★取引不要で2000円プレゼント
公式岡三オンライン(口座開設キャンペーン)

資産運用はド定番だけで充分!10年以上の投資生活で分かった事

投資を開始してから15年弱が経過しました。

ただし、最初から現在のような堅いスタイルだったわけではありません。
開始から5年くらいは、日々の株価を気にしながら取引をしていました。

長期投資と言いいながら、頭の中では数か月後の値上がりをイメージして買付をしていたのが実態です。

現在でも似たような思考が湧き上がってくることはあるのですが、そういった投資は全資産の10%以内に留めるようにしています。

その理由は、私の予想って当たらないからです(笑)

もう少し詳しく言うと、半分くらい当たって半分はハズレます。
つまり、サイコロを振っているのと同じです。

苦労した割にはリターンは小さい。その割にドキドキ感(精神的な負担)は凄いのですからマイナス面の方が大きいですね。

今回は私が堅い投資をメインにする理由について書いていきます。

※個人的な投資についての記事で推奨ではありません。
※投資判断はご自身で行ってください。

投資界隈の鉄板予想は、全然あてにならない。

現在の資産運用は、株式投資だけでOKという風潮があります。
債券は金利が低すぎてリターン期待が小さいのが理由。

しかし、約30年前は米国の10年国債利回りが8%くらいでしたので富裕層の資産運用と言えば債券でした。

株式が脇役だった時代もあったという事。

また、現在は米国株が人気ですが、15年前なら新興国株の方が圧倒的に好パフォーマンスでした。

この時は米国株の魅力なんて語ろうものなら、周囲から失笑される状態。

日本を考えても、バブル時代は不動産投資こそが正義でしたね。

いずれの期間も一世を風靡する投資があり、その時には正解と言われていました。
ただし、ずっと正解だったものはありません。

昨年までは米国IT大手のGAFAMが注目されていましたが、最近は勢いが失速してきています。

ナスダック100が最強という状態が続きましたが、昨年から徐々に割高水準という言葉に変化・・。

そして、今年は20%下落で弱気相場入りです。

ここ数十年を見ただけでも、“絶対”と言われていた投資商品が主役から転落するシーンが何度もありました。

現在の正しいとされている投資も、10年・20年・30年先でも同じように評価されているかは分からないという事です。

【情報編】投資のヒント
投資情報について『何を調べたらいいのか分からない』という相談が増えています。
私が実践する【短時間・簡単】な方法は、以下の記事で紹介しています。
興味がある人は確認してみてください。

投資情報はどうやって集めるの?私が実践するのは週20分の簡単術

儲けている人が上手なのは、投資の仕組み作りです。

投資が上手な人のイメージは、相場感や銘柄選定に優れている人ですね。

私も以前は同じように思っていたのですが、実際に資産を増やしている人と話をすると必ずしもそうではありません。

意外にも予想するのは苦手という人が目立ちます。

ただし、仕組みづくりや投資ルールについては徹底している人が多いですね。

短期売買だけで10億円以上の資産を築いた人と話をしたことがあるのですが、勝率は4割以下だと聞いてビックリしました。

基本的には予想と逆方向に動いたら躊躇なく損切り、予想通りなら徹底的に上値を追うというトレードをしているそうです。

損小利大を追求するスタイルの成功例と言えますね。

私も証券会社のサービス機能を利用することで、その考えに近い手法を実践しています。

また、長期投資で資産を大きくした人については、銘柄選定よりも資産配分を重視する人が多いですね。

株式投資は日々の値動きが大きいので、目先の情報が気になりがちです。

しかし専門家の研究では、資産の選定と配分割合(アセット・アロケーション)で投資成果の8割が決まるとのこと。

老後資金などを想定した運用ならば、相場観よりも資産配分に注目したほうがいいと思います。

未来の主役は分からない!だから主役候補を全部買ってます

私は資産が目減りする事に対して、気持ちが弱い方だと思います。

保有資産がある程度減少すると、普段の生活にも影響が出てしまうタイプ。

具体的には、外食に行く回数が減ったり、旅行などのレジャーが控え目になっていきます。

無意識の中で、節約脳になってしまうという事。

また、値動きが大きい銘柄を保有していた時は、毎日のように株価チェック・・。
自信を持って買ったつもりなのに、酷い有様ですね。

私は資産減少のストレスに弱いタイプなので、そうならないような投資を実践しなくてはいけません。

そこで、意識しているのが分散投資の徹底です。

地域分散はもちろんですが、株式・債券・不動産(REIT)・ゴールドと幅広い資産を買付しています。

買付スタイルも時間を分けた積立投資が中心です。

今後の相場状況は分かりませんが、幅広く分散しているので何かしらの資産が主役として活躍してくれると考えています。

大きなリターンは難しいのですが、足元の株式低迷でも資産は維持できています。

私には、この堅いスタイルが合っていますね。

10年以上の投資生活の中で、様々な情報を得てきたつもりですが・・

最終的に行き着いたのは、投資の初心者向きに書かれているような超~基本のスタイルです。

いろいろ思考錯誤をしたのですが、資産運用には特別な情報や裏技なんて必要ないというのが私の結論になります。

今回は【資産運用はド定番だけで充分!10年以上の投資生活で分かった事】について書きました。

記事の中で参考になる点があれば運用のヒントにしてみてください。