ふるさと納税の新常識!ズボラな私が『定期便』を選択する理由

ふるさと納税は過度な返礼品競争が問題となり、2019年6月からは「寄付額の30%以下で地場産品」とルールが厳格化されました。

それまでは、還元率の上限が無かったので“お宝返礼品”を見つけることも可能でしたが、現在は「どんぐりの背比べ」状態。

時間をかけて必死に探したとしても、お得な品を見つけるのは難しいですね。

ただし、ふるさと納税は節税メリットは絶大(2,000円を超えた分に適用)。
※寄附金控除になる上限額は人それぞれで異なります。

さらに還元率が低くなっても地域の特産品が貰えるのは嬉しすぎる!
好条件が揃っているので、ふるさと納税を利用しないのは勿体ないですね。

今回はふるさと納税の返礼品で注目が高まっている『定期便』について紹介していきます。


耳より情報!投資のヒント

ふるさと納税の『定期便』はズボラ人間にピッタリ!

現在は上限が決められたので『お宝返礼品』を探すのは難しくなりました。

そこで、現在は“ズボラ的な簡単な方法”に注目されています。

ふるさと納税は節税メリットは大きいのですが、その為には確定申告が必要になります。

これが面倒でふるさと納税を実施してない人もいますね。

会社員の多くは“ワンストップ特例”を利用することで確定申告も不要ですので、こちらを利用した方が簡単です(翌年の住民税が安くなる)。

ただし、こちらも自治体ごとに申請する必要があるので、返礼品の数が多くなると申請するのも大変。

しかも、ワンストップ特例は5自治体までという制限があるので、種類が多い人は確定申告をしなくては控除が受けられません。

こういった煩わしい作業を少なくしたいズボラ人間(私です)から人気が高いのが『定期便』です。

『定期便』は一回の寄付で返礼品が複数回に分かれて届く

通常のふるさと納税では、一回の寄付で1つの返礼品が届きます。

それに対して「定期便」は数回に分けて発送されるタイプ
9月・10月・11月の合計3回など、だいたい1ヶ月おきの間隔で小分けにして送られてくる事が多いです。

具体例としては、鹿児島県指宿市の黒豚と黒毛和牛を3回に分けて発送する定期便などがそれに当てはまります。

返礼品の内容:寄付金額4万円
第1回 黒豚切り落とし2100g(525gx4P) + 黒豚生ハム1P(100g)
第2回 黒毛和牛A4ロースステーキ250g×2枚 + 牛肉ロース:250g×2+黒豚生ハム1P
第3回 黒豚切落とし525g + 黒豚とんかつ500g(100g×5枚) + 黒豚生ハム1P(100g)

このタイプの良い点は発送時期が分かれているので、冷蔵庫(冷凍庫)がいっぱいにならない点です。

また、鹿児島県指宿市のタイプだと各回で内容も違うので、いろいろなお肉が楽しめますね。(同じ商品で複数回発送のタイプもあります)

お肉の定期便は、これ以外もありますので興味がある人は確認してみてください。

【さとふる】お肉の定期便を確認する

お米も『定期便』に相性が良い!

私は「お米20キロ」の返礼品に申し込んだら、全部を食べるのに時間が掛かってしまい、虫が大量発生する大失態を経験

夏場は特に危険ですね。
やはり、お得だからというだけで大容量のものを選択するのはダメです。

しばらくお米を食べるのが嫌になってしまうくらいの強烈な体験でした。

味に関しても、適量を短期間で食べる方が満足度が高いような気がします。

お米の定期便の例としては新潟県魚沼市の魚沼産米のこしひかり6kg(2kg×3種)を3回に分けて発送などがあります。

返礼品の内容:寄付金額3万円
第1回 魚沼産米!こだわりの食べ比べセット6kg(2kg×3種類)
第2回 魚沼産米!こだわりの食べ比べセット6kg(2kg×3種類)
第3回 魚沼産米!こだわりの食べ比べセット6kg(2kg×3種類)

各回ごとの3種類の内容
1、魚沼産コシヒカリ(精米):2kg
2、魚沼産コシヒカリ特別栽培米(精米):2kg
3、魚沼産コシヒカリ雪室貯蔵米(精米):2kg

こちらは内容は同一ですが、3種類から構成されているので味比べができるのが嬉しいですね。

お米の定期便は他にもありますので、興味がある人は確認してみてください。

【さとふる】お米の定期便を確認する

定期便で作業時間の大幅節約!

私は定期便に対して小分け発送に最大魅力を感じていますが、時短メリットも大きいですね。

年々返礼品が増えてきて、探す作業も大変になってきました。
以前のように還元率に差があればヤル気も出ますが、今は同じくらいの水準。

それに、寄付控除の申請(ワンストップ特例)も、定期便ならば返礼品は複数回ですが一度の寄付として手続きするので手間がグッと減ります。

私のように探すのが手間と考える人は、定期便の方が向いていますね。

また、我が家(賃貸マンション)はスペースが少ないですし冷蔵庫も小さいので、定期便のように小分けで発送されるタイプは嬉しい。

尚、この定期便については、ふるさと納税「さとふる」で特集ページが組まれていますので興味がある人は覗いてみてください。

【さとふる】定期便特集

補足:「さとふる」ではキャンペーンを実施中

今回は「ふるさと納税の新常識!『定期便』がズボラな私にピッタリすぎる」について書きました。

ふるさと納税は2019年6月から返礼品に対して厳格なルールが適用されましたが、節税効果&お礼の品で超得制度であることには変わりありません。

尚、今回の記事で紹介した「さとふる」はキャンペーンが多いことでも人気です。
いつも何かしら行っているのでチェックしておくと良いでしょう。

ふるさと納税は「さとふる」 スピード配送と3つの魅力で利用者が急増!

現在の実施キャンペーン(さとふる 公式ページ)

記事では定期便をクローズアップしましたが、複数の返礼品をチェックして見比べたい人もいると思います。

そういった人は返礼品ランキングページから探すと時短になるのでオススメ。

「さとふる」は週間と月間のランキングが細かく更新されており、充実しているのが魅力です。興味がある人はランキングも確認してみてください。

【さとふる】返礼品の人気ランキング