株主優待の新常識! 買付タイミングを悩まない『キンカブ』に注目せよ

株式を保有しているだけで商品や買い物券がもらえることで人気なのが株主優待。

企業が積極的なこともあり3~5%の利回りが得られる優待も珍しくありません。
預金の金利が低いことを考えると優待を目的とした投資は魅力的です。

ただし、気になるのは株式を購入する時のタイミング!
割高水準で購入して大きく下落すれば、トータルでマイナスの可能性もあります。

そこで有効な手段として注目されているのが、毎月一定額を買いつける方法。

これは投資信託では積立(ドルコスト平均法)と呼ばれていますが、株式では100株単位の買付が基本なので難しいとされていました。

この常識を打ち破ったのが、 SMBC日興証券『のキンカブ』です。

驚くことに、個別株式を毎月500円から積立できます(金額指定)。

今回は優待株の安定獲得として注目されている“キンカブ定期定額「買付」” について書いていきます。


耳より情報!投資のヒント

株主優待の人気に比例して、クロス取引での獲得が難しくなってきた!

株価変動を気にせずに購入する方法としては「クロス取引」という手法があります。
値動きを気にせずに優待だけがもらえる方法として人気です。

関連株価の動きを気にせず、優待だけが貰える裏技《クロス取引》

例えば『すかいらーく(3197)』の会計で利用できる優待カードは、利回りも高いので大人気です(以下:2018年12月末現在)。

保有株数 内容 年間合計
100株以上 6月末:3,000円 12月末:3,000円 6,000円
300株以上 6月末:9,000円 12月末:11,000円 20,000円
500株以上 6月末:15,000円 12月末:18,000円 33,000円
1000株以上 6月末:33,000円 12月末:36,000円 69,000円

しかし残念ながら、このような人気優待に限っては競争率が激しく「クロス取引」での獲得が難しくなってきてています。

確実に優待を得たい人は、普通に株式を購入して長期保有するのが得策です。

もっとも昨今の株式市場は変動が大きいため、最良の購入タイミングはプロでも見つけることができません。

そこで利用したいのが、 SMBC日興証券の“キンカブ定期定額「買付」” !

『すかいらーく(3197)』の優待を例にして説明していきます。

キンカブ定期定額「買付」は、毎月500円から株式積立が可能

普通の株式購入は100株単位が基本となりますので、必要金額はその時にならないとわかりません。

しかし、 SMBC日興証券の“キンカブ定期定額「買付」”ならば、 毎月もしくは隔月で1銘柄につき500円以上500円単位で株式の買い付けができます。

例えば、『すかいらーく(3197)』を毎月3万円を買付ける場合は、以下のような感じになります。

キンカブ手数料(正確にはスプレッド)に関しては、100万円以下の買付に関しては無料(0%)となっています。

売却時には100万円以下だと0.5%、100万円超だと1%の手数料が発生しますが、株主優待は基本的に長期保有ですのでこの点は深く考えなくて良いでしょう。

概算注文金額 スプレッド(手数料)
買付 売却
100万円以下 0.0% 0.5%
100万円超え 1.0% 1.0%

重要なことは、この方法ならば株価が低い時には多くの株数を購入できますし、高い時は株数は少なくなるので平均取得単価が低く抑えられる可能性が高い点です。

株価を気にせずに購入できるという点では、株主優待としてはもちろんですが投資の初心者にもピッタリだと思います。

尚、キンカブは“500円以上、500円単位で指定した金額でスポット買付も可能”です。

★注意は改悪や廃止
時間分散で買付けることで平均購入単価は安定的になりますが、優待廃止内容改悪となるリスクもありますので注意してください。
(株主優待の内容変更によっては、株価急落の可能性あり)

耳より!私はちょっと変則?

毎月一定額を買い付けるのが積立の王道ですので、基本的にはその手法でOK!

私はちょっとだけアレンジを加えていますので、その手法を紹介しておきます。

一般的に、株主優待の権利確定月は株価が上昇する傾向があります。
『すかいらーく(3197)』の場合は6月末と12月末です。

“キンカブ定期定額「買付」” では毎月以外にも奇数月・偶数月のみという選択もあります。
そこで、奇数月のみを選択することで6月と12月の買い付けを除外しました。

また、優待は権利月の翌月は株価が下落する傾向があります。
そこで7月と1月に関しては積立額を増額するようにしました。

私が実践した『すかいらーく(3197)』の設定は以下です。

毎月の定期買付と比べて、こちらが平均取得単価が低くなることは保証できませんので、参考程度にとらえてください。

SMBC日興証券の公式ページを見てみる

キンカブの補足:配当と優待の受取は?

キンカブの配当と優待の受け取りについて補足しておきます。

配当については、 権利確定日における持分数量に応じて証券口座に入金になります。

株主優待をもらうには、当たり前の話ですが優待獲得の株数に達していることが条件となります。

また、キンカブに関しては通常の『保護預かり口座』とは別の『金株口座』で保管されていますので優待が欲しい場合は、『保護預かり口座』に移動させなくてはいけません。


図の参照:SMBC日興証券のホームページより

ただし、この口座移動に関して言うと保護預り口座へ自動で振替える「自動スイング」が 初期段階で設定されています。

配当・株主優待とも基本的には、自らが何か設定するような面倒なことはありません。

SMBC日興証券は、株主優待でダントツの好条件!?

今回は 「株主優待の新常識! 買付タイミングを悩まない『キンカブ』に注目せよ」ついて書きました。

この方法は優待銘柄に限らず、単価が高い株にも面白いと思うので参考にしてみてください。

尚、このサービスを実施するSMBC日興証券は、“株価変動を気にせずに優待を獲得する”「クロス取引」”でも業界トップクラスの好条件です。

株主優待では必須条件と言えるでしょう。

また、大手証券が中でもオンライントレード に対して積極的でネット専業証券以上の機能がたくさんあります。

関連SMBC日興証券の大逆襲!ネット証券を圧倒する4つの魅力とは?

私自身は数年前までネット証券をメインにしていたのですが、現在はSMBC日興証券のネット口座の預け残高が最大になっています。

口座を持っていて損することはない(得が多い?)と思いますので、興味がある人は公式ページを確認してみてください。

現在は夏の口座開設キャンペーンが実施されています。
お得な期間ですので、口座開設を検討している人は注目です。

★キャンペーン情報
期間中に新規口座開設されたお客様の国内現物株式の買付手数料を最大100,000円キャッシュバック。
期間:2019年6月3日(月)~8月30日(金)
※詳しくは公式ページを確認してください。

SMBC日興証券の公式ページを見てみる