FC2ブログからワードプレスに移転、アクセス数はどうなった?

1ヶ月前にブログをFC2からWordpress(ワードプレス)に移転しました。

パソコンの知識が無い私は、FC2ブログで独自ドメインを取得しているのですが、記事を丸ごと引っ越す方法がわからずに断念。

結果として、FC2ブログに「引っ越しました」というリンクだけ貼って、ワードプレスで0から再出発となりました。

ブログ引っ越しを検討している人にとって、気になるのは移転後のアクセス数だと思います。

今回は、私の移転経験を参考してもらおうと思って記事にしました。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

ネット情報と全然違った・・心配しすぎでした

移転前は「アクセス数が大幅減少するのでは?」と不安でした。

ネット検索をしても半年後とかではアクセス数が大きく伸びている意見が多いのですが、最初の1~2ヶ月は減少するという話が目立ちました。

グーグルなどの検索流入もリセットになるので当然ですね!

私のブログに関しては月のアクセス数は非公開にしているので、増減のPV数だけを大雑把に紹介します。

結論として、ワードプレスに移転した1ヶ月後のアクセス数はどうなったかというと、月間で5万PV以上の増加です。

私がFC2ブログで運営していた時の直近2年間はダラダラと減少して、月間平均はピーク時から2万PVほど減少・・・

移転で半年程度は5万PVくらいの減少は覚悟していたで、この結果はかなり意外でした。

この増加の理由に対して、予想の範囲内で検証してみました。

スマホで見る人の割合が2倍に増えた

検索からの流入は文字通り0になった点は、アクセス数を押し下げる材料です。ただし、このブログに関してはPV数が大幅増になりました。

その理由はスマホでの閲覧数が2倍になった点が大きいと思います。

FC2ブログでは、スマホよりもパソコンで見る人の方が多かったのですが、ワードプレスになって比率が逆転しました。

パソコンで見る人の数が減ったわけではないので、単純にスマホで見る人の数が上乗せになった形です。

FC2ブログの時に利用していたテーマが良くなかったとも言えるので、「移転=アクセス増」とも言い切れませんが、ワードプレスはスマホとの相性がいいような気がします。

ページの閲覧数が伸び悩んでいる人(特にスマホからの読者が少ないケース)は、ワードプレスにしてテーマを見直してみるのも良いと思います。

ちなみに、私がワードプレスで利用しているテーマは「Simplicity2」です。これは専門業者さんがオススメしてくれました。(簡単・無料・検索に強いらしい)

旧ブログからアクセスが多い

新ブログで最初は検索流入数が0になったと書きましたが、旧ブログへの検索流入数は変わりません。

旧ブログにアクセスした人は、そのまま新ブログを見に来てくれる人が多いのでので検索が0になっても関係ありませんでした。

ただし、私の場合は検索から来る人のワードは、ほとんどが「kaoru ○○」といった感じなので、旧ブログもトップページへの検索が大半です。

もしも、旧ブログへの検索でトップページに見に来る人が少なければ、移転先は分からないのでアクセス数が大幅減少になったかも?

基本的に、検索からの流入が少ない人やブログ題名などのトップページに対する検索流入が多い人は、ブログ移転をしてもアクセス数の減少は心配しなくて良いと思います。

ブログランキングは全く変化なし

現在、ブログランキングに登録しています。

私のブログは、ランキングから訪問者は全体の5%くらいしかないので増加を期待しましたが・・・残念ながら全く変わりません。

10%くらいになると、ランキングへのモチベーションも上がるのですが・・

予想はしていましたが、ランキングとブログ移転の関連性は小さいですね!(感覚としては0%に近い)

逆に言えば、ランキング経由の読者比率が高い人は、移転でアクセスが減る可能性は無いと言えます。検討している人は早めの実行がオススメ。

先延ばしにすると、検索からの流入が増えてくるので、移転するのに勇気が必要になります。

記事を書きまくったのが良かったかな?

移転した場合のアクセス数についてネガティブ情報が多かった事と、新ブログの記事が少なくて見栄えが悪かったので、最初は更新頻度を高めました。

週3回の更新を週5回にした感じです。これで、読者の訪問頻度が上がったのでPV数が伸びた可能性はあります。

更新頻度が以前のペースに戻った場合は、アクセス数が減少という事も考えられますね。

基本的に更新頻度を上げるのは、アクセスアップで最も簡単な方法だと実感しました。

つまり、移転してアクセスが減るような事態になっても、更新ペースを上げていけば回復させるのは容易。最初はチョット頑張った方がいいかな?

また、記事を書くことで予想外の気づきもあります。このブログで言えば資産運用について中心に書いているのですが・・・

記事当日のアクセス数で上位になったのは副業・節約関連でした(笑)

1位ふるさと納税の選択肢10倍?“ふるさとチョイス”の利用をすすめる理由
2位マクロミルの稼ぎ方!毎月1万ポイント以上を得ている私の方法
3位マジ?老齢年金の「支給額が減る」「年齢の引き上げ」は覚悟すべし

この結果は、今後のブログ運営を考える上でとても参考になりました。ただ、資産運用の記事を書いている時の方が楽しいので、基本は今まで通りです。

ブログ移転は心配無用?メリットが多い

結果から言うと、私のブログ移転は大成功でした。
最初は0だった検索流入も日を追うごとに増えています。

検索流入に関して言うと、ワードプレスの凄さを実感!
とにかく検索に強いですね。

私のブログに関しては言えば、ちょうど1ヶ月くらい(約20記事)から検索からの読者が増えてきました。

この点については、すべてのブログ移転で同様の結果になるかは分かりません。

大きな違いは、記事に対してグーグルの評価が高い点です。

ワードプレスに移転してから、瞬間風速のように検索からのアクセス数が跳ね上がる時が度々あります。これはFC2ブログでは全く無かった事ですね。

検索流入が中心になるとアクセス数が安定するので、究極的には自分が書きたい時に更新するだけでも大丈夫かな?

無料ブログは「気楽でいい」という話を良く耳にしますが、長期的にはワードプレスに移転した方が検索に強いのでマイペースで楽しく運営できると考えています。

読者の大半をランキングや相互リンクに依存している人は、移転してしまった方がアクセス数が伸びる可能性は高いですね。

移転を考えている人に補足

WordPress(ワードプレス)に移転を考えている人に補足事項があります。それは、費用が発生する点です。

ワードプレスは無料なのですが、利用するにあたりレンタルサーバーを契約する必要があります。また、独自ドメインも取得する必要があるので、月間費用で1000円程度は発生します。

これは、完全にデメリットですから、この費用を考えた上で移転の有無を考えなくてはいけません。

中長期では無料ブログよりもワードプレスの方が圧倒的にアクセス数が期待できますから、ブログを使ったお小遣いを考えている人や、自分のブログをもっと多くの人に見てもらいたいと考えている人は移転がオススメ。

そういった理由が無ければ移転する必要はありません。

FC2ブログに関しては、私の場合は途中からアクセス数が増えなく微減へ転じました。やはりアクセスが増えないと気持ちも盛り上がらないので移転して良かったと思っています。

超ど素人はこの一冊
ワードプレスの初心者向きの本はたくさん出ていますが、ブログも書いた事が無いような超~初心者向きとなるとほとんどありません。
はじめてのブログをワードプレスで作るための本」は、“超ど素人”向きに書かれた貴重な一冊です。

レンタルサーバーはエックスサーバーの1択

ワードプレスでブログを運営するには、レンタルサーバーの契約が必要になります。

レンタルサーバーですが、私のようにPCの知識が乏しい人はエックスサーバーの1択です。(他はちょっと難しいかも?)

「簡単、早い・・」などのメリットはあるのですが、最大の理由は問題が起きた時の選択肢が多い点。

現在はサイト系の業者はワードプレス&エックスサーバーが主流。また個人ブロガーもこの組み合わせが多いです。

つまり、突然のトラブルなどで困った時に相談しやすい環境にあります。知識が無い人は、多数の人が利用しているサーバーの方が安心。

また、ネットを検索すればエックスサーバーなら、分かりやすく説明しているサイトが山ほどあります。

専門業者にレンタルサーバーの相談をすれば9割以上の可能性でエックスサーバー推薦されるかな?私は3社に確認して全てエックスサーバーを薦められました。

↓公式サイトはこちら↓


今回は「FC2ブログからワードプレスに移転!アクセス数はどうなった?」について書きました。

かなりマニアックな内容ですが、ブログを運営してる人で気になっている人が多いようなので今回は番外編ですね。もしも役に立つ内容があれば参考にしてみてください。

私が移転後の感想は、「もっと早く移転すれば良かった」という言葉に尽きます。

補足ですが「はじめてのブログをワードプレスで作るための本」は、エックスサーバーの設定方法や独自ドメインの取得方法も丁寧に書いてあります。自信が無い人は、本の通りに進めれば大丈夫です!

ランキングに参加中!(*´∇`)ノ ヨロシクネ~♪
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ 


今だけ!口座開設で現金が貰えるキャンペーンを実施中

フォローする