「熊魚菴 本店(たん熊北店)」個室ランチを満喫!紅葉の時期におすすめです。


★Photo by kaoru:熊魚庵(デザートの器)

“一度は行ってみたい高級料亭・割烹”に突撃するシリーズです。
今回は京都の南禅寺にある【熊魚庵(ゆうぎょあん) 本店】です。

こちらは京都の名店、“たん熊北店”の系列です。

【たん熊北店 本店】は以前に訪問して、松花堂弁当に度肝をぬきました。

【熊魚庵 本店】のある南禅寺周辺は、京都(日本)を代表する名店が揃います。

まんが“美味しんぼ”で究極のお粥として紹介された南禅寺 瓢亭、座敷からの美しい眺望が有名な【美濃吉 竹茂楼】

その傍にある【熊魚庵 本店】は、とてもヒッソリと営業しています。
完全予約制で看板すら出していない状態。

・・でも、春や秋だと予約がなかなか取れない人気店です。

今回はシーズンオフのタイミングで訪問。
その時の感想について書いていきます。

結論としては“予約がとれないのも納得”です。

【衝撃】お店の看板がないのに、場所がすぐに分かる

私がこのお店に予約をとったのは7月の下旬です。

普段の行いが悪いのか・・、
朝から晴天で35度という過酷な状態でした。

タクシーで乗り付けてくる人が多い中、私は当然のようにバスです。
(`・ω・´)キリッ ←庶民代表(笑)

さて、バス停から数分とありますが、看板が無いので見つけられるか不安。
迷うことを想定して予約の30分前に到着しました。

地図を頼りに細道を歩いて行くと・・・
すぐに発見!

その理由は、着物の女性がお店の外で出迎えてくれたからです。

繰り返し書きますが、この日は35度の灼熱地獄ですよ。
そして、私が到着したのは予約の30分前!

・・・・・・・・

それなのに、この女性はマスク越しから笑顔で『kaoruさんですか?』『お待ちしてました』と涼やかにおっしゃいました。

(*゚0゚)アンタすげぇよ!

完全個室でランチを堪能。四季を感じるメニューに観光気分

こちらが人気が高い理由の一つに、お財布に優しい点があります。

近くにある【瓢亭 本店】なら、ランチでも2万5千円から・・。
一般庶民は立ち入り禁止状態です。
※瓢亭 別館はリーズナブルです。

【熊魚庵 本店】ならお昼の会席でも6000円程度からです。
σ(o’∀’o)←最安で即決

今回はコロナ感染が拡大していた時期なので、個室を選択しました。
カウンター席が美しいことで有名なので、本当はそちらにしたかったのですが今は我慢・・。

個室は広く清潔観がある贅沢な作りで、丸窓から見える景色は緑があふれています。

そして、運ばれてきた最初の料理がこちら!


★Photo by kaoru:熊魚庵(料理①)

とても涼しげですね。
見ているだけで幸せな気分になります。

その後も次々と京都を感じる料理が出てきます。
吸い物も上品でした。


★Photo by kaoru:熊魚庵(料理②)

お造りも出てきたのですが、お醤油が2種類あります。
1つは液体の通常タイプですが、もう1つは泡状になっています。

初めて泡醤油でたが、お刺身にシッカリと絡む感じて新体験でした。
お造りも新鮮で言う事なしです。

次に焼き物が配膳されてきます。


★Photo by kaoru:熊魚庵(料理③)

こちらも上品で抜群の焼き加減です。
しかも、焼きホタテもあります。
ホタテ(♥>△<♥)大好き♡

途中には冷やし物で手延べそうめんもありました。
こちらも、お洒落ですね。


★Photo by kaoru:熊魚庵(料理④)

いっぱい写真を貼っていますが、全部で8品あるのでだいぶ厳選しています。

夏を代表する京野菜である”賀茂なす“の田楽、ともうろこしご飯などもありました。

とうもろこしご飯は尋常じゃない美味しさでした。

最後の季節のデザートは一気に食べてしまい、写真を撮り忘れ・・・
ブログ記事のトップ写真は完食後の器です(笑)

これで、6050円(税・サ込)です。
職人さんのレベルも高く、料理に季節を感じるので観光をしているような気分になります。

今回のメニューは7月の内容ですが、翌月は全て内容が変わっていました。
いつ行っても旬な食材が提供されるのが魅力です。

これは、人気店になるのは当たりまえですね。

お店の周囲は静かで美しい!観光と合わせて行きたい場所


★Photo by kaoru:熊魚庵の周辺

【熊魚庵 本店】の周辺は紅葉で屈指の名所である南禅寺永観堂がすぐそばにあります。

また、この周辺は明治以降に別荘地と開発された経緯もあり、どこを歩いても雰囲気がいいですね。

時期外れの夏訪問でしたが、それでも青紅葉の美しさに感動しました。
これは、絶対に秋にも行きたい・・・

紅葉狩りと【熊魚庵 本店】の組合せは最高だと思います。
(女子なら100%楽しい地区です)

興味がある人は、メニュー等を確認してみてください。

メニュー京料理 熊魚菴本店

今回は「熊魚菴 本店(たん熊北店)」個室ランチを満喫!紅葉の時期におすすめです。について書きました。

季節が変わるごとに訪れたくなる素敵なお店です。

ちなみに、ふるさと納税でもランチ食事券の取扱いがあります。
こういった制度を利用するのもいいと思います。

ふるなび【熊魚菴 たん熊北店】ペアランチお食事券
※寄付金額は4万円

たん熊北店:料亭おせちの中でも圧倒的な人気です。

【熊魚菴 たん熊北店】に興味はあるけど、訪問するチャンスが無いという人もいると思います。

そういった人達に注目なのが年始のおせち料理です。
たん熊北店のおせちは、百貨店で大人気!

毎年、料亭おせちの中でも1位・2位を争います。
人気ベスト10のうち半分以上が“たん熊北店”になることも珍しくありません。

私は年間でおせち料理だけで30万円以上を使うこともあり、いろいろな種類を食べています。

たん熊北店は実際に食べましたが、さすがの出来でした。

種類は1万円台~10万円台の高級おせちまで幅広い品揃えです。
ただし、生おせちは人気が高いので早めに予約した方が良いと思います

実際に食べてみた感想については別記事にまとめていますので、興味がある人は覗いてみてください。

もちろん、私は予約済みです。
販売している百貨店等も記載しています。

※WEBでおせち情報は多いのですが、実食せずに各社のホームページ上の内容をコピペしているだけの物が多いので注意してください。

尚、たん熊北店のおせちはふるさと納税でも扱っています。
こちらも注目ですね。

ふるなびたん熊北店(おせち一覧)

【決定版】2022年 美味しいおせち
本当に満足できる“おせち”を教えます!
10種類以上(約30万円)を毎年購入!“おせち女子”の私が徹底レポート。
【自信】自分で食べているから言える、本音の評価。
【本気】お客様用なので、おせち選びに妥協なし。

食べ比べて実感!本当に美味しい「おせち」ランキング【2022年版】

★緊急追加★ 婦人画報から『10周年特別企画のおせち』が登場

婦人画報の10周年企画で、「懐石 辻留」として初の豪華三段重が誕生しました。
(税込 129,600円)

辻留といえば茶道裏千家の流れを汲む懐石料理の名門です。
私もお弁当を食べたことがありますが、あまりの美味しさに驚きました。

高級志向の婦人画報の特別企画というだけあって凄いですね。

詳しくは以下の記事にまとめたので興味がある人は覗いてみてください。