うそ!?「iDeCo」よりも「つみたてNISA」を重視した方が良いパターンもある

2018年は「つみたてNISA」と「NISA」の好きな方が選択可能となっています。
ちなみに、私は「つみたてNISA」にしました。

「つみたてNISA」と「NISA」どっちを選ぶ?私は1秒で決めました

積立投資は期間が長いほど勝率が高まる傾向にあるので、初心者やホッタラカシ投資をしたい人は「つみたてNISA」に向いています。

一般的には最優先を「iDeCo」で次に「つみたてNISA」という順番で紹介するケースが多いです!

しかし、その人の資産や生活状況によっては「つみたてNISA」を優先させた方が良いケースすもあるので、決めつけてしまうのも問題です。


私が「つみたてNISA」を選択した理由
「つみたてNISA」と「NISA」どっちを選ぶ?私は1秒で決めました

iDeCoよりも使い勝手が良い

さて、「つみたてNISA」に関しては「iDeCo」とも比較されるのですが、どっちが良いというのは難しいところがあります。

所得控除のメリットを考えると「iDeCo」を優先すべきですが、あくまでも一般論であって、正解とは限りません!

特に専業主婦の場合は、所得控除のメリットが無いので「iDeCo」の恩恵は小さのが実情。

また「iDeCo」は60歳まで資金が拘束されるデメリットがある点は忘れてはいけません。

どんなに資産が増えても、いざという時には全く役に立ちませんので、無理に捻出するのは厳禁。

「iDeCo」は、超・超・超の付く余裕資金で運用するのが基本です。

さて、それに対して「つみたてNISA」は融通が利きます。
損得を気にしなければ途中売却で現金化が可能。これは大きなメリットです。

人生の中には予想外の事態といのは1回、2回はあるものです。

“自分に限って・・”という発想は捨てた方が良いと思います。

どんなに日々を丁寧に過ごしても、勤め先の倒産や交通事故など自分では想像が出来ない事が起こる可能性は0%ではありません。

理想と現実は違う!

一般的には、先ずは「iDeCo」に最大限の資金を回して、残ったら「つみたてNISA」という順番となりますが、これはあくまでも机上の話です。

こういった教科書通りの事ができる人は、実際には多くありません。

最初は「iDeCo」と「つみたてNISA」を半々にして、家計の状況を確認しながら徐々に「iDeCo」の比率を高めていく方法でも良いと思います。

「iDeCo」は年金であって、預金ではありません。

預金であれば途中解約も可能ですが、それが出来ない点はシッカリ頭に入れておく必要があります。(無理に限度額まで捻出しなくてOK)

この事を理解した上であれば、これ程すぐれた商品は無いと思います。

マネックス証券のiDeCoが凄すぎ!他の金融機関を圧倒したその内容とは?

私が「つみたてNISA」で選んだ証券会社と投資商品

投資商品については「iFree S&P500インデックス」を選択。
少し前の記事で魅力を書いていますので興味がある人は覗いてみてください。

iFree S&P500インデックス 最強系と呼ばれる3つの理由

証券会社は楽天証券を選びました。

この証券会社は投信の保有額に応じてポイントが貯まり事に加えて、そのポイントを使って投信が購入きるサービスがあります。

これは本当に魅力的ですので、楽天証券の口座を保有している人は、積極的に活用する事をオススメします。

このサービス開始から、私はメイン支払いを楽天カードに変更。

【関連】アンチ楽天の私が、楽天カードの虜になった理由!ポイントが魅力すぎる

今ではポイントによる投資信託の購入が恒例となっています。やはり、身銭を切らなくて良い投資というのは気分的に非常に楽です。

【楽天証券 私が選んだ理由】
●つみたてNISAは100円から毎日積立
●楽天スーパーポイントによる投信購入が可能
●楽天銀行との連携で普通預金の金利が大手の100倍
●ネット証券では貴重な「格付けA」で安心

↓公式サイトはコチラ↓

ランキングに参加中!(っ′∀`)っ【ヨロシクお願いします】
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 


今だけ!口座開設で現金が貰えるキャンペーンを実施中
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク