SBI証券のクレカ積立に歓喜!永久無料の三井住友カード(NL)を作りました

人生100年時代の備えとして【投資信託の積立】を実践する人が増えています。

「長期・分散・積立」は投資リスクを抑える3つの基本と言われており、資産運用にもピッタリですね。

この積立投資に関する注目のサービスが、ネット証券最大手のSBI証券より発表されました。

SBI証券
クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」
2021年6月30日(水)よりスタート。

クレジットカードで対象となるのは「三井住友カード」です。
買付額に応じて Vポイント が貯まる嬉しいサービス。

私も年会費無料の三井住友カードを即申込を行いました。

今回は『SBI証券×三井住友カード』の強力タッグによる実現した投信積立サービスについて解説します。

尚、2021年12月まではスタートダッシュキャンペーンでポイント付与率が3倍になるので、早めの開始がお得です。

投信積立はカード払いが断然お得!10年で最大3万円相当も得する

積立投資は長期投資が大前提です
少額を毎月積立していき、10年~20年で資産アップを目指す手法。

コツコツ積立をするだけの簡単な手法ですが、クレジットカード払いにするとポイントが付与されるので更にお得です。

「SBI証券×三井住友カードの投信積立サービス」では決済金額に対して0.5%分のVポイントが付与されます。

たった0.5%と侮ってはいけません。

例えば毎月5万円を積立した場合は、年間で3000円分のVポイントが貰える計算になります。

10年なら3万円・・、20年なら6万円ですね。
小さなポイントも長期で考えると大きなインパクトです。

しかも、積立投資では最初に設定すれば基本的にホッタラカシですから手間は掛かりません。

カード払いの積立は断然お得なので積極的に活用することをオススメします。

尚、このサービスはSBI証券の口座を持っている人が対象ですので、興味がある人は口座開設を事前に行っておきましょう。

公式 SBI証券 口座開設(無料)

三井住友カードによる「投信積立サービス」概要

投信積立サービス(クレジットカード払い)について説明します。

対象者 SBI証券の証券総合口座保有者
対象商品 積立買付が可能な投資信託
口座 特定、一般、NISA、つみたてNISA
買付日 毎月1日
金額上限 上限額5万円
ポイント率 決済金額の0.5%(Vポイント)

当り前の話ですが、クレジットカード払いでの金額は指定の金融機関から引き落しになるので証券口座への入金は不要です。

買付日に関しては毎月1日という指定があるので、毎日積立はできません。

NISA・つみたてNISAの非課税口座も対応している点は嬉しいですね。
投資初心者の人は、つみたてNISA・NISAは注目です。

補足:投資信託の保有残高に対してもポイントが付きます。

SBI証券では上記以外にも、投資信託の保有残高に応じてもポイントが貯まる「投信マイレージサービス」もあります。

買付時のVポイントに加えて、保有残高に応じてもポイントが貰えるという事です。

積立投資は期間が長くなると保有残高も大きくなっていくので嬉しいサービスですね。

「投信マイレージサービス」で付与されるポイントは原則としてTポイントですが、三井住友カード経由で口座開設した場合に限りVポイントとなります。

ポイント付与率は、保有残高で2段階に分かれています。

1000万円未満 年率0.1%相当のポイント
1000万円以上 年率0.2%相当のポイント

※低コスト投信など一部の商品は0.1%未満の付与率となります。

さて、カード払いによるポイントメリットが理解できたと思うので、次にオススメのカードとVポイントについて説明します。

相性が良いのは年会費無料の「三井住友カード(NL)」。

「SBI証券の投信積立サービス」に対応しているのは「三井住友カード」だけ。
私はカードを持っていなかったのですぐに申込をしました。

選択したのは「三井住友カード(NL)」です。
投信積立を中心に考えるなら、これ一択だと思います。

最大の特徴は【年会費が永久無料】という点。
ハード利用するわけでは無いので、やはり年会費は0円がいいですね。

ちなみに、このカードは200円(税込)ごとに1ポイント1円相当のVポイントが付与される仕組みです。

基本は0.5%還元ですが、大手コンビニ3社とマクドナルドの利用ではプラス2%還元で合計2.5%還元となります。

更に電子マネーであるVisaのタッチ決済で支払うと更に+2.5%が上乗せされて合計5%還元

投信積立専用と考えいましたが、普段使いでも重宝しそうですね。

年会費無料ですので、これからカードを作る人にとって「三井住友ナンバーレスカード(NL)」は最有力候補と言ってよいでしょう。

公式 三井住友カード(NL)

★期間限定キャンペーン
三井住友カードでの投信積立は通常0.5%分のVポイントが貰えます。
以下の期間はスタートダッシュキャンペーンで、1.5%分のVポイントを獲得となります。

期間:2021年6月30日(水)~12月10日(金)

【補足】Vポイントの使い道は?

「Vポイントの使い道は・・?」という疑問を持っている人もいると思います。

個人的におススメの利用方法を紹介します。

注目は、スマートフォンアプリ「Vポイント」を利用する方法。

貯まったポイントを1ポイント=1円でプリペイドの残高に移行します。
あとは普通にコンビニなどの支払いとして使うだけです。

この使い方らなら事実上の現金と同じですね。

あとは、キャッシュバックでもいいと思います。
カード払いの金額に充当する方法です。

それ以外にも、Amazonギフト券やVIZAギフトカードに交換することも可能。

ちなみにVポイントの有効期限は獲得月から2年間となっています。
2年経過した地点から1ヶ月分づつ自動的に失効していくので注意してください。

三井住友カード(NL)

SBI証券で積立投資をするなら、カード払いがおすすめです

SBI証券では投資信託の取扱いが2500本以上で国内最多水準。
ネット証券最大手なので、利用している人も多いと思います。

そしてついに待望の【投信積立のクレカ払い】がスタート。
投信積立を行っている人にとっては、利用しなければ損!といっても良いサービスですね。

私は積立投資を資産運用をしているので上限の5万円で設定します。

投資は将来を100%約束するものではありません。
しかし、そんな中にあってコストだけは自分でコントロール可能

クレジットカード払いで得られるポイントは事実上のコストダウンになります。

こういったサービスは積極的に活用した方がいいですね。

今回は【SBI証券のクレカ積立に歓喜!永久無料の三井住友カード(NL)を作りました】について書きました。

記事の中で参考になる点があれば、参考にしてみてください。

公式 SBI証券 口座開設(無料)

公式 三井住友カード(NL)

★期間限定キャンペーン
三井住友カードでの投信積立は通常0.5%分のVポイントが貰えます。
以下の期間はスタートダッシュキャンペーンで、1.5%分のVポイントを獲得となります。
期間:2021年6月30日(水)~12月10日(金)