。

これについは、経済の面でも同じです!

仮に第一波よりも感染が大きなものとなったとしても、経済活動は続くと想像しています(都市封鎖や完全自粛の要請は無し?)

この点については、もう少し掘り下げて書いていきます。

主要国や企業は、第2波が来た時の事を想定して動いている

新型コロナウイルスの感染拡大は、不意の出来事だったので大混乱となりました。

マスクや消毒液は全く足りない状態になり、医療施設も感染者が出ても受け入れ態勢が整っていない状態です。

しかし、第2波が来た時に同じような混乱が起きるかといえば、それはちょっと想像できません。

★ウイルス対策は進む!
マスクや医療施設の準備はもちろんですが、企業もリモートワークや時差出勤といった対応は比較的スムーズに行えると思います。

また、 飲食店やホテルなども対策が進んでいるので、第2波がきても営業が継続できると考えています。

勿論、一部の規制(夜の営業時間など)はあるかもしれませんが、全面的な停止は想定していません。

私が株式市場の乱高下を警戒しながらも、買付金額は強気を維持しているのは、こういった事が理由になります。

もちろん、現時点での投資スタンスで時間経過で変化する可能性があります。

市場の様子や情報を取っていく過程で、シナリオ変化が出てきた場合は、再び記事で紹介するつもりです。

補足:私が投資情報を確認するのは基本的に週1回だけです。

私の情報収集は、基本的に週1回「岡三グローバルウィークリー」を確認するだけ!

米国株や日本株、債券などの情報や今後の戦略についてコンパクトにまとめられているので重宝しています。

多すぎる情報は投資行動にマイナスに働く場合があるので、 信頼できる情報に絞り込む ようにしています。

詳しくは別記事にまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

コロナ不安は永久では無い!慎重すぎるのもマイナスです。

アメリカのムニューシン財務長官は『「第2波」が起きたとしても米経済を再び閉鎖すべ きではない』という見方を示していますね。

そして、日本の私達もマスク着用や人との距離の取り方をしっかりと認識できているます。

こういった背景を考えると、第2波に対しては最初のような混乱は起きないと想像しています。

私が言いたいのは“警戒するのは大切ですが慎重になりすぎなのもマイナス”という事。

現在は史上空前の資金が供給されている状態ですから、株価が下落しても“買い” が入りやすい状態!

そして、新型コロナウイルスへの治療薬やワクチン開発は3月の下落時よりも大きく前進しています。

第2波が来ても、最初とは“条件が違う”という点は頭に入れておきましょう。

仮に大きく下落した場合であっても、長期投資の中では小さな躓きにすぎません。

世界分散投資や財務体質の良い企業に関しては、従来通りコツコツと投資をしていけば良い結果につながると思います。

今回は「投資戦略の独り言!コロナ第2波が与える株式相場の影響を考える」について書きました。

記事の中でヒントになる点があれば、資産運用のヒントにしてみてください。

私の資産運用は『セゾン投信』の積立!丸投げするだけの簡単投資です。

私自身の運用について話をすれば、「セゾン・バガード グローバルバランスファンド」の積立がメインです(2020年の運用方針:改定版

世界分散投資を専門家に丸投げできるので、ズボラな私にはピッタリでした。
資産配分の修正も全部行ってくれますので何もする事はありません。

参考までに、過去10年の年率リターンは約5.8%となっています。
基準日:2020年4月末

私の資産は年々増えているので「凄い!」と言われる事もあるのですが、実際は丸投げしてるだけというのが本当の話です。

資産運用の王道的な資産配分ですので、興味がある人は確認してみてください。

セゾン投信の詳しい説明を見てみる

セゾン投信の公式ページを見てみる

資料を確認するだけでも、勉強になるファンドだと思います。