3月の株主優待は驚愕の800超え!今月の投資はココに集中です


ついに、株主優待の大祭典がやってきました。
3月は株主優待の銘柄数は約800超え!完全な別格月です。

800という数字が優待の中でどれくらい凄いかは、以下の表を確認してもらえば分かると思います。

各月の大まかな優待数(2020年)
1月 30 4月 30 7月 30 10月 30
2月 140 5月 30 8月 110 11月 40
3月 830 6月 110 9月 420 12月 180

1年のうち約半分の月は50未満ですから、800以上という数字は別次元です!
ちょっと乱暴に言えば、優待取りは3月だけ参加すればOKですね。

ちなみに、私は3月の目標は20銘柄と設定しました。

これくらいの獲得を目指すと、一時的とはいえ大きな資金が必要・・
基本的に 3月投資は優待に集中 する予定です。

現在は市場がウィルス関連で不安定・・・、経済への影響がどれくらいになるかハッキリしません。

こういった時は一時的に上昇しても再び大きな下げがくることがあるので慎重に行動する必要があります。

その点、優待取り(クロス取引)は値動きリスクは無視できるのでガンガン攻められますね。

株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》
(私が優待取りで行う鉄板手法)

ただし・・

値動きによる損失リスクが無いに等しいので、最近はこの手法を使う人が急増!
その反動で人気銘柄の獲得が難しくなってきています。

私自身も、この手法での優待獲得は以前と比べて半分以下・・

もっとも、過去の経験では3月や9月のように銘柄数が多い時は、投資家の狙いも分散するので比較的容易に獲得できる印象です。

最近の獲得減少を3月優待で一気に取り返したいと思います。
シュッシュッ(((ง’ω’)و三 ง’ω’)ڡ≡ ←超~ヤル気です(笑)

人気優待はドルコスト平均法で獲得?

私は一部の人気優待に関しては、クロス取引での獲得が厳しいので通常買付で確保するようにしています。

その時に利用しているのがSMBC日興証券の【キンカブ】

投資信託のように金額指定で個別株の買付ができます。
(例:吉野家HDを1000円分だけ購入)

さらに、100万円以下は買付手数料が無料。

 積立設定ができる ので、買付タイミングを考える必要もありません。
(例:吉野家HDの株を毎月1万円分づつ買付)

優待銘柄など長期保有をする株式の買付に相性が良いので、こちらも選択肢の一つとしてオススメです。

⇒ 株主優待の新常識! 買付タイミングを悩まない『キンカブ』に注目せよ

SMBC日興証券の公式ページはコチラ

kaoruが注目する3月の株主優待は?

毎月、注目の銘柄を書いていますが・・800以上もあると選出が不可能。
各社とも、優待を競い合うような状態で目移りするばかりです。

クオカードのような金券から優待券、地方特産品・・とにかく凄い数があります。
人気が高い銘柄を一部だけですが、リストアップしておきます。

オリエンタルランド(コード4661)

ディズニーランドでお馴染みですから、説明は不要ですね。
3月は「1デーパスポート」が100株保有で貰えます。

9月も優待があるのですが400株以上でハードルが高いので優待狙いなら3月ですね。
ただし、株単価が高いので約130万円の資金が必要・・

私は食事券や特産品が好きなので、こちらは残念ながらスルーですね。

日本航空・JAL(コード9201)

3月は100株で「国内線の50%割引」が1枚貰えます。
9月の優待だと200株が必要なのでこれも3月の方が有利!

新型肺炎の影響で昨年よりも株価が昨年よりも3割程度も安い。
資金的は30万くらい必要ですが、注目銘柄の一つです。

この株主優待割引は、ゴールデンウィークやお盆でもお得に利用できるので、旅行好きにはたまりません。

チムニー(コード3178)

居酒屋「はなの舞」「さかなや道場」などを展開しています。こちらは100株で5000円相当の優待食事券が貰えます。

近くにお店が無い人は、オリジナル商品セットと交換が可能!
実はこれが『野菜セット』や『干物セット』があってオススメです。

資金的には20万円程度が必要ですね。

日本商業開発(コード3252)

不動産のデベロッパー。
こちらは300株で3000円分のジェフグルメカードが貰えます。

優待内容が良いので激戦になるかと思いきや?けっこう穴場になります。
300株というのが敬遠される理由かもしれませんね。

資金的には300株だと50万円程度が必要です。

優待数が多いので、早めに調べておこう!

3月に関してはとにかく優待が多いので、探すだけでも時間がかかります。
早めに銘柄だけは、絞っておくと良いでしょう。

銘柄の選定に関しては言うと、SBI証券auカブコム証券の2社は優待検索が見やすいのでオススメ。

関連株主優待のおすすめ証券会社は?比較ランキングで徹底解説

上記以外で個人的に気になった銘柄は、以下にまとめています。興味がある人は覗いてみてください。

【3月銘柄の権利日・詳細】
⇒ 3月の株主優待~注目銘柄をピックアップ~

優待クロス取引の比較 現在のNO.1証券は?

優待は非常に魅力的ですが、株価変動でそれ以上の損失を出しては意味がありません。この値動きリスクを避けて株主優待を取れることで人気なのが『優待クロス取引』です。

優待クロス取引は、株価の値動きを気にせずに優待だけが貰える裏ワザです。

クロス取引の方法については別ページで詳しく説明していますので、興味がある人は覗いてみてください。

株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

さて、優待のクロス取引については、一般信用売りの取扱い数が多い証券会社ほど有利になります。

2020年7月31日時点で人気のネット6証券の取扱い数は以下の通りです。

SMBC日興証券 auカブコム証券 楽天証券
約2100銘柄 約2500銘柄 約1450銘柄
マネックス証券 松井証券 SBI証券
集計中 約950銘柄 約200銘柄

auカブコム証券のSMBC日興証券の強いですね

私自身も優待取りに関してはSMBC日興証券auカブコム証券の2社を中心に実施していく予定。(コストは日興証券が有利)

大手証券の日興と三菱系のカブコムは、株調達の優位性で他証券より一歩先を行っている印象。

余談ですが、私は 日興証券の『キンカブ』がお気に入り です。
個別株やETFを投資信託みたいに金額買付(A株を1000円だけ買いたい)ができるのが魅力!

個別リートで積立買付ができる貴重な会社としても注目です。

SMBC日興証券の公式ページを確認する