今後の注目は日本株?私が米国株よりも期待している理由

市場全体が軟調ですが、この時期に関しては例年通りとも言えますね。
私は9月~10月が弱く、年末上昇というイメージを描いています。

さて、前回は米国の成長株について“中期的に上昇ペースが鈍化するリスク”があることについて書きました。

これは利上げを想定した話なので、実際には少し先の話になります。

ただし、足元から来年について考えた場合でも、米国市場には不透明要素が多い・・。

それと比較して好材料が増えてきているのが日本株です。
短中期的には、海外から資金が流入しやすい状況と考えています。

私は長期投資では米国が有利という視点ですが、ここからの1年は日本株の方が高パフォーマンスになる可能性があると想像しています。

海外投資がメインの私ですが、今回は日本株について書いていきます。

※個人的な投資についての記事で推奨ではありません。
※投資判断はご自身で行ってください。

ワクチン接種が進む日本!出遅れが幸いして追い風になる?

米国はワクチン接種のスタートダッシュがよくて、一時はコロナウイルスの抑え込みが成功したように見えました。

経済回復も進んだこともあり、株式市場に世界から資金が流入。
現状としては世界株の中でも割高水準にあると考えています。

一方で日本はワクチン接種が先進国の中では大きく出遅れました。
更に夏場に第5波が猛威をふるったので、企業の業績にも不安があります。

しかし、足元では状況は好転!

米国はウイルスが再拡大していますが、日本はワクチン接種も進み感染者数は急減しています。

ワクチン接種率に関して言えば、日本は年末に先進国でトップ水準になるという予想!

この状況でどっちが面白いかと言えば、日本株だと思います。

米国株は期待先行で成長株を中心に割高水準です。
好決算でも株価が下落するシーンも増えてきました。

企業の業績が急回復となった反動もあり、来年は成長スピードが鈍化する可能性も意識されている印象です。

一方で日本株は経済活動の本格再開が今からになります。
企業の業績は来年も強くなる期待があります。

長期スタンスは別としても、短中期的には世界の投資家が日本株に注目する可能性は充分にあると思います。

政治が盛り上がる日本!支持率が低下中のバイデン大統領

日本は少し前までは内閣の支持率低下で衆院選は自民党が大きく議席数を減らす不安がありました。

しかし、菅首相の退陣表明で状況は一変!
今月末に開票予定の衆院選については自民有利なのは明らかです。

岸田新総裁となった点は若干トーンダウンですが、「年内に数十兆円規模の経済対策を策定する」と表明している点は注目です。

一方で米国のバイデン大統領ですが、アフガニスタン駐留米軍撤退の進め方への批判、新型コロナウイルス感染再拡大などもあり支持率が低下中です。

政治面で明るい雰囲気のある日本とは真逆の状態ですね。

また、金融政策についても米国はテーパリングが年内から実施される見通しですが、日本は金融緩和が続くと予想されています。

最終的に米国が利上げとなった場合には、日米の金利差拡大で円安になる可能性もありますね。

足元だけを見れば、日本株の方が条件が並んでいます。

日本株のは海外投資家の影響が大きいのですが、政治動向に注目する傾向があるので経済対策や支持率には注目ですね。

PERなどの数字上は米国株よりも遥かに低い数値なので、日本市場が反発する事は充分に考えられます。

私は長期的には米国株が有利と見ていますが、足元から1年程度については日本株の方が強くなることも想定しています。

【情報編】投資のヒント
投資情報について『何を調べたらいいのか分からない』という相談が増えています。
私が実践する【短時間・簡単】な方法は、以下の記事で紹介しています。
興味がある人は確認してみてください。

投資情報はどうやって集めるの?私が実践するのは週20分の簡単術

何が上昇するかは分からない!TOPIXや投信を買う戦略です。

日本株について期待はしているのですが、私にはどの銘柄が有望なのか判断がつきません。

投資対象としては日本市場の全体を対象とするTOPIXのETF、あるいはアクティブファンドに注目しています。

ちなみに、アクティブファンドはインデックスファンドに負けるという話は米国市場の話です。

日本では市場平均を大きく上回るアクティブファンドが多いので、一般論として広がっている認識は捨てた方がいいですね。

関連インデックス投資って正しいの?投資信託のタブーに斬り込む!

私自身は「スパークス・新・国際優良日本株ファンド」を積立しているので、それを増額しました。

こちらはファンド賞の常連ですね。
日本の大型株で好成績を維持している珍しい投資信託です。

別の記事で詳しく紹介していますので興味がある人は覗いてみてください。

尚、あくまでも長期投資の主役は世界株や米国株です。
日本株については期待していますが株式全体の15%迄と考えています。

今回は 今後の注目は日本株?私が米国株よりも期待している理由 について書きました。

記事の中で参考になる点があれば、運用のヒントにしてみてください。

私は米国市場への投資比率が高いので、ついつい贔屓目になってしまいます。
しかし、他にも目を向けるとチャンスが転がっていることに気が付きます。

米国株に強気であることは変わりませんが、定期的に自分を疑ってみることは大切だと考えています。

凄いぞ松井証券!投資信託の現金還元サービス

私が積立している「スパークス・新・国際優良日本株ファンド(愛称:厳選投資)」については松井証券で買付しています
※年間で保有額の約0.4%がキャッシュバックされます。

信託報酬(コスト)はどの証券会社で同じなのですが、松井証券だけは例外!

この証券会社は、信託報酬の販売会社の取り分のうち 0.3%を上回る部分を現金還元 するサービスがあります。

私はこのサービスが始まってからは、アクティブファンドは基本的に松井証券で買付しています。

松井証券は投信の買付手数料は0円ですし、毎日積立もワンタッチで設定可能。

この『現金還元サービス』は非常にお得なので、投信を中心に運用している人は口座を持っておいて損は無いと思います。

公式 松井証券の公式ページを見てみる

参加中です!

★にほんブログ村 に参加しています。
٩(ˊᗜˋ*)وえいえいおー!

資産運用~貯蓄まで「ためになる話」がいっぱいです。

にほんブログ村 米国株

にほんブログ村 家計管理・貯蓄

にほんブログ村 新規公開株

 

~よく読まれている記事~


特徴① 株取引最大200万円まで手数料無料
特徴② IPO申込時の事前入金は不要です!


~よく読まれている記事~
2022年 kaoruの運用・投資方針
配当は安心感を生む!収入源を増やす為に保有している4つの商品
米国株を買うタイミングは簡単!ど素人でも分かる仕掛けの勘所

フォローする