ふるさと納税の選択肢10倍?“ふるさとチョイス”の利用をすすめる理由

2008年から開始されたふるさと納税も10年以上となります。

寄付した金額の税金控除システムに加えて地域から送られてくる返礼品が大人気!ここ数年で爆発的に拡大しました。

もちろん、返礼品よりも自治体や地域を応援したいという気持ちで寄付をする人もいます。

ただし、お礼の品はその地区の名産品や地元食材、工芸品など地域の活性化に繋がるものですから遠慮する必要はありません。

さて、ふるさと納税の人気が高まるに従い、専門に扱うポータルサイトが次々に出現。各サイトではポイントやマイルが貰えるなど様々な特徴があります。

今回は、ふるさと納税サイトの激烈な競争の中にあって、利用者が非常に多い“ふるさとチョイス”をクローズアップ!

どうして、多くの人から支持されるのか?その魅力について紹介します。

掲載自治体数が他サイトを圧倒!掲載自治体数は1700以上

ふるさと納税サイトには大手と呼ばれるサイトがいくつかあります。それぞれ特徴があるのですが、“ふるさとチョイス”の強みはズバリ選択肢です。

以下に人気の4大サイトの特徴を表にまとめましたので確認してください。

サイト名 掲載自治体数 人気の理由
ふるさとチョイス 1700以上 圧倒的な情報量 選び放題
さとふる 500以上 キャンペーン、クレカ払い
楽天 ふるさと納税 200以上 楽天市場に出店 ポイント利用可
ふるなび 200以上 電化製品 ギフトカードが人気

“ふるさとチョイス”の選択肢は段違いですね!

ブログの題名に「選択肢10倍」と書きましたが、それすら相当に控えめな数字だということが分かると思います。

「ふるさとチョイス」の公式サイトを見てみる

ポイントよりも選択肢を優先した方が得する?

上記の表を見て、「選択肢よりもポイントの方がお得じゃん!」と感じた人もいると思います。

実は私も以前はポイントが貰えるサイトを利用していたので、この気持ちは分かります。

しかし、最近になって感じるのですがポイントよりも、選択肢が多い方が魅力があると思うようになりました。

ふるさと納税は、各自治体によって取扱う返礼品がバラバラ

そして、選択肢の多ければ本当に欲しいものに出会える確率が高まります。

ポイントはオマケに過ぎませんので、こちらを優先にしてしまうと、「ポイントは付いたけど・・あっちの方が良かった」という結果になりかねません。

トータル的な満足度を考えた場合は、選択肢を優先した方が良い結果になると思います。

次は“ふるさとチョイス”ならこんな物まで見つかるという一例を紹介します。

“ふるさとチョイス”だけの限定品がたくさん

ふるさと納税の自治体掲載数が最大級という点だけでも満足度が高いのですが、それに加えて“ふるさとチョイス”でしか手に入らない限定品もあります。

その数ですが、驚愕の約6000品!
※ふるさと納税寄付としての限定です。店頭や通販サイトでは購入できる場合もあります。

他のサイトでは味わうことのできない希少なお礼の品があるのは嬉しいですね。

興味がある人はホームページでジックリ確認してみてください。

ふるさとチョイスの限定品を見てみる

ふるさと納税、カテゴリー別の人気トップ3

ランキングはふるさと納税の利用率NO.1と言われている『ふるさとチョイス』のランキングページの情報を元にしています。

2019年4月29日~5月28日の7日間の期間に対して、ふるさとチョイスの果物・米・肉の人気3カテゴリーのランキングを紹介します。

果物 人気トップ3

果物カテゴリーは年間を通して人気があります。
季節品ですので、その時期によって順位が大きく変わります。

シャインマスカットに人気が集中しています。果物系は先行予約でどんどん無くなるので早めに申込む事をオススメします。

順位 自治体 寄付金 内容
1位 佐賀県 上峰町 10,000円 【先行予約】シャインマスカット2㎏
2位 山梨県 富士吉田市 10,000円 【山梨県産】高級シャインマスカット2房~3房(約1.4kg)
3位 佐賀県 伊万里市 10,000円 初物!伊万里太陽の梨自宅用7月出荷「幸水」(たっぷり5kg)

楽天 ふるさと納税さとふるでも類似返礼品を扱っていますが、2位になった商品は「ふるさとチョイス」の限定品です。

お肉 人気トップ3

ガッツリ系といえばお肉。上位の入れ替わりが少ないカテゴリーです。

普段はスーパーのチラシと睨めっこしている私ですが、ふるさと納税では美味しいお肉を遠慮なく選択しています。

順位 自治体 寄付金 内容
1位 鹿児島県 肝付町 10,000円 鹿児島県産黒毛和牛小間切り落とし 約1.5kg
2位 宮崎県 都農町 10,000円 豚スライスバラエティーセット(バラ・ロース・肩ロース)合計3kg
3位 佐賀県 上峰町 10,000円 黒毛和牛「切り落とし」1200g

ランキングは各サイト比較してみましたが、お肉カテゴリーは「ふるさとチョイス」が特に強い印象を受けました。

量が多いことを基準に探す場合は、「ふるさとチョイス」1択かな?

お米 人気トップ3

年間を通して人気が高い返礼品。

毎日の食卓に並ぶものなので、人気は量が多いものに偏る傾向があります(食費の節約で利用)

順位 自治体 寄付金 内容
1位 岡山県 吉備中央町 10,000円 吉備中央町産コシヒカリ(1万円につき精白米15kg)
2位 茨城県 境町 14,000円 【平成30年産】茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット
3位 千葉県 長生村 10,000円 長生産ふさこがね(白米16kg)令和元年産新米

15~20キロが人気を集めました。
楽天 ふるさと納税さとふると比較して、ふるさとチョイスの選択肢が多い。

寄付金が1万円で量を求める人は「ふるさとチョイス」が選択肢が多く有利です。

★数量限定が多いので注意!
3週間前にもあった品が、既に無くなっているケースもありました。
数量限定としている返礼品も多いので、気になる品は早めに確保した方が良いと思います。

「ふるさとチョイス」の公式サイトを見てみる

助け合い!ふるさと納税で復興をサポート


2011年の東日本大震災、2014年の西日本(広島)集中豪雨、2016年の熊本地震、2017年の九州北部豪雨、2018年の北海道胆振 東部地震,そして台風24号・25号・・

近年は大きな自然災害が各地で発生しています。

「何かできることは?」とボランティアとして参加した人、計画した人も多いと思います。

ただ、実際には、仕事や学業、自身の生活もあるので現場までいって手伝うというのは難しいですよね。私自身も気持ちはあっても行動に移す事ができていません。

そんな中にあって“ふるさと納税”を利用して復興をサポートしようという動きもあります。

実は、私がこの“ふるさとチョイス”を利用するきっかけがこれです。このサイトは全自治体が掲載されているので、被災地にふるさと納税をする時には有効です。

「ふるさとチョイス」災害支援

余談ですが、こういった時に「返礼品を貰うなんて・・」という議論もあったりするのですが、個人的には返礼品を貰う、辞退するはどっちでも良いと思います。

返礼品は地元の特産品・工芸品が中心ですから、地元の経済を動かしていくという中長期の視点では有効です。ベターかベストかという話であって、返礼品を貰ったからといって支援にならないわけでは無いと思います。

【ふるさと納税】この返礼品が凄かった!

四街道市の『農家キレド季節野菜の詰め合わせ』が超スゴイ!
スーパーではお目に掛かれないレアな野菜が山盛りで届きました。
(取扱いは「ふるさとチョイス」です)
詳細:ふるさと納税で≪キレド≫のおいしい野菜をゲット!

最後にちょっとお得な情報!


(出典:Tサイト[Tポイント/Tカード])

今回は「ふるさと納税の選択肢10倍?“ふるさとチョイス”の利用をすすめる理由」について紹介しました。ふるさと納税を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

最後に“ふるさと納税に関する裏ワザ”をひとつ紹介しておきます。

ふるさと納税は、現金で支払うのが基本ですが最近ではポイントが付くということでクレジットカードで支払う人も増えています。

しかし、支払方法はこれだけではありません。何と!Tポイントでも支払ができるんです。

(以下は、実際に私が支払ったら時のものです。)

Tポイントで支払って税金の控除を受けられる!しかも返礼品が貰えちゃうのですから凄いですね。

また、Tポイントでの支払いは全額である必要はありませんので、一部をTポイントで残りをクレジットカードという事も可能です。

自治体の返礼品も多様化していますが、寄付方法も現金・クレジットカード・ポイントと選択肢が増えてきています。

ふるさと納税に興味がある人は、情報が最も充実していると言われる「ふるさとチョイス」に注目してみてください。

「ふるさとチョイス」の公式サイトを見てみる

その他:ふるさと納税サイト

今回紹介したサイト以外にも、キャンペーンが凄い「さとふる」や電化製品や商品券等が多い「ふるなび」が人気です。

「さとふる」
ふるさと納税は「さとふる」 スピード配送と3つの魅力で利用者が急増!

「ふるなび」
ふるさと納税の「ふるなび」が凄い!革新的な返礼品でファン急増中

全てのサイトに共通していえる事ですが、人気の返礼品は早い段階で品切れをする傾向があります。

気になる返礼品がある場合は先に寄付を行い、年末で残りの枠を使い切るのが上手な利用方法だと思います。