配当は安心感を生む!収入源を増やす為に保有している4つの商品

株式投資の得られる利益には2種類あります。

一つは株式の醍醐味とも言えるキャピタルゲイン
『安く買って、高く売る』 という行為で得られる売買差益です。

もう一つが、 配当(分配金)や株主優待といったインカムゲイン
金額は小さいですが、保有しているだけで得られるのがメリットです。

資産を増やす早道という点では、株価上昇を狙うのが基本。
私が資産を築けたのも、 こちらを重視してきた結果です。

ただし、私の精神的な安心感に寄与しているのは配当・分配金、債券の利子といった インカムゲインです。

現在の配当・利子収入は毎月10万円以上(税引後)となっており、これが幸せの源泉になっている面もあります。

今回は配当収入について、私の考え方や運用商品について書いていきます。

インカムゲインが私を幸せに導いた!

近年は市場が好調なこともあって安定的に資産が増えています。
投資の利益が年間で1000万円を超えることも多くなってきました。

ただし、私にとってそれ以上に嬉しいのは「年間の配当収入が増やせている」 という事実。

机上の理屈で言えば、配当が10万円増えるよりも売却益で300万円を得た方が良いですね。
それでも、不思議と配当なのです。

もはや理屈ではなく、個人の価値観になります。
一時の大金よりも、小さくても長期的に入ってくる収益に安心を感じるのです。

やはり私は根っからの“安定思考”ですね。

配当に魅力を感じるのは普通のこと!

資産を増やそうと思えば キャピタルゲイン(売買差益)なのですが、安定志向の私にはどうしても気になる点があります。

それが、キャピタルロス(売買差損) です。
上昇した時の利益が大きい一方で資産が目減りする可能性は必ずあります。

それに対してインカムゲイン(配当や利子)はマイナスがありません。
配当の減額はありますが、資産から支払いを求められる事はありません。

また、中長期的な収入が予想できる点で将来計画を立てやすいのもメリット。

安定思考の私にとっては、今年だけの大きな利益よりも来年・再来年と利益が見通せることが大切です。

配当が増えれば、来年は今年よりも使えるお金が増えます。
インカムゲインで幸福度が増すのはこれが理由ですね。

【情報編】投資のヒント
投資情報について『何を調べたらいいのか分からない』という相談が増えています。
私が実践する【短時間・簡単】な方法は、以下の記事で紹介しています。
興味がある人は確認してみてください。

投資情報はどうやって集めるの?私が実践するのは週20分の簡単術

私がインカムゲインを目的に保有している商品

企業の配当が減っても支払いを求められることはありませんが、こういった銘柄の株価は下落するケースが多いので結果的に資産が目減りする可能性が大きいです。

そういう意味では、配当が高ければOKという簡単な話ではありません。

利益を上回るほどの配当を出している企業などは、投資対象としては疑問を感じます。

長期で安定的に配当が出せる企業を選択しなくてはいけません。

参考までに私がインカムゲインを目的に保有している商品を紹介しておきます。

債券(主に米国債)

インカムゲインの王道といえば債券です。
この商品の魅力は買付の時に利子と満期日が決定されている点です。

満期日には元本(あらかじめ決められている金額)が戻ってきますので、信用の高い債券ならば現地通貨ベースでマイナスになる可能性は限りなく小さいです。

ただし、現状は世界的に超低金利なので、当面は信用格付けが高くて利子が良い債券を見つけるのは難しいですね。

REIT(不動産投資信託 )

将来の安定収入として『アパート経営』を考えている人もいるかもしれませんが、実際には大きな資金が必要ですし管理も行わなくてはいけません。

少額からの不動産投資として注目なのがREITです。

この投資商品の魅力は、REIT銘柄が得た利益の大部分が投資家に分配される点。
個人的には来年も重要商品として位置付けています。

優先株(利回りが高い)

一般的な株と比べて優先的な地位を持っている株式です。
内容は様々ですが、多くの場合は議決権が無い代わりに配当を優遇するケースが目立ちます。

株式と債券のあいだにあるような位置づけなので、 株価が安定しているという点はありますが値上がり益は期待できません。

優先株は米国企業で多く発行されているので、海外ETF を使って投資をしています。

増配株(連続増配の企業)

私は長期で配当を受け取ることを期待しているので、現時点の利回りよりも配当を長期継続できる銘柄を選択しています。

原則として配当は利益から出されるものですから、連続増配企業というのは安定的に成長している企業が多いです。

個別銘柄ではジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、増配株式を集めたETF(VIG)を保有しています。

これからも配当等を重視した商品に投資をしていく

配当戦略として“配当を得たら再投資をする”という人が多いですね。
複利効果で資産成長を加速させるのが目的です。

私の場合は基本的に再投資は行いません。
もらった配当はそのまま生活費に充てています。

配当収益の増加は、使えるお金が増えるという事になります。
つまり、インカムゲインの増加が生活の向上と直結している状態。

私が資産運用をするのは日々の生活を豊かにすることが目的ですので、配当を重視する投資はピッタリですね。

将来の資産を増やす為の商品(キャピタルゲイン重視)と配当収入の商品をバランス良く考えて買付していきたいと思います。

これからは、従来よりも配当等が得られる商品を増やす方向で考えています。

今回は『配当は安心感を生む!収入源を増やす為に保有している4つの商品』について書きました。

記事の中で参考になる点があれば運用のヒントにしてみてください。

参加中です!

★にほんブログ村 に参加しています。
٩(ˊᗜˋ*)وえいえいおー!

資産運用~貯蓄まで「ためになる話」がいっぱいです。

にほんブログ村 米国株

にほんブログ村 家計管理・貯蓄

にほんブログ村 新規公開株

 

~よく読まれている記事~


特徴① 株取引最大200万円まで手数料無料
特徴② IPO申込時の事前入金は不要です!


~よく読まれている記事~
2022年 kaoruの運用・投資方針
配当は安心感を生む!収入源を増やす為に保有している4つの商品
米国株を買うタイミングは簡単!ど素人でも分かる仕掛けの勘所

フォローする