積立投資の頻度は毎日がおすすめ!値動きが気になる人は今すぐ行動せよ

資産運用のポイントといえば、長期・分散・積立です。

株式の値動きは長期的に見ていくと経済成長とリンクしていく傾向があります。
この点を考えれば短期よりも長期の方が勝率が高いのは当然のことです。

また、金融資産(株式・債券など)や 地域は時期によって主役が変わるので、全部を丸ごと購入して分散した方が安定性が高まります。

そして買付時期を分ける積立。最良のタイミングを完全に予測することはプロでも不可能ですから、一定リズムで買い続けるのが基本です。

今回は積立手法で利用者が急増中の“毎日積立”について書いていきます。

良い意味で無関心になれる方法ですので、日々の値動きが気になる人は注目です。


耳より情報!投資のヒント

積立投資は毎日・毎週・毎月のどれがいい?

積立投資は月1回というのが一般的ですが、最近は毎日や毎週といった設定できる会社が出てきました。

SBI証券松井証券などは、ワンタッチでこれらの設定ができますので注目。

気になるのは毎日・毎週・毎月でどれが最も好成績が期待できるかということだと思います。

この点については、いくつかのパターンで検証してみたのですが、結論を言うと“ほぼ同じ”という期待ハズレな結果でした。

極論を言えば、1年に1回の買付けでも20年~30年の長期であれば大きな差になりません。

積立間隔で若干の違いはありますが、リターンの差は無いと考えていいでしょう。

成績は同じでも心理的ストレスは全く違う

成績という点では毎日・毎週・毎月のどれを選択しても似たようなものですから、基本的には何を選択してもOKです。

ただし、私はこの3種類をすべて経験しているのですが、心理的なストレスは大きな差を感じました。

毎日と毎週に関してはホッタラカシな気分なのですが、月に一回の場合は市場に影響を与えそうな大きなニュースがあると気になりますね。

「私の積立日は、いつも割高だ・・」
「先週だったら、もっと安かったのに・・」

最後には「自分が割安だと思った時に積立をした方がいいかも?」というメチャクチャな考えすら湧き上がってきます。

その点で言うと毎日積立は気楽なもの!

全営業日で買付できるのですから「あの時に買えてればなぁ・・」といった悔しい気持ちになることもありません。

ちなみに私は投資信託に関して言うと価格をチェックしていません。

ブログを書いているので一年に一度は確認するようにしていますが、これがなければ3~4年は見ないと思います。

もちろん、積立の開始直後からこのような状況にだったわけではありません。

最初は確認したのですが、時間が経過するにしたがってチェックするのが面倒になり、いい意味でホッタラカシになりました。

そして、この心境になるまでの時間がもっとも短かったのが毎日積立です。
月一回の積立は1年くらいソワソワしていましたが、毎日設定は3ヶ月程度で放置状態へ!

相場変動が気になったり、ニュースに一喜一憂する傾向がある人は、毎日積立を取り入れるとストレスが大幅に減少することが期待できます。

関連積立投資はこの証券会社が凄い!~究極のドルコスト平均法~

補足:購入タイミングを自分で決めるのはNG!

私は毎月の購入タイミングを自分自身で決める方法は、 失敗する可能性が高いので避けたほうがいいと思います。

その理由は、この方法で一番の問題は「今月は割高だから積立はやめよう」という行動になりがちだからです。

これを繰り返してしまうと、 仮に予想が当たってリターン率が高くなったとしても、積立総額が小さいので利益額も小さいという結果になります。

しかもリターン率が高いと、このミスに気がつきにくいから厄介・・

資産運用で重要なのは“リターン率”ではなく“増えた金額”という点は忘れないでください。

ちなみに私は過去に何度も積立を増額していますが、ほとんどが当時の最高値水準で実行しています。

増額のタイミングについては、市場の状況ではなく自分自身の資金の余裕に合わせて行うのが私の方法。

世界経済は右肩上がりなのですから、積立を継続していけば自然と資産は膨らんでいくというのが私の考えです。

関連投資の短期予想は聞くだけムダ!運用の基本が「分散で10年」の理由

積立投資は継続しなくては結果は出ません

長期の積立投資で重要なことはたくさんあります。
よく耳にするのは「コストが安いインデックスファンドを選ぼう」といったものです。

ただし、その大前提として“続けること”があります。

最安のコストであろうが、1万種類の株式に分散してようが、数年でやめてしまえば分散効果があるだけに儲けが出ない非効率投資になります。

ある意味では商品選定で多少のミスがあっても、長期で継続したほうが最終的に大きなリターンが期待できます。

その手段として毎日積立というのは有力な選択肢!

この手法は以前は設定に大変苦労したのですが、現在はワンタッチで設定できる証券会社があります。

もちろん、毎日の設定に変えたからといって追加料金が発生するわけではありませんので前向きに検討してみてください。

積立投資で最重要となるのが“長期の継続”!
この環境を整えることが、 成功への近道だと思います。

今回は「積立投資の頻度は毎日がおすすめ!値動きが気になる人は今すぐ行動せよ」ついて書きました。

毎日積立に関しては、ネット証券最大手のSBI証券がワンタッチ設定に対応しています。
口座を持ってる人は積極的に活用してみてください。

投資信託でSBI証券が選ばれる理由!人気の秘密は5つの最高レベル

SBI証券の公式ページを見てみる