積立投資は楽天証券で決まり!カード払いで10万円も得する理由とは?

積立投資では一般的に販売手数料が無料(ノーロード投信)の商品を選択するのが良いとされてきました。

しかし・・今後は「手数料無料だけなの?」といった感じに変わっていくかもしれません?

その理由は、楽天証券が投信積立で“楽天カードでの支払いOK”を発表したからです。※2018年10月27日から開始。

楽天カードは原則として100円ごとに1ポイント(1円相当)ですので、月1万円の積立をしている人ならば、年間で1200円分が貯まることになります。

ちょっと乱暴に言うと「ノーロード投信を選択すれば、事実上の手数料マイナス」という信じられない話です。

今回は「積立投資の楽天カード決済」について詳しく説明していきます。


kaoru実践中!かた~い安定系の運用

積立投資は楽天カード払いが最有力候補!

楽天カード払いで1%還元(ポイント付与)されるサービスは、投資信託の積立が対象です。

また、iDeCoやジュニアNISAの口座は利用不可といったルールもあるので、その点は勘違いしないようにしてください。

●楽天カード払いの概要

証券会社 楽天証券・限定サービス
対象口座 特定口座一般口座NISA/つみたてNISA
対象商品 投資信託の積立
投信本数 約2500本(積立対応の投信)
サービス開始 2018年10月27日
還元率 1%還元(100円で1P)
毎月の限度額 5万円まで
ポイント投資 ポイントは翌月積立に自動充当が可能
カード締め日 月末
請求日 翌月27日

非課税口座である「NISA」や「つみたてNISA」が対象となっている点は注目ですね。今から「つみたてNISA」等を開始する人にとっては最有力かな?

また、投信積立に対応する商品は約2500本と業界最大級な点も魅力です。

当たり前の話ですが、他の証券会社では楽天カード払いを受付けていませんので、楽天証券の口座を保有している人だけが恩恵を受けことができます。

楽天証券の口座開設はコチラ(公式ページへ移動)

1%って凄すぎる!長期投資家は必ず確認せよ

さて、ここから特に注目しておきたいメリットについて紹介します。

楽天カード決済で1%還元(100円につき1円相当のポイント)と無料カードの中では屈指の高還元率カードです。

ただし、「たった1%でしょう?」と感じる人もいると思います。

しかし、これも長期で継続すると凄く大きな金額になるんです。

以下は毎月の積立金額ごとに、10年・20年・30年と1%還元の効果をまとめたものです(1ポイントを1円として考えます)。

毎月の積立額 10年 20年 30年
1万円 12,000円 24,000円 36,000円
3万円 36,000円 72,000円 108,000円
5万円 60,000円 120,000円 180,000円

積立投資と同じで、1%のポイント還元がコツコツと積みあがると凄いですね。

20年以上だと、10万円以上も得することもありますので、長期投資を考えている人にとっては大注目です。

また、このサービスは買付の決済について付与されるポイントなので、途中で投資信託を変更しても関係ありません。

長期投資の最有力証券?
長期の積立投資を考えている人にとっては、買付時の1%還元は注目すべきサービスだと思います。カード払いは有力な選択肢ですね。

注意:楽天カード決済の1%還元サービスが20年後、30年後も継続しているかは確証はありませんので、表については継続を前提とした話になります。

楽天カードの公式ページを確認する

超~楽ちん!ポイントが自動で積立投資に充当できちゃう

楽天証券は貯まった楽天スーパーポイントで投資信託を買付できるサービスが好評です。

関連:楽天ポイントで投資信託の購入ってどうなの?ガチの本音を語ってみた

ただし開始当初は通常買付(スポット購入)でしか利用することができない点がちょっとネックとなっていました。

しかし、2018年9月30日から投資信託の積立注文にもポイントが利用可能となっています。

つまり、楽天カードの決済で付与されたポイントをそのまま再投資できるのです。

これは手間いらずで非常に嬉しいサービスですね。

投信が順調に推移すれば、複利の効果が期待できるので、ポイントの1%は更に大きく膨らむ可能性があります。

勿論、運用が失敗すれば意味がありませんので、商品選定は重要です。

私は今回の楽天カード決済は「つみたてNISA口座(eMAXIS Slim 米国株式)」と「特定口座」で5万円の限度額まで使いきる予定です。

知らなきゃ損!eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を最優先で検討すべき理由

ちなみに、貯まった楽天スーパーポイントについては、楽天市場などのグループでしか利用できないと思っている人がいますが、現在は外部連携が増えています。

楽天ポイントの利用店は拡大中
例えば、マクドナルドやミスタードーナツ、くら寿司などでもポイントでの支払いが可能。資産運用で頑張ったご褒美として外食利用なども良いと思います。


楽天カードの公式ページを確認する

楽天証券は長期投資にピッタリ!

今回は「積立投資は楽天証券で決まり!カード払いで10万円も得する理由とは?」について書きました。

参考になる点があれば投資をするときのヒントにしてみてください。

ちなみに、投資信託はSBI証券が取扱数が多いイメージですが、2018年7月末時点では楽天証券が上回っていました(ほぼ同水準)。

また、楽天証券は手数料が無料で購入できるETFも扱っているので、スポット投資についても優位性があります。

iシェアーズETFの売買手数料が0円!楽天証券の進化がマジで凄い

さらに、最強の情報ツールと呼ばれるマーケットスピードの進化版、『マーケットスピード II 』がリリース予定。

書きだすとキリが無いのですが、競合他社が青ざめるようなサービスを連発していますね。

私は「ポイントで投信が買えるサービス」をキッカケに楽天証券の取引を開始したのですが、今では事実上のメイン証券になっています。

今から投資を開始する人は勿論ですが、現在は別の金融機関で取引をしている人にとっても注目の証券会社だと思います。

楽天証券「特徴まるわかり」 手数料から口コミ・評判等を徹底解説!

楽天証券の公式ページを見てみる