相場は常に正しい!予想がハズレた時に言い訳や理屈はいらない。

私は「今年の株式投資は厳しくなる」という予想をしていました。
現状はその通りになっているように見えます。

ただし、これは予想が当たった状態とは少し違います。

相場を混乱させているのは、ロシアのウクライナ侵攻です。
私が想定していた高インフレや米金融政策は脇役となっています。

当たっているように見えるだけで、現実に起きている出来事は予想とは別物・・。

実際には大ハズレですね。

資産は年初から増えていますが、金投資と債券償還の要素大きいです。
株価の低迷は、年初からドル円が約10%も上昇したことでプラスへ!

私は円高になる可能性も考えていたので、この結果も100%偶然というのが真実

ここから先の相場展開についても想像できていません。

今回は投資の見通しや予想がハズレた時の考え方について書いていきます。

※個人的な投資についての記事で推奨ではありません。
※投資判断はご自身で行ってください。

株価の予想がハズレたら、今までの考えは白紙に戻す

投資で成功している人にはいろいろなケースがあります。
この方法が絶対という正解はありません。

逆に大損する人のパターンは、似た傾向があります。
多いのは“自分の理論が正しい”と固執するパターン。

好調な時は良いのですが、損失が出ている時はとても危険!

「予想と違う・・、これは相場が間違っている」と考えてしまう人はちょっと注意してください。

買った株が下がれば、その時点で予想はハズレです。
「過去の傾向と違う・・」などの理屈は不要です。

そもそも株価には未来の期待が上乗せされているので、小さなことで大きく変化することがあります。

例えば、PER20倍の銘柄は極端に言うと20年分の利益が株価に含まれている状態。

予想ストーリーが揺らいだ時は、当然ですが嵩上げされた株価も修正されます。

PER100倍など期待が大きく膨らんでいる銘柄ならば、修正幅はかなり大きくなります(株価の急落など)。

最近は10%下落のような銘柄も増えてきましたね。

この時に「ストリーは変わったかも?」と自分の予想を白紙に戻せる人は、大きな失敗はしません。

いい意味で自分の事を疑ってみることが大切です。

「投資の神様」が凄いのは、間違いをアッサリと認めること

投資の神様といえば、ウォーレン・バフェットですね。

長期投資で有名なのでインデックス投資のようなマイルドなイメージですが、実際には正反対の運用スタイル。

極端に偏った銘柄への集中投資で成功した“史上最強のアクティブ投資家”とうのが、バフェットの姿です。

そして、この極端な手法で成功を続けているので、彼が率いるバークシャー・ハサウェイの保有株は市場からも注目されています。

関連バフェットの保有株は?ポートフォリオと売買状況

私から見て感心するのが、これだけの凄い投資家なのにミスをあっさりと認めてしまう点です。

「○○の投資は失敗だった」と簡単に撤退します。

一方で大成功している銘柄については、何も触れません。

バフェットとしては頭で描いている通りなので、自慢するような事では無いのかもしれませんね。

彼は別格なので完全に真似するのも難しいのですが、投資で好成績を残している人は同じような傾向はあります。

反対に成績が伸び悩んでいる人ほど、小さな成功を誇ったり失敗を隠そうとします。

一定以上の成績を残している人は、相場が予想通りに動かない事は充分に心得ているので謙虚な人が多いですね。

投資でプラスの話しか出てこないような人は、ちょっと警戒したほうがいいと思います。

【情報編】投資のヒント
投資情報について『何を調べたらいいのか分からない』という相談が増えています。
私が実践する【短時間・簡単】な方法は、以下の記事で紹介しています。
興味がある人は確認してみてください。

投資情報はどうやって集めるの?私が実践するのは週20分の簡単術

予想をするのは問題なし!でも、過信はいけません。

株価予想はハズレる可能性が高いのですが、目標なしでは行動を起こせません。
その点では、予想をするのは決して悪いことではありません。

注意すべきは、過信して集中投資となってしまうパターン。
成功する人もいますが、それは才能と強運の両方を併せ持った一握りの人だけです。

個人的には資産の8割くらいは堅い投資を選択したほうが良いと思います。

株価については予想が難しいと書きましたが、長期で考えると利益成長と連動していく傾向があります。

将来の大切なお金ですから、市場全体への投資を中心にして長期運用していく方が無難だと思います。

また、REITなどは分配金はあらかじめ予想金額が提示されていますし、債券ならば利子も確定しているので計画が組みやすいですね。

このように成功率が高い投資で固めておいて、補足部分を自分の予想で行うくらいで充分です。

現在の市場は、先行きが本当に不透明です。

足元の投資成績は為替に助けられている部分が大きいのですが、この状況が続く保障は全くありません。

ドル円は3ヶ月で10%も上昇したのですから、3ヶ月で元の水準に戻る(下落する)ことも充分に考えられます。

為替のアドバンテージを無かったものとして、株価を見ていくことも重要ですね。

現地ベースの株価がイマイチの時は、何か見落としがある可能性があります。

そんな時は、自分の予想をいったん白紙に戻して再考することも大切!
正解はいつだって、相場にあります。

今回は【相場は常に正しい!予想がハズレた時に言い訳や理屈はいらない。】について書きました。

記事の中で参考になる点があれば運用のヒントにしてみてください。

私の資産運用は『セゾン投信』 コツコツ投資の代表的な商品

私自身の運用について話をすれば、「セゾン・バガード グローバルバランスファンド」の積立がメインです(2022年の運用方針

世界分散投資を専門家に丸投げできるので、ズボラな私にはピッタリでした。
資産配分の修正も全部行ってくれますので何もする事はありません。

セゾン投信については、2021年もR&Iファンド大賞を受賞しました。

私の資産は年々増えているので「凄い!」と言われる事もあるのですが、実際は投信に丸投げしてるだけというのが本当の話です。

資産運用の王道的な資産配分ですので、興味がある人は確認してみてください。

参考 セゾン投信のブログ記事です。

公式 セゾン投信の公式ページを見てみる

資料を確認するだけでも、勉強になるファンドだと思います。

補足:クレジットカード払いも可能(セゾンポケット 最大0.5%還元

セゾンポケット

セゾンの積立投資サービスであるセゾンポケットが注目!

こちらのサービスなら、クレカ払いでセゾン投信の積立が可能です。
※セゾンカードまたはUCカードのみ対応

最低金額やポイント付与など、直販窓口よりも条件面は有利になります。
私も今年からセゾンポケットの利用を開始しました。

関連セゾンポケットのブログ記事です。

公式セゾンポケットの説明/申込(カード作成も可能)
今だけ1000円分のプレゼント特典あり