消費税10%で生活設計が崩壊?見落とされている重大な事実

現在の予定では、2019年10月から消費税が現行の8%から10%になる予定です。

食料品などは軽減税率の適用となっていますが、単純に2%が増税されるという考えで良いと思います。

以前にも書きましたが、日本の社会保障費に対する割合が年々増える事は間違いない状況。

マジ?老齢年金の「支給額が減る」「年齢の引き上げ」は覚悟すべし

つまり、何かしらの負担が将来に向かって増えていく事を想定しながら生活防衛をしていく必要があります。

消費税の増税に関しては、期間があるので切迫感はありませんが、強く意識して欲しい事があります。

それが『資産運用による生活防衛』です。

消費税と資産運用は関係ない話だと思う人が多いのですが、実はこれが非常に重要!この点について説明していきます。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

増税で預金が目減りする?これを真剣に考えて欲しい

消費税が2%とアップするという話題になった時に、多くの人は「今後は物が高くなる」とイメージすると思います。

しかし、「預金が目減りする」と発想する人は少数派です。

例えばですが、現在100万円の商品が消費税2%アップになれば102万円になりますね。

これを今まで貯めていた預金で買う事をイメージしてください。

仮に現在の預金が100万円ピッタリであれば、消費税が2%アップした後だと購入には2万円が不足してしまいます。

やや乱暴ですが、「消費税アップは、預金が目減りする」とも言えるのです。

実際には全てが課税されるわけではありませんので、2%の資産価値が丸々目減りするわけではありませんが、多少なりとも影響はあることは間違いありません。

また、「消費税は10%まで」という事ですが、名前を変えて何らかしらの増税が行われていく可能性は否定できません。(確率は高い?)

つまり、現在保有している資産を少しづつ増やしていかないと、事実上の資産減少となる可能性が高いのです。

預金だけで消費税アップを補うのは不可能

消費税が2%アップする場合、単純に言えば100万円の現金を102万円の増やせば資産価値は減りません。

しかし、これを預金で行おうと考えると、現在の金利では事実上不可能と言って良いと思います。

現在の定期預金を0.01%で計算すれば、複利計算で行っても約200年の時間が必要です。ちょっと非現実的な話になってしまいますね。

つまり、「資産運用なんて・・」「投資は怖い・・」と考える人は多いのですが、日本の状況は「資産運用をしない方がリスクが高い」のです。

周りは関係ない!自分の資産は自分で守る

今回は敢えて過剰とも言える題名にしました。やはり消費税に対しては先という事もありイメージがしづらいという人が多いと思います。

ただし、確実にその日はやってくるのは事実。

その対策は、「給料が2%増えればOK」ではありません。現在の資産も含めて2%アップを目指す必要があります。

運用に関しては、「資産を増やす」という事が中心に論じられるのですが、今後の日本では「資産を守る」という意味合いもある点を頭に入れておいて欲しいと思います。

今回は「消費税10%で生活設計が崩壊!見落とされている重大な事実」について書きました。何か参考になる点があれば今後の行動に役立ててください。

私の増税対策は米国債です!

投資は「元本が減るのが不安・・」といった人も多いと思います。
そんな人達を中心に人気が急上昇しているのが米国債!

米国債はアメリカが破綻しない限りは、満期になれば元本が戻ってくる商品(米ドル基準)。期間が長いものであれば利回りが3%程度の商品もあり魅力的です。

外貨ベースの取引なので為替変動のリスクはありますが、長期の米国債であれば強烈な円高(1ドル=60円など)にならない限り元本を割る可能性は極めて低いと言えます。

増税対策の最有力候補?米国債を知らない人は今すぐ確認

尚、米国債に関してはネット証券よりも大手証券から購入した方が有利。(満期の期間が2年~25年くらいと選択肢が豊富)

私はSMBC日興証券のダイレクトコース(ネット取引)で購入しています。大手の中でもネット取引に注力している会社なので、ネット経由で気軽に購入ができます。

SMBC日興証券の公式ページを見てみる