トランプ減税に対する米国株の投資スタンスは?シンプルに考えれば簡単

米税制改革が現実味を帯びてきたことで、米国株に投資を行っている人からは「トランプ減税で有利な銘柄は?」といった事への関心がたかまっています。

今回はトランプ減税に対する私の投資スタンスについて書いておきます。

最初に結論を述べておけば、私は従来と違った投資方法や銘柄選定の基準を変更する事はありません。その理由を説明していきます。


2018年:積立を実施する投資信託

「内需株・中小型株に恩恵がある」に注意すべし

トランプ減税の話題になると、「内需株や中小型株に恩恵が大きい」という点から、そういった銘柄を物色する傾向が高まります。

このこと自体は良いと思います。ただし、こういった事が強調されると言葉の意味を見失うケースがあるので注意が必要です。

それは、米税制改革は大型株でも外需比率が高い株でも恩恵はある点。

恩恵がベストかベターかの違いで、基本的に全ての米企業にプラスになるという事です。

つまり、堅い方法は米国市場全体の投資だと考えています。

これは海外ETFのバンガード・S&P500ETF(VOO)バンガード トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を購入すれば簡単にできますので悩むような話ではありませんね。

中長期で見れば、減税よりも業績の方が遥かに重要

内需株や中小型株はトランプ減税の効果があるのは間違いありません。

しかし、減税効果があったからといって、企業の成長力が無ければ全く意味がありません。

トランプ減税がプラス要因である事は間違いありませんが株価を決める決定的な要因ではありません。

つまり銘柄選定では業績が最優先で減税の云々はその後の話。この順序を間違えると大きな失敗になります。

例えば、トランプ政権が誕生した1年前に世間のニュースを思い出して欲しいと思います。「ハイテク株は逆風で大変な年になる」といった内容が多かったような気がします。

しかし、結論を言えば新技術の開発や好調な業績でアップルやフェイブック、アマゾン、エヌビディアといった銘柄の株価は大きく上昇しました。

私は1年後にリターンが大きく目指すならば、トランプ減税の銘柄を物色するよりもハイテク株に投資した方が可能性が高いと予想しています。

ただし、技術開発でトップ企業が一瞬で入れ替わりるセクターでもあるので、私は個別銘柄よりバンガード 米国情報技術セクターETF(VGT)パワーシェアーズQQQ信託シリーズ1(QQQ)といったETFに注目しています。

トランプ減税で投資するなら何?

さて、トランプ減税について書いているので、それに関連する投資についても触れておきます。

一般的に恩恵が大きいのは内需関連の中小型株だと言われています。ただし、こういった銘柄は情報が取りずらいのが欠点。

買いは簡単ですが、売却のタイミングが分かりずらいので、投資経験が浅い人は避けた方が無難です。

では、諦めるかと言えばそうでもありません。これもETFを利用すれば簡単に投資が可能です。

私が良く利用するのは、ウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド(DON)です。

米国の代表指数であるS&P500よりも中長期のパフォーマンスが良好で、直近の3ヶ月も上回っています。

トランプ減税の恩恵を期待するならば面白いと思います。(年率リターン:2107/12/1)

銘柄 3ヶ月 5年
 ウィズダムツリー 米国中型株配当ファンド 7.99%  15.99%
 バンガード・S&P500ETF  7.33%  15.66%

この銘柄に関しては、マネックス証券で購入した場合は、ゼロETFの対象銘柄で手数料が掛かりませんので、少額のスポット投資でも気楽に行えます。

ゼロETFを活用すると投資の幅が広がるのでマネックス証券の口座を持っている人は積極的に活用する事をオススメします。

ゼロETF 海外ETFの売買手数料が実質無料

トランプ減税で私が期待した事

最後に私が今回の報道を受けて期待した事について触れておきます。

記事の前半に、基本的に米企業全体に恩恵があると書きました。つまり、今後の米経済・企業の好調を後押しする材料という事です。

株高になると、「下落するのでは・・」と不安を持つ人が多いのですが、私は現在の状況を見る限りでは、今後も堅調だと考えています。

つまり、来年も私の投資は米国株が中心になっていくという事です。

今回は「トランプ減税に対する米国株の投資スタンスは?」につい書きました。何か参考になる点があれば、利用してみてください。

米国株は証券会社で利益が変わる?!

私は米国株・海外ETFの取引で、マネックス証券を利用しています。
理由は、大きなリターンを得る為の条件が揃っていたからです。

米国株の場合は、各証券会社の取引条件の差が激しいので注意が必要!(利益に大きな差が出る可能性があります)

マネックス証券は指値の有効期間、時間外取引など他社に無いメリットが多く揃っており、優位性は圧倒的だと感じています。証券会社選びで迷っている人は参考にしてみてください。

米国株取引 ネット証券を徹底比較(マネックス証券、SBI証券、楽天証券)

【マネックス証券 米国株】
●手数料は業界最低水準の安さで魅力的です。
時間外取引が可能な貴重な証券会社(凄く重要)
指値が90日間と長いので、ジックリ投資をしたい人は注目。
●売買手数料が実質無料の「ゼロETF」は他社に無い超得サービス。

マネックス証券(米国株)の公式サイトを確認する

ランキングに参加中!(っ′∀`)っ【ヨロシクお願いします】
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ 


今だけ!口座開設で現金が貰えるキャンペーンを実施中
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク