J-REITで利回り確保! 不透明市場を攻略する新戦略とは?

銀行の金利は0%に近い水準で、預金で資産を増やすのは難しいのが現状。

「口座維持手数料が発生するようになるかも?」という憶測すら流れているくらいですから、マイナス金利が短期間で解消するとは思えません。

その代替として期待されている債券も、各国が政策金利を引き下げているので 利回りの確保が難しく なっています。

このような状況にあって投資家から注目されているのが、不動産から得られる賃料収入や売却益を収益源とするJ-REITです。

3~4%の高い配当利回りと国内株(TOPIX)を上回る好成績が魅力。
基準:2019年10月末から過去10年を比較

ただし、将来の経済や不動産市況が不透明なこともあり、買い付けタイミングが難しいのが悩みどころです。

そこで紹介したいのが、【J-REITの個別銘柄】を定期定額で購入して行く方法。

定期の金額買付(ドルコスト平均法)は投資信託では常識となっていますが、個別株では対応してない証券会社がほとんどです。

しかし、一部の証券会社に限っては「〇〇株を5000円分購入」といった金額買い付けや、定期定額で購入できる会社があります。

今回は私が実践しているJ-REITの個別銘柄の積立と資産運用の安全性を高める投資手法について紹介します。


耳より情報!投資のヒント

J-REITの利回りは、投信/ETFより個別銘柄が魅力!

J-REIT投資をするにあたって、東証 REIT全体に投資する方法(投資信託やETF)と個別銘柄(○○リート投資法人)を選択する方法があります。

利回りという視点で考えた場合は個別銘柄の方が魅力!

J-REIT全体に投資した時の配当利回りは時価総額加重平均で計算されるので単純平均と比べて利回りは0.5%程度低くなります。

簡単に言うと、大型のJ-REITが利回りを引き下げているという事ですね。

例えば2019年11月1日時点のJ-REITの分配金利回りは約3.4%ですが、利回り上位の20銘柄は4%を超えています

J-REIT分配金利回り上位5社(2019年11月1日)

順位 投資法人名 利回り
1位 3463:いちごホテルリート 5.70%
2位 3492:タカラレーベン不動産 5.34%
3位 2971:エスコンジャパンリート 5.27%
4位 3451:トーセイ・リート 5.08%
5位 8963:インヴィンシブル 5.07%

REITに関して分配金を期待しての購入であれば、個別銘柄から選択した方が面白いと思います。

私も以前はETFや投資信託で購入していたのですが、利回りに納得できない点があり売却してしまいました。

J-REITの個別銘柄は買付に10万円~80万円の資金がいる点がデメリットだったのですが、数千円から購入できる方法を発見してからは個別株に変更しています。

この方法には関して次の項目で説明します。

J-REITをドルコスト平均法で購入!キンカブは大注目サービス

キンカブはSMBC日興証券が実施する金額指定で個別株式やJ-REITが購入できるサービス。

「A銘柄を3000円だけ欲しい」「B銘柄を500円ぶん買いたい」といった感じで、株数ではなく金額指定で購入できるのが魅力。

東証1部、2部、マザーズ、ジャスダックに上場する約3700銘柄が対象になっています。
今回の記事で紹介するJ-REITや一部のETFも対象です。

このキンカブは、 SMBC日興証券のネット口座(ダイレクト口座)を持っていれば誰でも利用できます。

スポット投資の購入だけでなく、毎月一定額を買付けていく 積立方式も簡単に設定可能。 

お取引ページにいけば、キンカブ(スポット購入)とキンカブ定期定額売買(積立設定)があるので、そこから普通に注文するだけです。

※以下は「お取引ページ」のスクリーンショットを加工したものです。

現状の最低購入金額は500円以上(500円単位)ですが、2020年3月からは100円以上(100円単位)になるので更に便利になります。

もちろん配当金に関しても、持分数量に応じて比例按分されて取引口座に入金されます。

また、嬉しいのが手数料体系です。
スプレッド方式ですが、100万円以下の買付ならば※実質無料となっています。
※正確にはスプレッド0%です。

概算注文金額 スプレッド
買付 売却
100万円以下 0.0% 0.5%
100万円超 1.0% 1.0%

100万円を超える取引や売却の時には手数料が発生しますが、J-REITの定期定額買付(積立)ならば気にしなくていいですね。

1回に100万の積立をするケースは稀ですし、分配金を長期で貰うのが目的ですから売却の手数料は気にしなくていいと思います。

キンカブは、J-REITだけでなく値嵩株(100株100万以上)の購入でも少額で行えるのが便利。

ちなみに、私は株主優待で長期保有したい銘柄も、キンカブ定期定額売買で買付しています。

このサービスは本当にメリットが大きいので口座を持っている人は積極的に活用してみてください。

また、口座を持っていない人も口座開設は無料(維持費も無料)ですから、作っておいて損は無いと思います。

 SMBC日興証券の公式ページを見てみる

kaoru手法:J-REITと債券を合わせて保有することのメリット

J-REITの購入方法としてはキンカブ定期定額売買(積立)を利用すれば、タイミングは気にしなくて良くなります。

さらにもう一点、応用編として私の投資手法を紹介しておきます。

J-REITは不動産を投資対象としているので、 景気が良い時やインフレ時には上昇してく可能性が高いです。

これは逆に言えばデフレには弱いと言えます。
賃料収入の安定性はありますが、価格が下がる可能性は否定できません。

一方で債券は株式が強い好景気の時は弱いのですが、デフレなどの不景気になった時には買いが集まる傾向があります。

あくまでも理論上の話なのですが、J-REITと債券を合わせて持っておくとトータルで見た時に安定感が期待できます。

私自身は債券も多く保有しているので、 両方を長期で保有していく考えです。

安定収入の確保が精神的な余裕を生む!

今回は「J-REITで利回り確保! 不透明市場を攻略する新戦略とは?」ついて書きました。

参考になる点があれば資産運用のヒントにしてみてください。

尚、私は債券の金利、配当金(J-REITを含む)などを合わせると月10万円程度の収入があります。

最初は月に数千円程度だったのですが、コツコツと買い付けることで1万円・・3万円・・5万円と少しづつ増えていきました。

数千円程度の時は、それほど有難みを感じなかったのですが、3万円を超えたくらいから精神的に余裕が出てきましたね

収入に関する不安が消えない人は、今回のJ-REITや債券などは面白いと思います。

ただし、定期収入を早く増やしたいからといって資金をガツンと投資するような方法はリスクが高いので避けたほうが良いでしょう。

配当や金利収入が大きい人は、コツコツ方式の人の方がほとんどです。

それに、少しづつ増えていく定期収入を見ていると、顔がニヤニヤしちゃう感じで楽しいですよ(私だけかな?)。

記事で書いたSMBC日興証券のキンカブの積立は、私みたいなタイプにはぴったりですので興味がある人は活用してみてください。

SMBC日興証券の大逆襲!ネット証券を圧倒する5つの魅力とは?

 SMBC日興証券の公式ページを見てみる